FC2ブログ

2018MBC演技大賞【総合】記事

ジソブさんが最後大賞の受賞コメントで“さっき受賞で感想をすべて話してしまって”と言った、最優秀演技賞のコメントが載っています。

[2018MBC演技大賞]“良い俳優より良い人”ソ·ジソプの初大賞(総合)

news

【イム・ヒョンジュ記者/写真キム・チユン記者] ‘2018 MBC演技大賞’大賞の主人公はソ・ジソプある。

MBC‘2018 MBC演技大賞’が12月30日、ソウル上岩MBCで少女時代ソヒョンとキム・ヨンマンの司会で進行された。この日の大賞の主人公はソ・ジソプある。デビュー23年ぶりの初の快挙であった。短く強烈だった過去の受賞所感とは異なり、2018年ソ・ジソプの受賞所感はかなり長く、ずっしりとしていた。

‘私の後ろにテリウス’で大賞と最優秀演技賞を受賞したソ・ジソプは“足りない部分が多かったが、ドラマを愛してくださった視聴者に感謝する。今回の作品をしながら食卓にスプーンを乗せるのではなく、食卓になりたかった。食卓をよく整えてくださった同僚俳優の方々に本当に感謝する。誰よりも、恐れ、恐ろしく大変だったインソンにありがとう。君のお陰のようだ”とし、“これから良い俳優になれるかよく分からず、もっとたくさん学ぶようにする。その前に良い人になるようにする”と伝えた。

news

ドラマ‘私の後ろにテリウス’は大賞以外にも水木ミニシリーズ部門最優秀演技賞、優秀演技賞、助演賞、青少年子役賞、今年の作家賞、視聴者が選んだ今年のドラマ賞まで7つの部門で賞を受け2018年MBC最高のドラマに輝かせた。

一方、連続ドラマ部門で最優秀演技賞を受賞したソ・ユジンとヨン・ジョンフンは、各自の配偶者に感謝を表した。

ソ・ユジンは“朝御飯の仕度して、お弁当も作ってくれ、再び働く私を応援してくれる、夫に感謝している。責任を持って懸命に仕事をする演技者になりたい”と涙を見せた、ヨン・ジョンフンは“家ではいつも私を応援してくれる私の1号ファンであり、私が1号のファンでもある妻と娘にも感謝する。事実来年、私たちが新しい家族を迎えることになった。たくましく健康に生まれて元気に過ごしてほしい”とびっくり告白を伝えた。

news

今回の‘2018 MBC演技大賞’で授賞を細かく分けて、共同受賞で多くの人々に賞を分かち合い、8人の子役俳優たちが候補に挙がったりした。賞の意味が少し大きくなったが、今年苦労した俳優たちに温かい年末を作ってくれ良い思い出をプレゼントした。

以下は、‘2018 MBC演技大賞’受賞者(作)リスト

▶大賞:ソ・ジソプ(私の後ろにテリウス)
▶最優秀演技賞水木ミニシリーズ女:キム・ソナ(赤い月青い太陽)
▶最優秀演技賞水木ミニシリーズ男:ソ・ジソプ(私の後ろにテリウス)
▶最優秀演技賞月火ミニシリーズ女:チョン・ユミ(剣法男女)
▶最優秀演技賞月火ミニシリーズ男:チョン・ジェヨン(剣法男女)、シン・ハギュン(悪い刑事)
▶最優秀演技賞連続ドラマ女:ソ・ユジン(私の愛治癒期)
▶最優秀演技賞連続ドラマ男:ヨン・ジョンフン(私の愛の治癒期)
▶最優秀演技賞週末特別企画女:チェ・シラ(別れが行ってしまった)、イ・ユリ(かくれんぼ)
▶最優秀演技賞週末特別企画男:キム・ガンウ(婿殿オ・ジャクトゥ)
▶優秀演技賞水木ミニシリーズ女:チョン・インソン(私の後ろにテリウス)
▶優秀演技賞水木ミニシリーズ男:チャン·ギヨン(ここに来て抱きしめて )
▶優秀演技賞月火ミニシリーズ女:ムン・ガヨン(偉大な誘惑者)
▶優秀演技賞月火ミニシリーズ男:ウ·ドファン(偉大な誘惑者)
▶優秀演技賞連続ドラマ女:パク・ジュングム(私の愛の治癒期)
▶優秀演技賞連続ドラマ男:イ・ギュハン(金持ちの息子)
▶優秀演技賞週末特別企画女:チョ・ボア(別れが行ってしまった)
▶優秀演技賞週末特別企画男:チョン・サンフン(婿殿オ・ジャクトゥ)
▶視聴者が選んだ今年のドラマ:私の後ろにテリウス
▶黄金演技賞:カン・ブジャ(神との約束)、ホ・ジュノ(ここに来て抱きしめて )
▶今年の作家賞:オ・ジヨン(私の後ろにテリウス)
▶ドラマPDが選んだ今年の演技者:ホ・ジュノ(ここに来て抱きしめて )
▶青少年子役賞:キム・ゴヌ(私の後ろにテリウス)、オク・イェリン(私の後ろにテリウス)、リュ·ハンビ(ここに来て抱きしめて )、シンビ(別れが行ってしまった)、シン・ウンス(バッドパパ)、ワン・ソクヒョン(神の約束)、イ·ナユン(手をぎゅっと握って、沈む夕日を眺めてみよう)、チョ·イェリン(かくれんぼ)
▶賞水木ミニシリーズ:カン・ギヨン(私の後ろにテリウス)
▶賞月火ミニシリーズ:キム・ジェギョン(バッドパパ)
▶賞連続ドラマ:チョン・ノミン(秘密と嘘)
▶賞週末特別企画:チョン・ヘヨン(別れが行ってしまった)
▶男女新人賞:キム・ギョンナム(ここに来て抱きしめて )、イ・ジュンヨウン(別れが行ってしまった)、オ・スンア(秘密と嘘)、イ・ソル(悪い刑事)

bntニュース記事情報提供star@bntnews.co.kr

記事元=bnt NEWS

食卓にスプーンを載せるのではなく食卓になりたかった、というのは、特別ではなく自分もチームのひとりで光ったり陰になったりの働きを同じようにしたいということでしょうか。
スプーンが出てくる例えは以前もありました。
その時は“誰でもがわかるような良いお膳が調っていて、自分はスプーンを持って食べればよいだけのようだ”
スランプ明けの‘主君の太陽’の時でしたね。
この時から、もしかしたら、演じる以外でも役どころを模索していたのかもしれないですね。
チョン・インソンさんのプレッシャーを労うだけでなく、賞をおかげだというジソブさん、そういう大きさがうーん
やっぱり好きだな(笑)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
17046:管理人のみ閲覧できます by on 2018/12/31 at 16:25:00

このコメントは管理人のみ閲覧できます

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR