FC2ブログ

母の近況

母のことを。
化粧水だったり、体圧分散クッションだったり、母の身の回りの日用品で切れたもの、有った方がいいというものが出てきはじめて、施設の方で用意してもいいですか、という連絡を数日前に受けました。

今のところは、6月1日から短時間の面会ができるように考えているということを伺いました。

施設の方が切り際にこんなことを言ってくれて。
「うえことママさんに、もう少ししたら、うえことちゃんに会えるよ、と言ったら、『うえことちゃんは私の一番好きなひと』って仰ってました(^ー^)」と。

職場にいたんですが、涙が出ました。

色んなことが瞬時に頭を巡りました。
ビジュアル的に母の中でどの年頃の私が浮かんでいるのかはわからないけど、まだ私の存在は母の中に居てくれている・・・
すごく嬉しかったです。
私はどうだったろう、母のこと、これまでいつも好きな人だったろうか。

病気が色んな事をわからなくさせて、忘れさせていって、できなくさせても、母の中でブレずに生き続けている私に対しての感情を有り難いなと思いました。

母が自分でも「最近、おかしいんよ」と言って、病名までは気が付いていたかどうかわからないけれど、自分の身に起っている変化をすでに何となく感じていたであろう頃、母に言ったことがあるんです。
「色んなこと忘れても、うえことちゃんのことだけは忘れんでよ」
「忘れんよぉー」
「絶対よ」
「絶対。」

公約はまだ守られていました。
ありがとう。
今なら、もう少し理解できたかもしれないお母さんを、あの頃は鬼の形相で怒って、暴言も吐いてごめんね。


施設から、毎月1回郵便が届きます。
支払関係の書類以外に、施設での行事を楽しむ入居者さん達の写真をプリントアウトしたものも毎回同封されています。
新型コロナが起きる前からで、お出掛け、おやつ作り、誕生日会、季節の行事などです。
(入居する時に、全家族に配布されますがよろしいですかと聞かれました)

先週届いた郵便物には、いつものそれに加えて、母がひとりで写った近況写真のプリントアウトも同封されていました。
職員さんからの手書きメッセージも。
「最近は、ソファーに座りテレビを観ることが日課となっています。お笑い番組では声を出して笑い、ドキュメンタリーでは「かわいそうね」と涙を流されることも多くあります。調子が良い時は、スタッフの声掛けで少し遠回りをして、リビング、トイレ、自室間を歩かれる等、毎日、頑張っておられます。
○○(施設名)でも感染症には細心の注意を払い過ごしていただいておりますが、ご家族様も、くれぐれも、お身体にはお気を付け下さい。早く、コロナが終息し、ご家族様がうえことママさんに会いに来てくださる日を楽しみにお待ちしております。」

もう一枚、5月生まれの母のお誕生日会の時のワンショット写真も。
「5月17日にお誕生日会を行いました。ハッピーバースディの歌を皆さんと大きな声で歌われ、笑顔もたくさん見せてくださいました。」

入居者が9人だけとはいえ、コロナが無くてもその日常の忙しさを思えば、お心遣いに頭が下がります。
緊張感と共にお仕事をされている職員さんの方こそ、お身体気を付けてください!と思います。「おかげ様」を思わずにはいられません。
スポンサーサイト



このエントリーのタグ: 認知症
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
18330:お邪魔します(o´・ω・)´-ω-) by 媛POM on 2020/05/29 at 21:13:42 (コメント編集)

こんばんは。 

うえことさん
お母様との面会が6/1から実施されるといいですね。

化粧水も続けて購入しても良いかときいてくださったり、お母様のご様子や言葉をきちんと伝えてくださることを常とされていて、素敵な施設・職員さん達ですね。
いつも感じます。

我が家でも家族だけでは、見守ることや生活を維持する事が出来ないので母が誕生日を迎える度におかげ様を思います。
職員さんが今も行動の自己制限されていたりと会話の中に感じます。

病院・介護に携わってお仕事をしてくださってるうえことファミリーさんに頭がさがります。
お疲れ様です。
ありがとうございます。

18335:子供と高齢者 by アパタン on 2020/05/31 at 09:56:41

うえことさん、もうすぐお母さんに会えますね🥰
本当に仲の良い母娘、うらやましく読ませてもらっています。

さて、これほど長期化するとは思っていなかった自粛期間。

末っ子は中3受験生、母はそれなりに不安を募らせています。
周りの母親たちがiPadが品切れだ、ウェブカメラつきのPCを買った、どこそこのオンライン授業がいいらしい、と子供たちを机に向かわせている中、私は毎日朝から晩まで仕事に出て、休みの日はひたすら寝ている始末😥
当の末っ子はといえば、ダンスに夢中で見たことも無いアプリを駆使してダンス動画を作り、zoomで楽しくお喋り会をし、韓国ドラマにはまり韓国語の勉強を始めた今日この頃。
でもまあ、自分で新しいものを見つけ、そのための勉強をし、それなりに有意義に過ごしているようです。

一方、仕事でお会いする高齢者のみなさんは、状況の変化に無理矢理従わせられている感が強く。
ある80代のYさんは、認知が進んで徘徊もありますが、いつもニコニコ大きな声で、たまには私のおしりをペシっと叩いて「あんた、自分の仕事にホコリ持たなあかんで」と叱咤してくださいます。ところが、ご家族の意向でデイサービスをお休みしていると、だんだん元気がなくなり、表情もなくなり、「いつまで生きてるんやろなあ」などと呟かれ、かける言葉を失いました。
来週から回数を減らしてデイサービスの利用を再開することになり、外でいろんな刺激を受けてまた生き生きとしたYさんに戻ってほしいと切に思います。

長々とすみません、みなさんもまだまだ油断しないで安全第一で、あと少しがんばりましょうね。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元BEAST、中村倫也さん

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR