FC2ブログ

MBC演技大賞は誰に

ソ・ジソプ独走、シン・ハギュン・チョン・ジェヨンが阻止するか[MBC演技大賞]
2018. 12.16

news
MBC演技大賞、シン・ハギュン ソ・ジソプ チョン・ジェヨン

[テレビデイリーファンソヨン記者] ‘2018 MBC演技大賞’は俳優ソ・ジソプの独走で終るのだろうか。

‘2018 MBC演技大賞’(以下‘MBC演技大賞’)が30日夕方8時45分に開かれる中で、大賞の栄誉を抱く俳優が誰なのか関心が高まっている。

今年‘MBC演技大賞’は、昨年と同様の基準で大賞受賞者を選定する。2014〜2016年の3年間の演技大賞は100%視聴者投票で当落が分れたが、昨年からはドラマ評論家、MBCプロデューサー陣など専門家の投票をもとに受賞者を選定して公正性と専門性を高めた。

昨年の専門家投票で大賞を受賞した俳優は‘逆賊:民を盗んだ盗賊’のキム・サンジュンである。10%半ばで比較的高い視聴率を記録したうえ、キム・サンジュンの巧妙な演技力が視聴者の好評を受けて異見のない結果が出た。

今年のMBCドラマは、昨年のゼネストの余波で、長い暗黒時代を経た。メディア市場の構造変化にすべての地上波チャンネルが困難を経験したが、MBCは他社に比べて視聴率10%を突破したミニシリーズがわずか二つの作品しかないほど視聴率面で苦戦を強いられた。話題性を先取りした作品も珍しかった。

その中、今年初めて10%の壁を突破した作品は、‘私の後ろにテリウス’だった。作品の主軸になったソ・ジソプが自然と有力な大賞候補に挙げられている。ソ・ジソプは劇中ブラック要員出身キム・ボン役演じ熱演した。自分を逃亡者の境遇にした犯罪組織の糸口を追っていた時、向かいの家の双子のママのコ・エリン(チョン・インソン)と絡んで諜報ロマンスを繰り広げた。映画を彷彿とさせる強烈なアクションシーンから子供たちと一緒にいる日常の中コミカルな演技まで立体的に人物を描き出して視聴者たちの心を捕らえた。

上半期には‘剣法男女’が最も高い成績を出して視聴者たちの好評を得た。特に主演チョン・ジェヨンの活躍が目立った。‘剣法男女’は、被害者を解剖する変わり者法医学者と加害者を捜査するルーキー検事の特別な協力を描いた作品で、チョン・ジェヨンは法医学者ペク・ボム役を担ってシニカルなオタクの姿を繊細に描き出した。最高視聴率9.6%で、‘私の後ろにテリウス’に比べると、やや低調な成績だが、熱い反応に支えられて、来シーズン、2の製作が確定されるほど、視聴者の大きな愛を受けた作品なので、推移を見守るに値する。

放送二日で‘私の後ろにテリウス’の視聴率を超えた新作、‘悪い刑事’は、今回の‘MBC演技大賞’の変化要因になる見通しだ。最高視聴率10.6%を記録し、視聴率と話題性の両方を掴んだ。英国ドラマBBC‘ルター’を原作にした速い展開に主人公シン・ハギュンの強烈な演技が視聴者たちをひきつけている。しかし、今月3日初放送を始めたから、候補資格を備えることができるかがカギだ。最終候補を調整している状況で、シン・ハギュンが対象候補に名前を上げることができるか成り行きが注目される。

[ティブイデイリーファン・ソヨン記者news@tvdaily.co.kr/写真提供= MBC]

記事元=TV Daily

知りませんでした①
100%視聴者投票だった時もあるんですね^^;他局はどうなんだろう。
知りませんでした②
“わたテリ”が終わって、すぐ視聴率10%超えの作品が出ていたんですね^^;観ていないけど、出演がシン・ハギュンさんと聞けば頷ける気がしました。

専門家分野の方が審査して、ジソブさんが選ばれると嬉しいけど、受賞しなくても 晦日一緒に過ごせるだけでシアワセです。
(ちょっとマイウェイ走りはじめましたか)
フォーマルで年齢に似合ったファッションなので余計にドキドキするんですよねぇ。


追記
教えてくださってありがとうございます。
×大晦日→ 晦日
30日でしたね((^┰^))ゞ
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR