FC2ブログ

観た映画の話

ジソブさんに関係ない話。

一週間前になりますが、立て続けに映画を三本観ました(^ー^)
観た順番に

マリアンヌ(2016年)
eiga
主演がブラッド・ピット(ブラピの作品観るのは初めてかもしれない)で、『フォレスト・ガンプ』の監督とタッグを組んだと話題に(なったらしい)。
第二次世界大戦戦時下、イギリスのスパイ、マックス(ブラピ)とフランスの女スパイ、マリアンヌが、ドイツの大使を殺すという任務を受けてモロッコ(フランス領)で出会う。夫婦に偽装し周到に準備して、生死を掛けた作戦を見事に成功させる。その間に愛し合うようになっていたふたりは、ロンドンに行き結婚、娘も生まれ幸せな生活を送っていた一年後、上司から呼び出されたブラピは妻マリアンヌは二重スパイ(ドイツのスパイ)だと知らされて、殺すように命じられる。もし背けばふたりとも命はない。
そんなはずはない・・・ブラピの葛藤が始まる。妻に直接聞くわけにもいかず、上司から行動してはいけないと止められていたにもかかわらず自分で調べ始めるが。


万引き家族(2018年)
eiga
カンヌ映画祭最高賞受賞で話題になったので、血の繋がらない「家族」が万引きをしながら一緒に暮らしていることだけはわかって見始めた。が・・・
世間的にはひとり暮らしの「おばあちゃん(樹木希林)」の家でおばあちゃんと一緒に住む“息子(リリー・フランキー)とその嫁(安藤サクラ)”、“孫(男の子)”、“嫁の妹”。5人のうち、実際に万引きをしているのは息子と孫だけ。おばあちゃんの年金、定職を持つ息子夫婦のお給料で細々と生計を立てていて、贅沢部分(お菓子や釣竿)を盗っている。
ある夜、その息子と孫がお腹を空かせた見知らぬ小さな女の子“ゆり”を連れて帰って来た。翌日親元に返すつもりが、ネグレクト家庭だったため返すことを止めてゆりも6番目の家族になる。それなりに家族仲良く生活するが、やがてその家族もバラバラになる日ががやってくる。


ギフテッド(2017年)
eiga
ギフテッドとは、先天的高知能児みたいな意味だと初めて知りました。(タイトル見てプレゼントにまつわる話かと思ってた(笑)んですが、神からの贈り物みたいな意味合いなんでしょうか・・・)
先天的に数学に対して極めて高い能力を持っている7歳の少女メアリーは、亡き母(優れた数学者だったが自ら命を落としている。)の弟である叔父のフランクと猫と暮らしている。メアリーを子供らしく普通に育てたいがために教職(ボストン大学の哲学準教授)を捨てて片田舎に越してきたフランク。彼らの前に、うわさを聞きつけたこれまで疎遠だったフランクの母エブリンが現れる。
姉に窮屈に数学ばかりさせてきた母に反感を持つフランクと孫に再び娘の時のように英才教育をさせたいエブリン。
どちらがメアリーを引き取るかエブリンは裁判にまでかけて争う。和解策はお双方の妥協案で、となるが。

この3作は、 iTunesで100円だったり、アマゾンPrimeで無料だったりで深く考えて観たわけでもなんでもないし、設定も内容も全然違うのだけど、考えさせられることは愛情の形とか、家族の結びつきだったり、共通の部分がたくさんありました。



ブラピは言わずもがな、やっぱりかっこいいんですね^^(今さら)。白いスーツも良く映えるスタイルに鼻に掛かったようないい声。スパイとしての冷徹で優秀な部分と純粋にひとりの女性を愛する人間味のバランスが違和感なくて魅力的な一人の男性を作りげていたと思いました。マリアンヌ役の女優さんも佇まいが綺麗で絵に描いたようなスパイカップル。
そうそう、「わたテリ」はもしかしたらこの作品をオマージュしている部分もあるのかな、と思いながら観たところがいくつかありました。(マリアンヌ)

樹木希林さんはもちろん、NHKの「まんぷく」で1、2度チラッと見ただけで(※1)今回ほぼ「初めて女優さん」だった安藤サクラさんも魅力のある女優さんだなと思いました。
ストーリーには、根本的なところから「そもそもなぜ?」という部分はあって、社会の厳しい弱者への現実も描かれているところも思うと、この家族形態を欲している人も世の中にはいると思えて、ある意味“夢”、“希望”を描いた映画かもしれないと思いました。
作品が何が言いたいのかははっきり理解できなかったけど^^;先に書いたように家族の一部しか万引きしていないし、盗んだとするものは単に物品のことではないのかもしれないと思いました。(万引き家族)

ちょっと小生意気でキュートで健気な天才数学少女メアリーを演じた女の子が超好演だったと思います。叔父のフランクも無骨でかっこよかった♡
メアリーのおばあちゃんエブリンは数学者に育てあげた娘(亡くなったメアリーの母)への教育法に絶対の自信を持っていて、感謝もされていたと信じているんですが、物語の終盤で、メアリーの母が生前に弟フランクに託していたあるものを見せられて、娘の思いを知ることになります。この展開は見事だったと思います。
孫のメアリーの望みや幸せよりも自分の名誉欲やエゴが勝っているように映るエブリンだけど、一目散さが哀れで切ないというか。まぁ、メアリーはもちろん、フランクだって、みんなが亡き母、亡き姉を背負って切ないんです。(ギフテッド)

(※1)
とんとNHK朝ドラは観ることが無くなっていたけど、トモトモにときめき始めた時に朝ドラでブレイクと知り観てみたら、既にもう次の「まんぷく」が放送中だったという(別に書かなければ書かないで済むエピソード)
トモトモの出ている「半分、青い」だと疑わず、癒し系トモトモいつ出るのとしばらく観たわ、安藤サクラさん演じる女性の前髪で何だか時代が違ってそう?と思いながら(って、どうでもいいエピソードの上塗り)

三作品ポスターにあるキャッチコピーが言いえて妙であることに今、気が付きました。
「マリアンヌ」何度涙を流せば、愛する妻を守れるのか(ほんのちょっとだけオーバーかも(ー_ー)!!byう)
「万引き家族」盗んだのは、絆でした。
「ギフテッド」いちばん大切なのは、〈愛する〉才能。


皆さま、よいお休みをお過ごしですか。
うえこと、カレンダー通りなので明日からお仕事です。うぇーん(T ^ T)

過去のウンちゃん掲載雑誌記事&動画と写真

ウンちゃんの記事、動画です。
見るのが辛い方は通り過ぎてくださいね。

雑誌はbnt。取材は(たぶん)2015年。(根拠:後半の動画)
ウンちゃんの写真もだけど、お人柄を垣間見ることが出来る文字の面でもこういう記事を待っていました。

ちょっとしたうえこと感想は後半に。


ソ・ジソプ♥チョ·ウンジョンアナウンサー、過去の写真集の中の「ガールグループに劣らない美貌」注目
2019.08.06

【カン・ソヒョン記者]ソ・ジソプと熱愛中のチョ·ウンジョンアナウンサーが過去のグラビアで目新しい魅力を披露し注目を集めた。

過去bntと行ったグラビアでチョ·ウンジョンアナウンサーはガールグループに劣らないスキニーなボディーラインと猫のような魅力的なフェイスを誇った。

このグラビアは、スタイルナンダ、ロックリバイバル、ジュジュム、ルックオプティカルなどで構成された四種類のコンセプトで行われた。特に清楚ながらも女性らしさを極大化したコンセプトはもちろん、クールな都会的女性の姿をそのまま再現したキャリアウーマンルックと年齢にふさわしいフレッシュながらもラブリーなガールフレンドルックそして韓国舞踊専攻をうまく生かした優雅美コンセプトのグラビアまで多様に行われた。

news
bnt提供

この日チョ·ウンジョンはナチュラルな女性らしさを極大化したコンセプトを披露し視線を捕らえることもした。特に弾かれたように自然に散らばったヘアと足首までの落ち着いたカラーのロングスカートは彼女を女性に変身させた。

当時のグラビア撮影につながったインタビューでチョ·ウンジョンは「MCとしてなりたいロールモデルは、まさにユ・ジェソク先輩」と述べた。また、「いつも謙虚でジェントルなユ・ジェソク先輩の大ファン」とし「一緒に『ランニングマン』にぜひ一度出演したい」と放送人ユ・ジェソクのファン心を再び示した。

また、アナウンサーとしての抱負を明らかにし、「10年後のチョ·ウンジョンは?」への回答として、「まだ旺盛な活動をしている」とし「KBS2で放送された『想像プラス』のように芸能プログラムの中で硬くない柔軟なMCとしてより成長するために努力する」と答えた。

これと共に理想の質問には、「年齢が多い年上は好き」とし「言葉はあまりない多くないがウィットのあるスタイル、要するに英国ドラマ『シャーロック・ホームズ』で活躍されたの俳優ベネディクト・カンバーバッチのようなスタイルを好む」と明らかにし、より一層目を引いた。

ソ・ジソプとチョ·ウンジョンアナウンサーは、5月熱愛中だと公式立場を明らかにして話題を集めた。

ソ・ジソプは1977年生まれで今年41歳ながら恋人チョ·ウンジョンアナウンサーは1994年生まれで今年26歳、17歳の年の差がある。

記事元=topstarnews


[bnt映像]チョ·ウンジョンアナウンサーの画像
https://www.youtube.com/watch?v=5ShQFGxzYrw

舞うウンちゃんは、悔しいけど綺麗。
悔しいけど、っていうのはあくまで言葉の綾で(笑)


記事を読むと、21、2歳の時に「年上」、「言葉はあまりない多くないがウィットのあるスタイル」が好きって言っている。
ジソブさんのような人が元々好みだったのかも・・・
ウンちゃんが、理想に挙げていた『シャーロック・ホームズ』の俳優ベネディクト・カンバーバッチさんも、ジソブさんよりも一歳年上。
顏も面長で・・・

ジソブさんもウンちゃんも波動がぴったり合ったのかもね。

でも、性悪のうえことは、出会いはもっと早かったんじゃないか、って疑ってしまってる部分も微かにあって。
若いときにゲームが好きだったジソブさんが、数年前にゲーム番組のMC(2014年デビュー)をしているウンちゃんを視聴者として先に見初めてファンであった可能性もあると。会わせてと関係者に頼めば会わせてもらえないジソブさんじゃないでしょう^^
bntの頃はすでにお付き合いしていて、だからウンちゃんの好きなタイプがああなった…
それくらい、出会いの番組での気やすい「ファイテン♡」が気になっているんです、ふふふ。
どちらにしても、いや、私の妄想さておき、ウンちゃんもジソブさんが元々タイプらしかったとわかって、実はちょっと救われた気がしています。なんだろうね。


追記
記事掲載以外の他の写真(これ以外にもあったけど・・・ウンちゃんどんだけ特集されたんだい)
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt
bnt

動画と写真見て思うけど、表に出るのが嫌いな人ではないと思いました。向いてもいると感じもします。
日本でだってうら若きアナウンサーがこんなグラビア撮ったら話題に上るでしょうね。
ロールモデルとしている人もMCの大御所のこの方だし(wikipediaより)
Yoo_Jae_Suk
この先もこの世界で頑張りたい意思も記事中からうかがえたけど、芸能界から距離を置いたのはジソブさんの意向も多少なりともあったのかなぁ・・・と思うくらいの露出だよねー。ジソブさんも気が気ではないでしょう、ふふふ。

アウトドアモデルの男神たち

とうとう、あんなことになってしまった・・・まだ第3話だというのに。
トモトモがドラマ「凪のお暇」で演じているゴン、軽く反則だと思う♡対談番組やバラエティー番組で見せるのと同じような優しい語り口、フニャフニャになりそう(///∇///)

は、さておき。


韓国のネットニュース、カテゴリー「ソ・ジソブ」は今だにウンちゃんとの出会い記事とかヘビーローテーションされているんです。これは、と思って翻訳機にかけて読むのも久しぶりです。

韓国では人気のバロメーターのひとつがアウトドアブランドのモデルのようです。

チャン·ギヨン、ソ·ガンジュン、ウ·ドファン、チャ·ウンウ、コン·ユ...「男神たちのいる店」アウトドア大戦
2019.08.01

かつては男性は移動通信、女性は化粧品モデルが芸能人の人気尺度と考えられた。しかし、最近人気のある芸能人のパワー指数を確認できる分野はアウトドアブランドのモデルである。20代ミレニアル(=2000年代に成人・社会人となる世代)スターから40代の花中年スターに至るまでミューズ(=芸術的神?)で熱血活動中だ。

news
写真=NEPA提供

男神のパラダイスであるアウトドアアパレルはファッション業界の売上高の責任を負う重要な分野であるうえ、ウォラベル(=仕事とプライベートの両立)、ソワァッケン(=小さくて些細なことでも確かな幸せ)、価値の消費、などの現代人の変化したライフスタイルをそのまま示している。過去粗悪な「登山服」として片付けられていたのとは違い、アウトドアアクティビティや日常生活の中ですべて着用可能なアスレジャー(=スポーツウェアを普段着に取り入れたスタイル)製品を生産し活用の幅が大きい。夏には「冷感素材」と「ラッシュガード(=水着の上に着るウェア)」、冬は「ロングパディング(=ロング丈のダウンジャケット)」、季節と季節の間には「風防」のように季節を代表するアイテムを確保しているのも魅力的だ。

さらに日ごと先端の一途を辿る機能だけでなく、デザイン・スタイルに力を入れながら、健康なエネルギーとトレンディな魅力を追求する男性スターたちには申し分のない選択肢だ。

◆モデル出身「ホットスター」チャン·ギヨン、ナム·ジュヒョク
news
写真=NEPA、コロンビア提供

すっきりとした顔、優れた身長と比率、ソフトで温かい雰囲気まで、最近主流のチャン·ギヨンとナム·ジュヒョクは、それぞれNEPAとコロンビアミューズとして活動中だ。ファッションモデル出身らしくシンプルな基本アイテムはもちろん、カラフルでアクティブな製品まで、様々なスタイルとフィット感を感覚的に消化する。また、状況とスタイリングに合わせた表情演出まで上手に表現するという評価を聞く。

ドラマ「検索ワードを入力してください:WWW」を通じて直進本能「国民の年下の男」になったチャン·ギヨンは2017年秋冬シーズンからNEPAに合流した。当時は今のように認知度が高くなくて、メインモデルのチョン・ジヒョンの後で支えるサブモデルの役割をしたが、今ではNEPAのツートップ男神・女神に位置づけられた。ナム·ジュヒョクはNEPAを経て、2017年からコロンビアモデルとして活動中だ。彼も今年上半期ドラマ「眩しくて」での熱演で演技が上手な青春スターの肩書きを得ることになった。

◆2030「大勢の俳優」チャ・ウンウ・ソ・ガンジュン・パク・ボゴム・チョン・ヘイン・イ・スンギ・ウ・ドファン
news
写真= K2、アイダ、ミレー提供

「顔の天才」チャ・ウンウは今年3月にK-SWISSモデルに抜擢された。 SSシーズンの新製品「チャ・ウンウトレーニングセット」の発売を皮切りに、1020世代(=40、50代)にもトレンディで感覚的なブランドに手を伸ばそうというK-SWISSメッセンジャーの役​​割をしている。アストロメンバーで歌と演技を並行するチャ・ウンウは現在ドラマ「新入士官ク・へリョン」に出演中だ。

ドラマ「ウォッチャー」を通じて「再発見」好評を博しているソ・ガンジュンはミレーの専属モデルである。彫刻美男の容貌を持ったミューズ程度に考えられていたが、最近深めの雰囲気と演技力を搭載し、ミレーの新製品のグラビアでも先進的な感じを醸し出している。ミレーは夏のシーズンに合わせて冷感技術力が融合された機能性ウェア「コールドエッジ」シリーズを発表した。

ドラマ「よくおごってくれる綺麗なお姉さん」「ある春の夜に」で相次いで話題性を実証したチョン・ヘインは「国民の初恋」スジと一緒にアウトドアブランドK2のモデルとして活動している。アクティブな感じは落ちるがトレードマークのフレンドリーで無害なイメージをアピールし、消費者を訴求(=購買意欲に働きかけること)しているという評価だ。

news
写真=ケイスイス、ノースフェイス提供

パク・ボゴムはアイダのモデルである。 「国民の弟」「純粋模範青年」のイメージでアイダの様々な製品を発表している。最近冷感機能とスタイルをより一層強化した「アイスエアデニム」のグラビアとCFで消費者と会っている。ブラックヤク専属モデルである歌手兼俳優イ・スンギは、愉快で元気なイメージがアウトドアブランドと合っているという評価だ。 「師匠に弟子入り」のMCで安定した進行の腕前を見せている彼は、今年の下半期ドラマ「バガボンド」と芸能「リトル・フォレスト」で活動歩幅を広げる。

最近公開された映画「使者」で悪役へ変身を試みたウ・ドファンは昨年からノースフェイスホワイトレーベルの広報大使活動をしている。健康エネルギーとトレンディな魅力、多様なジャンルと役割に挑戦する姿がノペ(=ノースフェイス)ホワイトレーベルの「スポーツカルチャー」と合致するうえ若い消費者に肯定的な影響を与えることを高く評価して、今年の契約を延長した。

◆重厚な「男性美」ユン・ゲサン、ソ・ジソプ、コン・ユ、チョン・ウソン
news
写真=マウントティア、ディスカバリー、ノースフェイス提供

重厚な男性美を発散する3040スターのユン・ゲサン、ソ・ジソプ、コン・ユ、チョン・ウソンは、ブランドの長寿モデルで安定感を醸し出している。それぞれマウントティア、ノースフェイス、ディスカバリーエクスペディション、レッドフェイスの看板である。

映画「犯罪都市」の極悪ギャング チャン・チェン役を歴然と演技派としての地位を強固にしたユン・ゲサンはメンズブルーラウンジに続いて、今年3月にアウトドアブランドマウントティアの専属モデルに抜擢された。カジュアルビジネス服とエスルレジャーアイテムを行き来しながら都市男の感受性を滑らかに伝えている。

水球選手出身のソ・ジソプは、完璧な体格条件とアクティブな魅力で国内1位のアウトドアブランドノースフェイスの定番モデルを務めている。トップスターのコン・ユは、日常の中でも探索と異色の楽しみを見つけるディスカバリーだけのブランドアイデンティティを滑らかに表現しブランドミューズとして君臨しているところだ。最近ジェットサーフに乗って海を分ける新概念水上レジャースポーツCFで話題を振りまいた。

news
写真=レッドフェイス提供

今年上半期百想芸術大賞を受賞したチョン・ウソンは、過去ハンサム青春スターで「概念」の演技派中年俳優に見事に方向転換したうえ誠実でマナーのあるモデル活動でレッドフェイスミューズでロングランしている。
エディタ ユン・ウォンジュンgoolis@slist.kr

記事元=SINGLE LIST

こんなに長い記事なのにジソブさんについて少しでした(笑)
そうなの、初恋の人もアウトドアモデルやってますの♡

今のアウトドアモデル、もしかして独身が条件なのかな?花中年組の方々も確かみなさん、そうですよね?たまたまかな^^
特に他意はナッシング。

日本はそれほどアウトドアブランドのCMが盛んでは無いような気がします、少しステイタスCMの感覚が違うのかな。日本だったらなんだろう・・・

2019.08【不定期】朝一ジソブ 08.02

おはようございます。

久しぶりにソゲルさんにいったら、こんなに若いジソブさんが( ♡∀♡)

jisub
ソゲルさんからお借りしました<(_ _)>

ギュインと書かれてあったので(調べました)、「ただいま恋愛中」の中のジソブさんのようです。


今朝もセミちゃんが大量に鳴いています。
お盆休みある方ない方、関係有る方ない方いらっしゃるでしょうが、もうひと頑張り、ふた頑張りいたしましょう。ちなみにうえこと、カレンダー通りでいつもの週末と12日の3日間です。お財布に有り難いような、ちょっとゆっくりしたいような。


夫ちゃんと会話していて、綺麗だと思う女性、可愛いと思う女性、顔立ちの好みって人それぞれだなぁとほぼほぼ一致しないそれを日頃面白く思っています。雄の性か(笑)門戸広めなのも笑える。
うえことは、パッと浮かぶ好きな顔立ちは藤谷美和子さんなんです。二重瞼の彫がまだ深くなる前の・・・( ̄≠ ̄)クチチャック
目鼻立ちがくっきりし過ぎない方が好みなんでしょうね。
皆さまはどのような方が好みですか。暇暇にもし思い浮かんだら教えてください、ふふふ。

ホウレイ線、二重あご、白髪、くせ毛、鏡見たらため息がでるけど、内面のしなやかさはなんとか外見よりは若く、ゆっくり年を取りたいものですねぇ・・・


2019.08【不定期】朝一ジソブ08.01

8月に入りましたね。
こんなに代謝が良かったのか!?はたまた重ねて更年期かと思うくらい毎日尋常じゃない汗をタラタラ、違うダラダラ、違うドロドロ掻いています。
みなさま、お互いに気を付けて乗り切りましょうね。
(夕方追記:帰宅後測ったら、15分歩いて帰ってきたにもかかわらず、代謝は悪くて1214kcalでした。だから痩せないよね。)


ふたつ前のエントリーの中、「答えはわかってるよ、うん、わかってるってば(by出題者)クイズ」参加してくださった皆さまありがとうございます。
想定外に速攻、正解コメントが届いたよ。(不満なのか(>ε<)プッ)



くっそー。
未だに定義が分からないけど、うえことの中で色っぽい、艶っぽいと思ったジソブさんを選んだんですが・・・
胸から上だし特段特徴ないと思ったんだけどなぁ・・・






ちぇっ。
またまた、わたしまけましたわ。
腕を磨いて出直すことにします<(_ _)>

不正解だった方、出題者はすごく喜びました、ことをお伝えいたしますヾ(≧▽≦)ノ


正解は。
2012年10月5日。釜山映画祭で映画 「会社員」の野外舞台挨拶のジソブさんです。
BIFF2012
お借り元=写真内

太っちょさんとダンスしたり、小さなブーケ持っているところが可愛く、だけど見た目は男性をとっても感じるジソブさんでした。

うろ覚えだけど、映画のプロモーションイベント時にファンの少女のホッペにチュ♡ってしたのも 「会社員」の時ではなかったかな。
とっても珍しいシーンでしたね^^

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR