FC2ブログ

MBC演技大賞 強敵現る

[演技大賞]②MBC、下半期作優勢...イ・ユリVSソ・ジソプVSシン・ハギュン
2018-12-19
(①はKBS、③はSBSの演技大賞についての記事でした)

news
ソ・ジソプ、イ・ユリ、シン・ハギュン(写真=イーデイリーDB)
(三雲孝江アナ? ザ・無駄口)

[イーデイリースターin キム・ユンジ記者]年末の授賞式が1週間後に迫ってきた。授賞式は、一年を振り返る意味深い時間である。何よりも、各放送局の分野別の栄光の大賞に関心が傾く。候補者間で薄氷をなす放送局があれば、明確な候補者がいないところもある。地上波3社の授賞式を事前に垣間見た。<編集者>

上半期MBCは暗転そのものだった。平昌オリンピック中継編成などで5週間のミニシリーズが休止された。以後編成された‘偉大な誘惑者”と‘手をつないで、沈む夕日を眺めよう”が期待に及ばない成績不振の沼に落ちた。‘死生決断ロマンスk4、‘バッドパパ’、‘時間’も惜しい成績を記録した。‘時間”は、男性主人公キム・ジョンヒョンが中途降板するハプニングが起きた。

ミニシリーズの中で、今年のMBC最高視聴率は‘私の後ろにテリウス’(最高10.5%、以下ニールセンコリア全国基準)と‘悪い刑事’で出てきた。 ‘私の後ろにテリウス’のソ・ジソプと‘悪い刑事’のシン・ハギュンの角逐(かくちく:互いに競争すること)を予想することができる。ただし‘悪い刑事’は、12月に開始したうえ、2回目に独自の最高10.6%の視聴率を記録した後、下落に転じ、今後の成績が変数となる。この他にもシーズン2を確定した‘剣法男女’のチョン・ジェヨン、‘ここに来て抱きしめて’の悪役ホ・ジュノなども肯定的な反応を受けた。

今年の週末ドラマの活躍も目を引く。 ‘婿殿オ・ジャクトゥ’のキム・ガンウ(最高13.1%)、‘別れが去った’(最高10.6%)のチェ・シラ、‘かくれんぼ’(最高15.4%)のイ・ユリ。特にイ・ユリは、過去2014年の‘私はチャンボリ’で1回MBC演技大賞を胸に抱いた。当時リアルタイム文字投票で大賞を決定、50%を超える得票で圧倒的な支持を受けた。今回も視聴率と話題性を捉えて‘MBCの娘’という名前の価値を果たしたという反応だ。

大賞は、ドラマPD、視聴者の投票、視聴者委員会、評論家やジャーナリストが一緒に投票や審査を経て選ぶが、‘今年のドラマ’は、100%視聴者の投票で決定される。‘今年のドラマ’と大賞投票は、MBCのホームページで、12月20日から26日までの一週間、投票が行われる予定である。

‘2018 MBC演技大賞’は来る12月30日午後8時45分より放送する。コメディアンキム・ヨンマンと俳優ソヒョンがMCを務める。

記事元=イーデイリー

一応HPと思われるURLを。日本から投票できるかどうかはまだ開設されていないので調べていません。(昨年はダメだったみたい)
2018 MBC 演技大賞 HP

写真のシン・ハギュンさんが、15年後くらいのヨソプに見える・・・あっ。
わかる人にだけわかってもらえれば十分な、微小なたわごとです。

さておき

イ・ユリさん、‘MBCの娘’ですって。
ジソブさん、‘MBCの息子’になれるかな^^


100%視聴者の投票で決定まる‘今年のドラマ’は、もしかして・・・・
そんなには遠い位置にはいないんじゃないでしょうかね( *^艸^)プププ

各分野専門家が選考する‘大賞’は、どうなんだろう、W受賞なんてあるのかしら。(↑頂く気満々)
審査基準が気になることろ^^
純粋に作品の質なのか、視聴率、出演者のバランスみたいなもの、貢献度なども加味されるのかなー。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
16942:管理人のみ閲覧できます by on 2018/12/20 at 16:05:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます

16946:W受賞に期待! by ようこ on 2018/12/20 at 19:26:40 (コメント編集)

うえことさん、みなさん、こんばんは。

まずこのエントリーで気になったのは…15年後のヨソプ(^ ^;)
ここをクリアしないと先に進めない。
もしかしてヨソプくんて
『2018年8月24日ドゥジュン入隊』(2018年8月25日付エントリー)の写真に写っている、ニット帽にメガネの彼ですか?似てる…
シン・ハギュンさん、お年の割(ジソブさんより3才上だそうです)にちょっと可愛いお顔と思いましたが、調べてみたら、映画に多く出演されていてかなりな演技派なのかなと。可愛い顔してなかなかの強敵?

さて、これでやっと本題に移れます。

候補者を見ると、出演作品がテリウス以外はどれもシリアスな感じ。大賞の選考基準が主演俳優の演技そのものに重きを置かれるとしたら、やはりシリアスが有利に見えなくもない。
イ・ユリさんは‘MBCの娘’だそうですけど、すでにMBCで来年1月〜のドラマ出演も決まっているようで、ファミリー臭プンプンしてます。
しか〜し!
ジソブさんは‘MBCの息子’になるどころか‘MBCの救世主’になったのではないですか!‘MBCの娘’であるイ・ユリさんでさえ救えなかったMBCドラマを救ったのは紛れもなくソ・ジソブ。公平性いりませんからMBCトップの鶴の一声で大賞決定していただいても結構です。
いや、やっぱり正しく一位になって欲しい。大賞選考はドラマPD、(謎の)視聴者委員会、評論家やジャーナリストの審査と視聴者の投票で決定されるそうですけど、アジュンマスタイルまで披露して全力で臨んだソ・ジソブにどうか大賞を!
‘今年のドラマ’賞はいける気がするv(^ ^)v

視聴者投票は、残念ながらMBC会員でも国内限定のようで、日本など韓国以外の国からは投票できないようです。(投票できる裏技でもあれば別ですけど)
投票はできませんけど、韓国の視聴者の方のジソブ愛・わたテリ愛を信じて、10日後に舞台上で受賞スピーチをするジソブさんの姿が見られることを願っています。
そして、その時のファッションは、ウケ狙いもやめて、着心地悪くてもごくスタンダードなタキシードでお願いします。ヒゲも絶対に剃らないでくださいね〜。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR