FC2ブログ

Be With You~‘いま会い’公開間近

4月に入りました・・・ということは、封切りも近づきました
\( ̄∇ ̄)/イーヤッホー
上映劇場は増えていないですね(涙)
《北海道》 ディノスシネマズ札幌劇場
《東京》 シネマート新宿
《神奈川》 横浜ブルク13
《神奈川》 神奈川川崎チネチッタ
《愛知》 ミッドランドスクエアシネマ
《大阪》 シネマート心斎橋
《京都》 T・ジョイ京都
《兵庫》 神戸国際松竹
《福岡》 T・ジョイ博多

余談ですが、神戸で思い切り道に迷ったおかげで、神戸の劇場、地図見たら行けそうだった(笑)
あ~あそこら辺だ、ってささやかな土地勘が嬉しいわ。(でも、また迷うんだろうな(>ε<))



情報をありがとうございます。
映画‘Be With You~いま、会いにゆきます’公式サイトに、ジソブさんからのメッセージが。

4/5公開『Be With You 〜いま、会いにゆきます』ソ・ジソブから日本のファンへメッセージ!

https://www.youtube.com/watch?v=peRfCvuEzXI&feature=youtu.be
やや(`・ω・´)まゆ毛犬風


公式サイトの中のカテゴリー‘スペシャル’の中にこんなのを見つけました。

少し予習にもなりそうで、ざっと流すように見ましたが、音楽も良さそう。
(60人編成のオーケストラ演奏をチェコ共和国で録音したんでしたものね)
『Be With You ~いま、会いにゆきます』スペシャル・ミュージック予告映像

https://www.youtube.com/watch?v=aHvyPzkiLro

『Be With You ~いま、会いにゆきます』キャラクター紹介映像

https://www.youtube.com/watch?v=8WVseGpnNCs

動画全て、Klockworx VODさま、お借り致します<(_ _)>


それからもうひとつ頂いていた情報

4月7日(日)『Be With You 〜いま、会いにゆきます』
イ・ジャンフン監督・原作者 市川拓司氏 と映画公開記念トークショー付き舞台挨拶 決定!

15616_img_3
4月7日(日) イ・ジャンフン監督がサプライズ来日決定!
原作者・市川拓司氏と映画公開記念トークショー付き舞台挨拶も予定しております!

場所:シネマート新宿
日時:4月7日(日)11:20の回終了後
料金:通常料金(全国共通特別鑑賞券使用可)
※全国共通特別鑑賞券、お持ちのお客様は窓口までお越し下さいませ。オンライン予約は出来ません。
チケット販売:3月31日(日)AM10時より劇場窓口、オンライン予約ページにて

オンライン チケット予約サービス
シネマートHPより

うわぁ、これいいなぁ。行きたかった。

偶然見つけました。
一年前の記事になりますが、‘ウジン’にもオーバーラップするような原作者 市川拓司さん。

『いま、会いにゆきます』を書けたのは、僕が“病的なほどの愛妻家”だったから――市川拓司最新作『私小説』発売
2018年03月29日
ほんのひきだし編集部「新刊展望」担当

『いま、会いにゆきます』『そのときは彼によろしく』『恋愛寫眞』など、純愛小説で数々のベストセラーを生み出してきた市川拓司さん。

3月7日(水)に発売された『私小説』は、愛妻家で発達障害を抱えた恋愛小説家の、およそ30時間のあいだに起きる出来事を赤裸々に描いた作品です。

自身も発達障害であることを公表している市川さん。『私小説』はそんな市川さんが「純愛小説家」たる所以と、「その作品が世界中で愛されている理由」がわかる1冊になっているのだとか。そんな本作について、市川さんに文章を寄せていただきました。
==============================
540
私小説
著者:市川拓司
発売日:2018年03月
発行所:朝日新聞出版
価格:1,404円(税込)
ISBNコード:9784022515407
購入する
==============================

ぼくが純愛小説家であるほんとの理由

『いま、会いにゆきます』が日本で映画化されて14年が経ちました。ここでまた韓国でリメイク版「いま、会いにゆきます」が公開され、「歴代記録を塗り替えるような大ヒットスタート」のニュースが舞い込んできました。また米国、英国、カナダ等を含む世界17ヶ国に先行販売されたという報道も耳にしています。執筆から16年もの月日が流れたいまでもまだ、こんなふうに世界中のひとたちから愛されている小説を、「ぼくはいったいどうやって書いたんだろう?」と我ながら不思議に思わずにはいられません。

『私小説』はその疑問に対する答えになり得るかもしれません。ぼくはなぜ純愛小説家なのか? ぼくが書いた純愛小説は、なぜいまもまだ読み継がれているのか?

ひとつは、ぼくが乱婚型のチンパンジーではなく一夫一婦型のテナガザルのように奥さんを愛しているから(というより、命懸けでなついているから)。

ぼくは奥さん以外の女性を性的な目で見たことがありません。10代の頃からいままでずっと。もし、女性がおもてなしをしてくれるようなお店に行ったら、ストレスのあまり血を吐いて倒れてしまうかもしれない。

またぼくは、「持ち玉は1発」タイプで、カゲロウのように、生涯にただ一度だけ恋をするように出来ています。もし奥さんと別れていたら、「その次」はなかった。15で彼女と知り合い、19で付き合い始めることが出来たのはほんとに運がよかった。

ぼくは他人との肌の触れ合いが苦手です。だから、女性と触れ合いたい、という欲求もなかった。彼女と出会い、じっくりと時間を掛けてふたりの距離を縮めていったからこそ、いまのように構えずに触れ合うことができるようになった(まだ、ぎこちなくなるときがありますが)。じつは彼女も同じようなタイプだったんですね。距離の縮め方が一緒だった。これもまた幸運な出会いでした。

『私小説』の中でこれらのことを語りながら、しみじみ思いました。「ぼくってほんとに偏ってるなあ。こんなやつぁいない……」でも、だからこそ、なんだと思います。とことん偏った人間だからこそ、誰にも描けないような「恋愛小説」を描くことが出来た。ありきたりな、よくある恋愛ストーリーではなく、「ファンタジーレベルの純愛」の話を。

とことん突き詰めれば普遍性を持つようになる。つまりは、そういうことなんだと思います。世界共通言語になりうるような「愛の形」。中途半端じゃ駄目なんです。驚くほどシンプルで混じりっけのない愛し方。それが強烈な求心力になる。

本の帯に、「最後は妻の顔を見つめながら死にたいと思う」とあります。たぶん、多くの「夫たち」がそう思っているはずです。ぼくはただそれを「臆面もなく」口に出して言える、ってだけなのかもしれない。だとすれば、ぼくが一番特殊なのは、「病的なほどの愛妻家であることを公言してちっともはばからない」ってとこなのかもしれません。
541
市川
市川拓司 Takuji Ichikawa
1962年、東京都生まれ。2002年『Separation』でデビュー。03年刊行の『いま、会いにゆきます』はミリオンセラーとなる。他の作品に『そのときは彼によろしく』『恋愛寫眞 もうひとつの物語』『こんなにも優しい、世界の終わりかた』などがある。

記事元=ほんのひきだし
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
17410:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/01 at 08:10:31

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17411:4月ですね٭❀* by まゆ on 2019/04/01 at 10:55:00 (コメント編集)

うえことさん、みなさんおはようございます(^-^)

ここ数日風が強くてちょっと肌寒い福岡です。
雪が降ったところもあったようですね。
みなさん体調崩しませんように。
今日は息子の入社式でして今日から新社会人。
新元号ももうすぐ発表されるし特別な4月のスタートになりました(。ӧ◡ӧ。)

うえことさん
プロフィール写真が(≧∇≦*)
パッと見た時うえことさんのご自身のお写真かと。
拡大して見てしまいました(笑)

金曜日、待ちに待った「いま会い」ついに公開ですね。
すぐに日本公開があるだろうと私たちもジソブさん本人も思っていたに違いない作品でしたがやっとウジンジソブさんに会える日がღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*・゜♡゜・*:.ღ .:*

公開劇場が少なくてとても残念。
都道府県各一箇所でもやってくれるといいのに。
幸い福岡では上映があるので特急電車に乗って行く予定です。楽しみ~(♥ ´3`)⌒➰➰♥♡♥💕

17412:もうすぐ…♡ by 媛POM on 2019/04/01 at 15:16:00 (コメント編集)

うえことさん 皆さん
こんにちは。♪(`・∀・´)ノ

もうすぐですね。

増えたよー
.+゚ヽ(○・v・)ノ.+゚━━うれしいよぉ━━!!
のこちらのお花🌸の開花情報ははまだですね。
( ̄- ̄ 3)
劇場増えてなくて。
(ノд・。) グスン

でも〜まだまだ
マダカナ♪(・ ・。)(。・ ・)マダカナ♪
じっと我慢の子で。
(。→∀←。)

大っきなウジンに会いたいなー
((p(*>ω<*)q))アイタイ~!!!

17413:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/01 at 18:49:49

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17423:管理人のみ閲覧できます by on 2019/04/09 at 08:01:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

17473:Re: 👍 by うえこと on 2019/05/02 at 01:16:29 (コメント編集)

17410:非公開(**ナ)さん

こんにちは^^

速攻バレてしまったようですね((^┰^))ゞ

軽やかに飛行機に乗ってピューンと飛び回っていらっしゃるご様子に、「あら、あちらにも?そちらにも?」とびっくりするやら、以前にもお聞きしたのでフットワークのお変わりなさが嬉しくもあり、驚くことなかったんだと納得するやら<(_ _)>(笑)
‘いま、会いにゆきます’が日本に来てくれてよかったですね^^

17474:Re: 4月ですね٭❀* by うえこと on 2019/05/02 at 01:59:03 (コメント編集)

まゆさん

こんにちは^^

息子さんの新しいスタート、新社会人として船出したおめでたい日になりましたね。

プロフィール写真、拡大してみたら若くてバレたんだな、くっそー。

本当に。
‘Be With You’の上映館がもう少し各地に点在してくれたら、良かったんですけどね。
DVDは発売になるのかな、なりますよね・・・
まゆさんも特急電車で‘いま、会いにゆきます’でしたね^^

17475:Re: もうすぐ…♡ by うえこと on 2019/05/02 at 02:16:16 (コメント編集)

媛POMさん

こんにちは^^

媛POMさんのお住まいの近くにも増えて欲しかったんですけどね・・・

日本で大ヒットした作品の(時間は経っているけど)リメイクなのに宣伝も目にしなくて(泣)だから、ファンでない方が特定の過去作品に目を向けることもなくてよかったという安堵も正直あって、本当にジソブさん、末端ファンにこんな心配をさせないでくださいって感じです^^;

大っきなウジンはもちろんですが、ちっちゃくてもたぶん素敵なウジンでしょうね。

17476:Re: お忘れではありませんか❓ by うえこと on 2019/05/03 at 05:42:11 (コメント編集)

17413:非公開(**み)さん

こんにちは^^

( *^艸^) うふふふ

((^┰^))ゞ てへへへ

待て待て、これも騙したってことじゃないの?

゜゜+。(′∇`)。+゜゜ランララン

(/* ̄3 ̄)/-♡ ちゅっちゅ

(心の声)

17486:Re: おはようございます☀ by うえこと on 2019/05/03 at 18:39:40 (コメント編集)

17423:非公開(*P**)さん

こんにちは^^
原作の市川拓司さんとイ・ジャンフン監督というのもなんだか嬉しい組み合わせ♡
非公開さんが仰るように市川拓司さんは‘Be With You’のHPでもコメントを下さっていましたね。イェジンさんを褒めていらっしゃって(内容は異議なし)、あら?ウリジソブについて感想は?と思いました、私も。
でも、お母様の投影でもあるキャラクターに対する思い入れが違うだろうこともわかって、今となれば頷ける気がします。
以上、私もジソブさんの身内目線(同じくジソブさんの承認なし)で、身内ですから謙虚に受け入れようと思います。

こちらこそ、エネルギー頂いています。
<(_ _)>

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR