FC2ブログ

視聴終了:お嬢様をお願い!

独断と偏見入りざっくり感想。。。(^ー^)(^ー^)(^ー^)(^ー^)(^ー^)v

《ひとこと》
設定が個人的な好みにぴったり合ったんだと思うけど、
「良かった~゜゜+。(*'ー'*)。+゜゜」

***************************
主な出演
dorama
ユン・サンヒョンさん(ソ・ドンチャン)
ユン・ウネさん(カン・ヘナ)
チョン・イルさん(イ・テユン)
ムン・チェウォンさん(ヨ・ウィジュ)
***************************

脚本:ユン・ウンギョンさん、キム・ウニさん
全16話。

見終わって、まさかのプチ廃人状態。
見始めた頃は、気楽に見る、その手のドラマだと
思っていたいたけど…引き込まれるとは(^^ゞ

大財閥の孫娘の我がままお嬢様と、お嬢様の身の回りの
一切のサポートをすることになった執事のお話。
ドンチャンが執事になったのには事情があって
初めはお金のためだった。ヘナお嬢様の恋の手助けまで
するうちに気持ちに変化が生まれ始めて…

ストーリーは初めから何となく結末が予測できるし、
見たのはノーカット版ではなかった。

カットで曖昧になったので残念な場面。
1. ドンチャンがウィジュに依頼したデータ流出の解明。
2. ヘナが会長(祖父)に用意したプレゼントの帽子の行方。
(最終回エンディングロールで、帽子を被った会長の映像で
手渡されたんだな、とは分かるんだけど。)

でも、それを差し引いてもイイんです、
ソ執事(ドンチャン)が。

ヘナとは少し年齢差がありそうな見た目…「萌え。」
事情有っての過去のホスト経験により、会長の反対を受け
ヘナのために身を引こうとする…「萌え。」
ヘナのフォローも、困っているヘナを助ける時も機敏で、
頼もしい…「萌え。」

「萌え。」要素が重なりソ執事、反則級(*´∇`*)
"ソ執事"が欲しくなります(笑)

思い起こせば~
若い時に見た映画「ボディーガード」にもキュンキュン来たし、
韓国ドラマの「強敵たち」を見ても大統領の息子にではなく、
寡黙に任務を遂行する(ちょっとイケメンからは遠い)
黒服SPの方にときめいた。

最初に書いたように、ドラマの設定がまずツボだったようだ。

おばさんになっても"守られ好き"なのだ(*'ー'*)
改めてそう思った、厚かましくてもそうなのだ♪
スーツ姿に弱い傾向もあるし(^ー^;)

もう一つの要因は、思うに
ユン・サンヒョンさん、ユン・ウネさんが
ソ執事、ヘナお嬢様にぴったりだった。

サンヒョンさんは"ソ執事"以上のハマり役がこれから
出てくるのかな?と思うくらい。
“冬鳥”マザコン夫はさておき、“僕の妻はスーパーウーマン”
の無職風社長役より輝いていました。
「こんなにかっこ良かったっけ?」
dorama
サンヒョンさんは"ソ執事"で、"ソ執事"はサンヒョンさんで
魅力増した!と思います。

ウネさんのいつもクネクネした演技をする(ように見える)印象
が気になっていたけど、今回はそれがまったく気にならなかった
(のも大きい^^;)ウネさんも今回のキャラクターが一番好き。

テユン、一貫して悪い人ではなかったけど、キャラが
最初と最後で違っていてブレていたような…(笑)
ウィジュもドンチャンを想うしっかりしたいい女の子、
安直なようでもあるけど最後のふたりにもホッとしました。

あと、ドラマ中のヘナの髪の伸び縮み、OK、OK
見て見ないふり(^ー^;)

このドラマで2回くらい泣きました。
ノーカット放送があればまた見たい。


道路を挟んで、向かいのお嬢様を見つめながら
ソ執事が歩くシーン
ムヒョクとウンチェを思い出しました。

「ソ執事」(ハングルだとso-jip-sa)と呼ばれる度に
ソジプサ?がソジソブに聞こえた。

毎度の
「だから何?」
です<(_ _)>
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR