FC2ブログ

タイトル思いつかず。

「リタウォテク(リータワーテクノロジーズ)」チェ・ユシンのカムバック・・・コスダック迂回上場を狙うか
2020.01.03
イーエスエイにスペックマンの系列会社の株式28%の売却

スペックマン、国内企業系の影響増大
映画会社家・シンプレックスなど従え
ソン・イェジン・ソ・ジソプ企画会社も保有

20年前の「リタウォテク事態」でコスダック市場を揺るがしたチェ・ユシン(米国人チャールズスペックマン)スペックマングループ会長が、国内メディア・エンターテインメント業界で静かに影響力を広げている。昨年公開された映画「最も普通の恋愛」製作会社、俳優ソン・イェジンとソ・ジソプの所属事務所などがすべてスペックマングループ傘下である。最近では、コスダック上場企業
イーエスエイ(1,650+8.55%) (ESA)の系列会社の株式を一部売却することにし、迂回上場議論が広がっている。

news

エンター業界の歩幅広げ「派手なカムバック」

3日、金融監督院とシンガポール取引所、カナダのトロント証券取引所(TSX)などによるとスペックマングループは、ペーパーカンパニーを含めて、現在27の系列会社を抱えている。カナダのTSXベンチャー取引所に上場されているスペックマンエクイティ(=出資)グループと中間持株会社にあたるスペックマンエンターテイメントグループ(シンガポール取引所上場)の下で映画製作・投資会社、芸能事務所、芸能人マーケティング会社などを擁する形だ。

「最も普通の恋愛」「国家不渡りの日」「黒い司祭」などを制作した映画会社家、「広大に:風評操作団」を製作した映画会社シンプレックス、ドラマ「私の後ろにテリウス」を共同制作したグランライトコンテンツ、映画投資会社ノバスメディアコープなどがスペックマングループの系列会社である。

記事元=韓国経済

今さらな気がする「わたテリ」のプロモーションと銘打つイベントもオトナの事情が有るのかもという気がしてきますね。
たまたまかも知れないけど、系列会社が作ったとタイトルが挙がっている映画の一本にカン・ギヨンさんも出演していらっしゃる・・・

難しい話は分かりませんが、スペックマンの傘下に51kがあり、スペックマンの系列会社で作品を制作している。
更に難しい部分のお話でわかりませんが、純粋にやりたい役、作品選びってできる環境なんでしょうか。

これまでも今日も記事をお借りしておいてなんですが、超現実的なお金の話は本来俳優に付きまとってほしくないし、聞かなくてもいい知らなくてもいい話だと思います。演技だけ見つめようとしている削ぎ落としクリーンキャンペーン中の身でありながら、やっぱり訳して読んでしまいます。

ある意味過敏かもしれない厳しい目も正直ジソブさんに向く代わりに「だからか・・・」と今さらながら、少しでもいい方に解釈しようとするうえこともいるんです。

事務所の経営が順風満帆過ぎてさらに波に乗るためにしていることなのかどうかは、株と無縁なうえことにははっきりわかりかねるけど、最初に一人事務所を立ち上げて独立した時の目標過程に誰かの傘下に入ることは意図していなかったのではないかと察するならば、あれこれ考え事の日の中で増えたタトゥーがあったかもしれないし、「軍艦島」出演もオファー受ける受けないの選択権は無かったのかも知れないし(台本読まずに出演を決めた発言も疑念無しとなる)、演技王か?不動産王か?というビルお買い上げも、Instagram投稿も・・・上の会社の方針かもしれない、と。

単にうえことの思い通りではないというだけでやや曇り、歪みもでてきていたかもしれないメガネをある日違うはっきり見えるメガネに掛けかえて見えた世界がそれならば、ファン生活も迷いなく「楽になるのに」と思います。

きっと深い事情があった、いや、生き馬の目を抜くような厳しい世界にいるんだから事情の無い時はないでしょうけど、もっともっと深い事情があった・・・そう思いたい今の心理もうえことの真であり信であり心でございます。

ジソブさんが演技に集中できる1年になるといいなと願います。


(過去エントリー、スックマンと書いているものもあり、表記に混在があってすみません)

新年の挨拶 51kInstagram

51k Instagramが更新されていました。



ヘアがウェーブしてます。役の雰囲気がこんな感じなのかなー^^
最後のお手振りが「よんじゅうにちゃい」とは思えない可愛いさ。

テギョンさんと。

あけましておめでとうございます。

オク・テギョンXソ・ジソプ、モデル顔負けのフォース。恵みのツーショット【★SHOT!】
2019-12-31
[OSEN=パク・パンソク記者]俳優オク・テギョンとソ・ジソプが心温たまるスーツ姿を公開した。

オク・テギョンとソ・ジソプの所属事務所は31日、公式SNSに二人が一緒に撮った写真と一緒に「一緒で幸せだった夜。
#優雅ツーショットジソプ&テギョン」という書き込みを残した。

写真の中の二人は黒のスーツを着て、カメラに向かって堂々とポーズを取った。180cmを優に越える二人の高身長のかっこよさが人々を圧倒した。

オク・テギョンは蝶ネクタイでダンディーさと可愛さを見せた。ソ・ジソプは黒のネクタイとカールが入った頭で高級感を誇った。

オク・テギョンはイ・ヨニとこの30日に開かれた「2019 MBC演技大賞」でプレゼンターで出演。ソ・ジソプも昨年大賞受賞者に授賞のために参加した./pps2014@osen.co.kr

news
記事元=osen

2020年最初の投稿が、イケメンズで何とも幸先が良い気がします、うふっ。
テギョン君もMBC演技大賞に出演したんですねー。

ジソブさん、ズボン丈、ギリ合格。

今年もお世話になりました。

2019年もあとわずかになりました。

大掃除、到底済みませんでした。
今年初めておせちらしきものを作りませんでした。注文した訳でもないよ(笑)
「お雑煮」だけ作ってというので、それは作ろうかなと思っています。

母のところに行ったら、今日もニコニコして「かわいいね」「ここの中で一番じょうず」って言ってくれました。
じょうず=愛してるよということだと思ってます、ふふふ。
爪を切って、耳掃除をしました(^ー^)

福岡のお雑煮はアゴ(トビウオ)出汁で、ブリも入れて、カツオ菜という葉物を使いお餅は丸餅らしいです。
今年は、お正月の買い物が早め早めにゆっくりできなくて、ギリギリになるとまぁお高い物は髙いのね~。売り切れてたり、売りきれてなくても節約しようと変更したりしました。
アゴはいりこ、ブリはいつも通り入れずに(うえことが心底は魚好きではない)、カツオ菜は売りきれてて小松菜にしました。
なにも考えずに毎年角餅にしています。
母が入れて作っていたので鶏のもも肉も入れてます。
香り付けの柚子も目に入らなかったなぁ・・・


今年もブログを読んでいただいて本当にありがとうございました。有り難さをうまく伝えることができませんが、喜びも衝撃も分かち合えたおかげで、乗り越えられたことも少なくなかったです。
ここに訪れて下さる皆さまの2020年が良いものでありますようにお祈りいたします。
フッとした時に思い出して頂けるブログであるといいなぁと思っています。
来年もよろしくお願いいたします。

uekoto

2019 MBC演技大賞 授け役

ジソブさん、ドラマに出演した年の年末は局の大賞番組で何がしか受賞しているけど、うえこととしましては翌年プレゼンターとかで出演した記憶がなくてですね、半信半疑でした。
以前のように有り難いリアルタイム視聴させてもらえるサイトも探し切れず、昨年無料会員登録したMBCサイトにはID忘れてログインできず(>ε<)再度登録しようとしたけど登録画面で資格が無いと出てしまって 放り投げて 先延ばしにしていました。

昨年ジソブさんが大賞を受賞した今年のMBC演技大賞ですけど、てっきり大晦日31日の放送だと思っていました。
昨日30日だったんですね。
放送すみました、とさ^^;

ソ・ジソブ、1年ぶりに訪れた「2019 MBC演技大賞」・・・キム・ドンウク大賞
2019.12.31
news
写真= MBCキャプチャー
(社長と副社長?)
(M-1 予選敗退コンビ?生まじめか)


[仁川日報=チョン・ユジン]俳優ソ・ジソプが「2019 MBC演技大賞」大賞授賞者として登場した。

30日午後、ソウル麻浦区上岩MBCではキム・ソンジュ、ハン・ヘジンの進行で「2019 MBC演技大賞」が行われた。

ソ・ジソプはチェ・スンホ社長と一緒に授賞に出た。昨年大賞受賞者の資格で参加したもの。

今年大賞受賞者は、「特別労働監督官 チョ・ジャンプン」のキム・ドンウクが受賞した。

news
写真= MBCキャプチャー画面

先立って最優秀賞を受賞した彼の2連覇が確定した瞬間である。2007年のデビュー作「コーヒープリンス」以来、12年ぶりに年末授賞式に招待されたと明らかにした彼は、この日大賞まで獲得して喜びを加えた。

キム・ドンウクは、「夢のような瞬間です。最優秀賞候補に上がった多くの先輩たちに比べて主人公として私の視聴者にささげた重量感が少なかったということを知っている。私の最後の作品だと思って臨んだ。とても大きな賞をいただき、身の置き所がない.。これからも怠らないよう努力していきたい」と伝えた。

記事元=仁川日報

もっと大きく映るジソブさんをソゲルさんからお借りしました、ありがとうございます。
MBC演技大賞2019
入れ歯忘れてきたおじいちゃんじゃありませんぜ。

ソゲルさんも最近は昔と投稿数が変わって来ていて、MBCに出たジソブさんの投稿もこの方だけで・・・
この方「ねぇ、一年前の今日を思いながらジソブさんの出るのを待って観た子(実際は仲間にいうべきでない良くない表現)いるの?観なかった子たちひどいんじゃない?いくら餌が無いオフシーズンだからって。考えることはしていただろうと信じるよ。」とコメントされていました。


考えることはしていたと信じてください・・・


ジソブさん、おひさしぶりんちょ♡
紺の三つ揃え。腕張ってますなぁ。ちょっと恰幅よくなったかな、役作りかな^^

大賞受賞のキム・ドンウクさん、そうそう「コーヒープリンス1号店」のイケメン店員さんのひとりでした。
ウンチャンのことが(ん?うんちゃん?←過敏)が好きで優しくしてあげるハリム役。
時代物で王様も演じました、観てみたいと思いながらそのままです。宮廷の人間模様が面白そうな、そしてちょっと色っぽい、ふふふ。
(。-_-。)

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR