FC2ブログ

Be With You 観てきました。

‘Be With You いま、会いにゆきます’を観てきました。
上映の映画館があまりに少なくて、地団駄&足踏みされている方には申し訳ないような“感想を書く”というこの行為を、そういう理由とはまた別にいつしようかと迷いました。
一度観た状態で.・・・?
もう一度観に行ってから・・・?
日本版も見比べてから・・・?

常々ファンタジーに対して堅物で理解力&寛容度が足りないと自分を評価しています。実は、鑑賞後良かったと思う脳と混乱した脳が同居していて、感想が難しいと思ったんです。
どこが。
ソン・イェジンさん扮するスアがウジン(ジソブさん)と息子ジホの前に現れるその出現のし方そのものではなくて、出現したカラクリとでもいうのかな、現れていた期間のスアはいつのスア?みたいな。

結局、土曜に一度観て、翌日曜に再び観に行きました。
初回よりも見えてくるところがその部分以外にもあって、分れば分かるほど、より噛みしめられて好きになる作品ではないかと感じています・・・が、そんな2度目鑑賞を終えたところで感想を書くことにします。

まず、ジソブさん。
随分前の予告解禁時、朝早く出掛けプールを磨く‘ウジン’が、妻を亡くした不幸な男性であることと同時に体調面に不安を抱える人だとしっかり表現されているように感じられて俳優ソ・ジソブに感動してそこだけで泣けました。そう、そういうことが出来る人よ、ジソブさんは・・・そんな思いも含まれた涙だったと思っていました。
本編でも、亡くなったスアを想いながら父親として奮闘する姿、体を悪くして悶絶する姿、スアと過ごす時間が短いことを受け入れた夫としての姿、本当に色んなジソブさんの‘俳優力’を見たと思っています。
スアを再び(変わらず)愛するところなんかは、ウリジソブ出来て当たり前過ぎるので特筆しません^^が、亡くなる前よりもきっともっとスアのことを好きになったんだろうなと感じました。
ソ・ジソブの演技アラカルト作品と言ってもいいと思います。
これは、ソン・イェジンさんの映画だと思うんです、言ってしまえば。
それくらい柔らかくも強い演技にやっぱり上手いなぁと思うイェジンさんです。
父子の生活のシーンももちろんあるけれど、ほのぼのした中にも空虚感が漂っています。
スアとジホの母と幼い息子の世界を引き立てるようなうまく言えないけど、一歩引いたように演じている?全力で80%を演じているようなジソブさんがいたとでも言うのか、今更ながら俳優ジソブさんを見た気がすごくしたんですよね、うえことは。
ソ・ジソブありきで作られていない作品でこそ、ここにソ・ジソブあり、みたいでした(^ー^)
それと、これまでジソブさんのキスシーンはエロいよりも“美しい”と評してきたけれど、今回キスシーンもとっても生々しくて良かったです、生身の男性を感じられて。

この年齢になったからなのかな?今だからなのかな?そんなタイミングも考えてしまうひとつ突き抜けたようなジソブさんの演じるウジンでした。
コスプレまがいの回想シーンも想定外に違和感なかったです。スア大学生、ウジン兵役後に本人たちに戻るのかな。ミニスカート&スタジアムジャンパーでのデートもうん、問題ありませんでした。
ジソブさんが出ているから逆に厳しい視線になりがちだけど、うえこと、ジソブさんに関しては今回絶賛したいです。

一方、作品的には気になるところが多少ありしました。
(以降、具体的に内容がわかってしまいます、あしからず)

冒頭に書いた二度観に行こうと思わせたわからないところは、まさにファンタジーと理解すべき部分なのだと思うんです。
現れたスアが去った後に、ウジンと私たちにはスアが学生時代から付けていた日記によって、スアが現れた理由が明らかになるのですが、その日記は、二人がまだお付き合いをしている時に一度疎遠になってそれでも気持ちを確信したスアが再びウジンに連絡を取って会いに行く列車の中で、完結しているんです。だから、「いま、会いにゆきます」と。

それは梅雨の6週間の季節に見た予知夢のような現実ということなのかな、と理解しました。
鑑賞一度目は訳わからず、二度目でそこにやっと達しましたが、時空の混乱はまだ残ったままです。しかし、それはそれとして…このカラクリこそがスアの決断がウジンへの愛の大きさを物語るんですよね。

死を悟ってジホに作った絵本、2度目にふたりの前を去る時を悟った時にジホに家事を教え込むスアの始終深い深い母性愛は強さと美しさを感じます。

細かいところで、ウジンが健全ではなく特徴を持っているということでしたが、わかりにくかったです。
私がそういう先入観だっだだけかもしれないけど、予告動画や冒頭のウジンの雰囲気は、どちらかと言うと心の面で少しのハンディがあるのかなと感じたのですが、どうやら後天的な体力面での不調のようだったんです。それも、劇中説明がされますがはっきり伝わってきませんでした。水泳の特待生だったけど、ハードな練習をし過ぎて無理が出来ないようです。

コン・ヒョジンさんのカメオ出演。
あれ、要ったかな。韓流好きには充分華は添えられたと思うけど、コン・ヒョジンさんを知らない方が御覧になったとすれば話の流れとしてどうだったかな。
ウジンの同級生の親友ホング(映画は映画だ監督役)は、自分のカフェの客である上品で仙女のようなヒョジンさんをウジンに紹介したいけど彼女自身はその気がない。だけど、ホングは店の名前をペンギンカフェから仙女カフェに変えたくらいだから彼女が好きなんでしょう・・・
やっぱり、要ったかな、そこ。

編集のぶつ切り感、やや否めなかったかなと。計画通りの編集だったらごめんなさい、と思うけど・・・
スアが現れたトンネルに、帰ってしまわないようにウジンとジホは(おそらく穴を塞げば帰ることが出来ないと思って)仕掛けをするんですが、たぶん父子の企ての話し合いみたいなところはカットされたのかなぁ、と。雨の日トンネル上から大量の雨水が塞がれた穴を再び開けて「ああぁ」みたいな愕然とするウジンがいるんですが、エピソード自体の導入部分が無い気がしました。

あと、ジホがクラスメイトの女の子にママが帰って来ているんだよ、みたいに秘密を話すんです、誰にも言わないで、っていう前提で。
そのことで何かあると思うでしょ、何も無いんです。
ストーリーが疑問を投げかけないでくれたら・・・と欲の欲ですけれど。


最初、イェジンさんのスアが書いたペンギンのお母さんの童話のナレーションから始まり、童話が終ると音楽と共にタイトルが、『지금 만나러 갑니다』と出るんですが、そこで2日間とも泣きました。
音楽もとっても素敵です。

時が経って、頭に白いものが混じるウジンも穏やかで良かったです。
20歳になったジホは(パク・ソジュンさん)明るく素敵になっています^^
雲の国のスアに話しかけているのかな、と思うウジンで終ります。


一回目(公開翌日土曜朝)の映画館観客は25人前後。男性はイェジンさんファンかな。
二回目(公開3日目日曜午後)は40人前後。若いカップル、韓国の方かなと思しき若い世代も。連れと一緒のおばあちゃんも。

もう一回観に行ってもいいかも、って思える映画でした。
“このくらいの情があなたにありますか”と問いかけられているようでもありましたね((^┰^))ゞへっへっへ。
「感動!」ってズン!と飛び込んでくるというよりも、じゅわ~んと体の外から中に沁み込んでくるような映画でした。
後を引くね(笑)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
17424:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/09 at 09:37:20

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17425:ウジンジソブさん(灬 ˘³˘灬)〜❤️ by まゆ on 2019/04/09 at 14:18:27 (コメント編集)

うえことさん、みなさんこんにちは(^-^)

私も先週土曜日に「いま会い」観てきました。
特急電車に揺られ、着いた博多駅では方向音痴なものでスマホ片手に劇場へのエスカレーターを探し無事に到着。
行く前から2回観て帰ると決めていたので朝の回と夕方からの回を観賞致しました。
最初のアニメから涙腺緩くなってましたがスクリーンにジソブさんが映った瞬間号泣してしまいました。
久しぶりに会えた気がして。

うえことさんが書かれているように自分の理解力の無さなのか1回ではすんなりと受け入れられないとこもあって2回観て正解だったかもしれません。
映画を一日に2本観るのは初めてでかなり目を酷使してしまった感がありましたがジソブさんを見れるなら(〃▽〃)
ウジンジソブさんは素敵でした。
私は歳を重ねたウジンジソブさんが特に素敵に見えました。

いつまで上映されるだろうか?
もう少しお客さんが入ってもよさそうな作品なのにやはり韓国映画だから好き嫌いがあるのかなぁ。
たくさんの方に観ていただいて公開劇場ももっと増えるといいですね。

もう一度会いにゆきたくなりました( ꈍЗꈍ)╭

17427:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/09 at 19:13:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17428:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/09 at 19:28:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17429:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/09 at 19:34:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17430: by サーモン on 2019/04/10 at 00:35:34 (コメント編集)

はじめまして うえことさん(^.^)
私はまだ観ておりませんが…
劇場で観たいと強く思っている一人です
パソコンで二度ほど観ました
韓国語も大体しかわからなかったのですが
どうやらスアは自分死んでしまうのがわかっていて それでもウジンに会いたくて
会いに行くって言うのが このお話の始まりみたいですね 色々作品について探ると分かってきたんです
それが分かるとすごく理解できた作品でしたよ!
果たして人は2度も同じ人と恋をしたいと思う人がこの世に何人いるかしら?(笑)
母であること女で妻であることを2度も悲しい別れをしなければならないことが分かっていて…
ジソを恋して結ばれたのならならわたくし…そう願うかもしれませんけど…
結局はジソが恋しくなる映画なのねー
俳優ソ・ジソブがそこにいる感 うえことさんの感覚分かるような気がします!
強さを出さない存在感 ですね
ありがとうございます 俳優でいてくれてありがとう と感じるでしょう~
うえことさん ありがとうございました!

17438:おはようございます(^-^) by まゆ on 2019/04/14 at 09:48:08 (コメント編集)

うえことさん、みなさんおはようございます(^-^)
福岡は桜も散ってしまいました。
4月も中旬となりました。早いですね(^^;)

昨日3回目の「いま会い」観てきました。
福岡は金曜日からいきなりの1日1回上映になりそれも朝9時からの1回のみ。
早朝から電車に揺られ行ってきました。
ちょうど人気アニメの公開が始まったばかりで子供の集団に圧倒されそうになりました(笑)
昨日は40人弱の観客。男性の方も数人いらっしゃいました。

わたし今回3回目の「いま会い」が1番泣けました。
内容は前回2回でわかっているんですが最初のアニメから最後のウジンジソブさんが空を見上げるラストまでハンカチ手放せなかったです(T ^ T)

先週、今週とちょっと遠出してジソブさんの映画もですが美味しいもの食べれて博多の街をブラブラしてお買い物。
デパ地下で買ったものが思いのほか美味だったし。
映画の後にお友達とも会えたし( ´艸`)
楽しい時間を過ごせました。

梅雨の時期にはピッタリの映画。
ちょっと遅れてでも上映劇場が増えてくれたらなぁと思います。


17457:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/25 at 16:29:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17487:Re: ありがと! by うえこと on 2019/05/03 at 19:13:16 (コメント編集)

17424:非公開(****a)さん

こんにちは^^

トークショーも御覧になったんですね!!映画を見る目がひと味もふた味も違ってきそうです。
20代のジソブさん、大丈夫でしたね!出来る限りストーリーに繋がるものを見ないようにしてきたので、ピンクジャケットが出て来た時は「ここかぁ(^ー^)」と思いました。
それはそうと、名前の画数の恋占い、昔しませんでしたか?(笑)

山の上の映画を観ながらのキスシーンは、再会してからのシーンではないかなぁ・・・山を背景に橋を自転車二人乗りして出掛けたので。あれは現在ウジン家族が住んでいるところの風景だから・・・というのが理由でーす。
場面の繋がりで私もあれ、どっち?と思った記憶があります。私たちも他にもいらっしゃるかも(笑)

いつもありがとうございます。

17488:Re: ウジンジソブさん(灬 ˘³˘灬)〜❤️ by うえこと on 2019/05/05 at 03:34:20 (コメント編集)

まゆさん

こんにちは^^
まゆさんと一緒にジソブさん観ましたね(笑)
同じ日に2回鑑賞するというのは、目の保養&酷使ですね(^ー^;)
次の映画作品では、上映劇場が各地に点在してくれるいいのですが・・・。

政治家より公約を果たすまゆさんでした^^「せっかくなので2度観たい」も実現、3度目もお言葉通りもう一度会いにいかれて
(^_-)-☆

17490:Re: いつも楽しく読ませていただいています^ ^ by うえこと on 2019/05/05 at 06:09:36 (コメント編集)

17427:非公開(y***)さん

初めまして<(_ _)>いつもご覧くださりありがとうございます。こうしてコメントも頂いて嬉しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

既に韓国で何度も御覧になっていたんですね。
監督さんと原作者の方のトークショーでも直にお話を聞かれ、より愛着ある作品になられたのではないでしょうか。
トークショーのお話、ありがとうございます。後のコメントでも仰ってくださっていますが、非公開で残念です(笑)
10年以上を経てからのリメイクにも作者の方の作品に対する愛情とかもですけど、韓国の監督さんと日本の原作者の方が一緒に並んでひとつの共通する作品について純粋に語るという事実だけでも私は嬉しかったんですよね。
双方を認めて尊重し合う、なんだか、あるべき理想の姿を見た気がします。あ、現場は見てないんですけれども(無駄口)

> お二人が伝えたかった事は、大切な人がそばにいてくれることが一番の幸せだということだって✨✨✨
観終わった後、大切な人がそばにいてくれるということは肉体の消滅で一緒には無くならない、愛する人が居なくなった後に、風ひとつにも愛する人を感じる、そんな愛し方愛され方をひとつの幸せの形として作品から感じました。

お話の中に出ましたアニメ映画の「君の名は。」は、TV放送を録画して嬉々として見始めたのですが、間で居眠り、また巻き戻して見始める、の繰り返しで、結局、私には豚に真珠作品でした。
あんなに大ヒットして話題になっても、面白味の分らない私のような者もいるし、ハマって聖地巡礼までされる方もいらっしゃるし、それぞれの心に届く度合いは様々ですね。
だから、書きにくいかもしれないけど雰囲気に屈することなく、‘Be With You’が響いてこなかった方の感想も実はお待ちしているんです。すっごく興味あって、だって感じ方に正解は無いですものね。

17491:Re: \(^o^)/ by うえこと on 2019/05/05 at 07:14:36 (コメント編集)

17428:非公開(ひみつの****)さん

こんにちは^^
なるほど!!事故に遭った時に着ていた洋服とトンネルで発見された時に着ていた洋服はうろ覚えながら同じでした!

キスシーン、音がしてました(;´艸`)ウジンの年齢設定はさておき、ジソブさんの年相応のキスシーンだったようでとてもよかったです
(///∇///)
これまで(特に‘ただ君’など)ヒーリングビデオかって言うくらいキスシーンが美しかったので、物足らなさ、一気に解消しました。
(このうえ、せくしーぷんぷん丸になられたら身が持ちませんけれど^^;)

絵本のペンギンちゃんもよかったですね、擬人化されていたけど、ストーリーの伏線がはっきり表現されていましたよね。韓国版が好みの面で優れていたと思う大きなひとつの部分です。

前売り券5枚、軽く消化出来たようですね、めでたし、めでたし。
レイトショーも一度経験したいなぁ。
ジソブさんとのレイトショーも一度経験したいなぁ。(‘いま、会い’以上のファンタジー)

ほんとですね、原作者の市川さんがジソブさんを褒めてくださっていたことが御本人に伝わるといいですね。
なんなら、使者としてお伝えに行くんですがね。

残業お疲れさまです。

こちらこそいつもありがとうございます。

17492:Re: タイトルなし by うえこと on 2019/05/05 at 07:29:08 (コメント編集)

17429:非公開(y***)さん

こんにちは^^
公開・非公開どちらも歓迎ですけれど、とっても上手く伝えてくださっていたと思います。それだけは、自信をお持ちください、の意味を込めてお伝えいたしますね^^

素敵な余談を無断で公開させていただきます<(_ _)>
> 余談ですが、舞台挨拶当日、監督の奥様と息子さんが会場で映画を見ていて、最後に周りの方ににこやかに頭を下げていらっしゃいました^ ^
> とても美しい奥様と好青年ならぬ好少年でしたよ〜〜👍❣️

ありがとうございます。


17493:Re: タイトルなし by うえこと on 2019/05/06 at 11:29:34 (コメント編集)

サーモンさん

はじめまして、サーモンさん^^
コメントをありがとうございます。

亡くなった後、愛する夫と子供の元にやってくるという程度の前情報で鑑賞しましたが、ファンタジーの中に想像よりも深い愛情と覚悟が感じられてジーンとしました。仰るように「亡くなってしまうことがわかっていた」ところからのストーリーですよね。

先の運命を悟りながら、二度も同じ人と恋をしたいと思うだろうか・・・うーん、興味深い問いかけですよ、これは(笑)
そう思えるくらい愛する人がいるということは幸せである反面、即答する(できる、させる)迷いの無さが「怖い」と思いました。年を重ねたからでしょうか(笑)

ちなみに以前テレビで見たのですが、もし生まれ変わったら、今の伴侶とまた夫婦になりたいかというアンケート、YESの回答は夫の方が多かったんです。女性の方が欲張りに出来ているのかもしれませんよね。
ちなみに私は、大声で「ノーウ!!」という理由も見当たりませんが、イエス!と答えるにも至らず、二度は生まれ変わらないと(笑)
野望を聞いていただけますか( ̄ー+ ̄)
次の世で夫とは正反対の人と暮らしてみて、その次の世でどちらがいいか結論を出します、ふふふ。
正反対の夫とは・・・顔がすっごくタイプで見てくれもよくて、付く虫に私はいつもヒヤヒヤしていて、その分我が身だしなみにも手は抜かず(鼻毛出てるよと言われ、出してんだよ!と決して開き直ったりしない)、その心配はしかたないのかなとわせる、甲斐性もそこそこ。

‘Be With You’を観る資格、無いですね
_| ̄|○∠))) バンバン

ジソブさんが相手だったら生まれ変わっていちいち吟味する必要もないんですが、実は夫にすると少々面倒くさいかな、と思うところもあって(何様)、彼(いつから)のためにも週末婚、いや結婚がゴールでなくても全然OKです(何宣言)

失礼いたしました。
こんなアタシですが、これからもよろしくお願いいたします。

17494:Re: おはようございます(^-^) by うえこと on 2019/05/08 at 07:41:16 (コメント編集)

まゆさん

こんにちは^^
内容は既にわかっていても新しい感動があるのでしょうね。
上映時間と日数に幅がもう少しあれば、私ももしかしたら観に行くチャンスがあったのかなと思いますが、映画もスアのように待ったなしで通り過ぎて行きました(^ー^)
今年の梅雨時期は、スアとウジンを思い出しそうです。
そして、雨が降ったらトッケビが悲しんでいるのか、とも思うだろうし、忙しや。

最寄りの映画館の上映は終わったけど、これからの上映を控えて待ち遠しい方がいらっしゃると思えるのも嬉しいですね^^

17580:Re: どんだけのご無沙汰 ・・; by うえこと on 2019/05/26 at 11:28:37 (コメント編集)

17457:非公開(**も)さん

こんにちは^^

こちらこそ。温かいコメントをいつもありがとうございます、恐縮です(^ー^)
見て頂けているだけで勿体無い話だと思うんです。
これからも気楽にお付き合いいただければ(^ー^)♡

ジソブさんを好きになって私もよかったです^^

17610:管理人のみ閲覧できます by on 2019/06/05 at 22:40:01

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17843:Re: ウジンを♡ by うえこと on 2019/08/24 at 04:27:01 (コメント編集)

17610:非公開(*P**)さん

こんにちは^^
劇場でご覧になることが出来て良かったです^^お近くでしたか?
客入りは・・・ま、ま、そんな日もありますね。
上映期間が残っていても、その期間中に再度足を運ぶって意外と叶わなかったりしますよね。気分と時間と体力が伴ってやっと、みたいなね(笑)
長野と沖縄が上映これからですね。
日韓関係がニュースで取りざたされている今、ファンの方以外でも観に行ってくださる方がいると良いのですが・・・

> ウジンのプールでの仕事が水泳コーチになったところやジホが大きくなってウジンと過ごす二人の時間をもう少し見ていたかったなと思っちゃいました。贅沢!
なるほど、後半ももう少し重点を置いても良かったのでは、ってことですね。イケメン父子の日常も覗いてみたかったですね、ふふふ。
仕方ない、水泳教室の上司のシーンを削ろう(笑)(関わる登場人物が日本版より多くてよく、本筋がぼやけなかったですよね。)

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR