FC2ブログ

第17話・だいたいな"幽霊"

先週は"幽霊"がお休みでした。

今週いよいよ19話、20話。その前に復習です…

キヨンもヒョンミンもここにきて色々畳み掛けてきたなぁ、という感じ。
これまでで一番色んな局面を迎えた気がします17話…。


*********** かなりだいたいな17話 **********
キヨンの新聞社トゥルーストーリー。

前話(16話)最後でとうとう、ヒョンミンに自分がキム・ウヒョンではないことを
キヨンは明かしました。

CK電子のハードディスクが欲しいのか、とヒョンミンに聞くキヨン。
Ghost17
ヒョンミンは、動揺を見せないどころか反対に、どうせ君は終わったんだから…的な
言葉を残して去る。

誰かに電話をかけるヒョンミン「そちらどんなかんじ?」、電話口の男性「順調。」
薄笑いを浮かべたヒョンミンは、トゥルーストーリーから離れる途中で逆方向に走る
パトカー数台とすれ違い再びニヤリ。

ヒョンミンの不気味な言葉の意味を考えている様子のキヨン。


太っちょさんから電話が。なぜ電話に出ない!!その場をすぐ離れろ!!と絶叫。
Ghost17
外からパトカーのサイレンが聞こえ慌てて証拠になるデータをパソコンから削除。
警察官、太っちょさんたちがトゥルーストーリーに駆け付けた時には、うまく外に抜け出し、
こっそり太っちょさんの車に身をひそめたキヨン。


見つからないようにキヨンを乗せたまま人気のない所まで走る太っちょさんの車。
Ghost17
一体どうなっているのか、と尋ねるキヨン。経緯を説明する太っちょさん。

以前、セイフテック開発部くんが取調室で亡くなり、開発部くんの持ち物から
部下刑事くんが押収したUSB。
Ghost17
そのUSBの中から、重要証拠がでたという。
ナム代表毒殺現場のファントム映像ファイル。映像を見ると現場にはナム代表と
キム・ウヒョンしかいない。(画像はふたりしか映っていないように見える)

押収当時に調べたけれど、そのようなファイルは無かった、と部下刑事くん。

シン局長(左)とチョン局長も見てしまった。
(…って、シン局長の仕業かな?ヒョンミンの電話の相手ももしかして…。)

聞き終わったキヨン、ヒョンミンのことを自分が明らかにする決意。
Ghost17
ウヒョン、キヨンと繰り返しているところをみると太っちょさん、世間にキヨンだと
公表することになるぞとカンミ共々、今一度冷静になってみるように説得しているよう
だけどキヨンの意思は固そう。
もう一度改めてキヨンの中でスイッチが押された感じだなぁ…


スンヨンの自宅を訪れる太っちょさん。
Ghost17
「盗聴器を(開発部くんに仕掛けるよう)依頼した時の約束(記事のネタを提供する)
を守りに来た。」
ナム代表殺害容疑で逮捕されているセガングループ元副会長(元会長の息子)が
冤罪だ、と(どうやら)そのことをスンヨンに記事にさせている。
ネットカフェに潜伏しているキヨンにトゥルーストーリーサイトを見ろと電話。
世間もじわじわ関心を持ち始める。
このネット記事や世論をシン局長と密会中のヒョンミンは、苦々しそうに見ている。


次のこの場面、意味が良くわからないんだけど…
チョン局長がウヒョンの実家にいてウヒョンの父親のベッド脇でたたずんでいるよ。
Ghost17


キヨンの潜伏先のモーテル。カンミが言われた着替えを持って訪れる。
Ghost17
シャワーを浴びたローブ姿のキヨンに照れて気まずそうなカンミ。
(このシーンってストーリー的には重要じゃないのに省かないうえこと。
本当はもっと写真を増やしコマ送り状態にしたいくらいだけど( ̄m ̄;))
カンミの動揺は見逃していない着替えを終えたキヨン。
一緒に調査に行くというカンミの目を見つめにじり寄り…
カンミが後ずさりしてベッドに座り込んだところを手錠でベッドと固定。
(; ̄ロ ̄)
キヨンは自分一人で行くと。
「ありがとう。君が自分を信じてくれた初めての人だ。連絡する。」


太っちょさんにカンミを助けるように電話。そこでウヒョン父の容体の急変を知る。
病院に急行すると、キヨンを捕まえようと警察がすでに待機中。
Ghost17
だけど、ここがキヨンのすごいところ(笑)短時間で医者に変装、ウヒョン父の病室へ。
ウヒョン父、キヨンの「お父様」で気が付いたのか「まさかキヨンか?!」
「ではウヒョンは?」と聞かれ悲しそうにキヨンは「事故がありました」と。
セガングループが絡んでいるのかとウヒョン父も察しがついている。

チョン局長の車内で待ち伏せ、局長に銃口を向ける。
Ghost17
ナム代表殺害映像USBのこと、ウヒョン父の容体急変のこと、カルテまで突きつけ
警察内部のスパイのしわざだと訴えるキヨン。
自分は警察官だ、と証拠がないと動けないようなことを局長は言った(と思う)


証拠を捜すため病室に戻ろうとする所にカンミと太っちょさん。
帰るように言うキヨンに
カンミ「一緒に証拠を捜す」、太っちょさん「助ける。一緒に行こう」
向かう先はウヒョン実家。

太っちょさんが家の前に張り込んでいる刑事を巻いている間にキヨンとカンミは家に。
部屋を捜してウヒョンが隠していたUSBを見つける。
Ghost17
ウヒョンはヒョンミンから、セガンの秘密資金の情報提供を受けていた。
父の不正も知らされたが、ウヒョンはナム代表の事件のことも捜査報告書に
残していた。そして、それをシン局長が確認していたことがわかる。


シン局長に事件に関与していることを責めるキヨン。
局長は、ヒョンミン父とウヒョン父が蒔いたことだ、みたいなことを。
Ghost17


チョン局長に会い、証拠だと封筒を手渡す。
自分はキム・ウヒョンではなくパク・キヨンであることを告白し、警察にスパイがいて、
それはシン局長であることを話す。
まだ信じられないというチョン局長に「証拠を見ればわかる。」
Ghost17
キヨンと別れ、シン局長と重要なことで会う約束を取り付けるように電話をし
エレベータに乗り込んだチョン局長は、気が付いたキヨンの助けが間に合わず
エレベータ内でヒョンミンの手下のハッカー集団の一人に殺害されてしまう。

ああー、頼りになりそうなチョン局長が殺されてしまいました。
(とはいうものの、警察内部にスパイがいるという話の時は、この人では!?と
疑っていました<(_ _)>)




スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR