FC2ブログ

担当者

会社の担当者の話。
初日は、とーってもわかりにくい超高速説明。

で、その翌日(二日目)
この日は、もう一人一緒にデータの入力をするメンバーTさんが増えた。
前日うえことがやっていた続きからをこのTさんとで分担して作業する
という例の担当者の説明。

仕事内容は、大まかにいうとパソコンの中の昨年の旧データを、
今年の紙資料の最新データに入力し直すというもの。
パソコンのデータと資料はセットだ。

担当者が、うえことの使っている席のパソコンから、パソコン内のデータと
紙資料をそれぞれの範囲に振り分けた。

振り分け後、Tさんは担当者から説明を受けるために担当者の机に。
うえことは作業開始。

午前中が終わり午後になり、一日の終わりに近づいた時やがて、Tさんとうえこと
異変に気が付くことになる。

ふたりの担当データが全部でA~Dまであるとして、うえことがA~Bまでだとしたら
データと同様に資料もうえことはA~B、TさんはC~Dになっていないといけない。

それがどうも、資料はきちんとA~B、C~Dに分かれているけれど、
データの方が、うえことがAだけで、Tさんの方にB、C、Dと振り分けられている。

Bのデータがない(のでTさんのところから移動させて欲しい)ということを
担当者のところまで行ってやんわり言ってみた。

そうしたら、いきなり
「削除されてるとしたら、そうしたのは○○さん(うえこと)しかいない」と。
うえこと否定する。
「でもワタシ(=担当者)のところ(パソコン)からは読み取り専用でデータを
開いているので削除とか一切できないです」

うえことが削除したこと納得できたか、みたいに言うので、移動させたのは△△さん
(担当者)ですよね、と言ってみた。
移動はしたけど、それ以外の操作はうえことだという。
「何度も言うように…」と言って「ここ(担当者の席の)パソコンは読み取り専用で…」
(データ移動させたのは、うえことの席でだったじゃないか)

じゃぁ、私(うえこと)が削除したんでしょうね…というしかない。

で、担当者の指示は、無いBは、追加せよ、というものだった。

TさんはTさんで、担当者に問い合わせしていた。余分なものが出てきたから。
だから、Tさんのところのデータに余分なB部分があるのを担当者も知っているはず。
(Tさんによると作業に取り掛かる前に、担当者が「資料にあるものから作業した方が
分かりやすいので」と、また高速操作をしてデータのB、C、DをC→D→Bの順番に
どうやら並び替えしたみたいなのだ、だから気が付くのが遅くなって結局
午前中のTさんの作業は殆どが徒労に終わってしまった。)

結構な量があるので、Tさんのところに残っているデータBがもらえないかもう一度
言ってみた。それこそ担当者ならものの数分で終わる操作でしょうと思って。

使えるデータはここから持ってきてコピー貼り付けして使っていいですという
参考データも渡されてはいるけれど、追加作業よりも元データからBをもらう方が
スピードアップしなければならない身、うえことにすれば何倍も何倍も早いし助かる。

だけど、あくまで担当者は、Bは追加作業をするようにという。

「だれが削除したとか追及する時間が惜しいから追加してくれと言っている。
削除した時、復活させるために渡している参考データだ」って。

追及はしてない、少なくともうえことは。
削除したならうえことだ、と自分はしてないと言わんばかりはアナタですよ。

うえことの消えたデータのBはうえことが削除していたとしても、
Tさんには作ってもいないデータBが存在している、それはどう説明する?
とまではうえことももう言わない。


野球の野村克也さんも言ってるよ
「プライドは自分でコントロールして初めて価値があるもの。」

持ってるだけじゃダメやろ。

謝罪を求めるほどのことでもないけれど、本当のプライドって
認める時には認める、そういう強さでもあると思う。

あっ、僕やっちゃった?で済むことを難しくしてるよね。
たぶん、40代前半くらいかな、積み上げてきた年齢とキャリアが
些細なこういうミスも認めさせなくしてしまったの…?


追加作業からというところで就業終わりになり。これが水曜日のこと。
翌日の昨日木曜と今日は出張で担当者は留守。

朝、出社すると作業机のパソコンが撤収されていて、別作業になった。

_| ̄|○∠))) バンバン

Tさんとも話す、「私たちにさせられないって雰囲気ありありだね。」
うえことは結局、膨大な追加作業をしないまま、延長線上ではあるけれど
別の作業に移った。

来週火曜日まで出社予定。


スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR