FC2ブログ

来年ファンミはアジアツアーの可能性

日本以外の開催国、検討中だそうです。

‘テリウス’終えたソ・ジソプ、アジア★の熱い仕事ing[SSスター]
2018-12-13
news

[スポーツソウル チェ・ジンシル記者]俳優ソ・ジソブのファン愛が輝く熱い仕事は続く。

ソ・ジソプは最近放映を終了したMBCドラマ‘私の後ろにテリウス’を通じて成功し茶の間復帰を終えた。 KBS‘オーマイビーナス’以来、約2年ぶりにドラマにカムバックしたソ・ジソプは、自分の名声を再立証した。 ‘私の後ろにテリウス’では伝説のブラック要員キム・ボン役を演じ、カリスマあふれる姿から双子‘ジュンジュン兄妹’と予想外のケミまで披露し、自分の魅力を改めて確認させることができた。特に最近、地上波ミニシリーズの視聴率不振の中で二桁の視聴率を記録して同時間帯視聴率1位を守り、重要な成果を加えた。このような活躍を見せたソ・ジソプは今年MBC演技大賞の大賞の有力候補としても慎重に議論されている。そのためソ・ジソプの動きにも自然に多くの関心が集まっている。

今年映画‘いま、会いにゆきます’(イ・ジャンフン監督)をはじめとしてtvN‘森の小さな家’、‘私の後ろにテリウス’までお茶の間からスクリーン、そしてバラエティーを行き来し活躍したソ・ジソプは、ドラマ放映終了後の休憩と次期作を検討中である。久しぶりに訪れた休憩中にもソ・ジソプは、アジアのファンとの出会いを持ち、合間に熱い仕事を続けている。

ソ・ジソプは、長い間、アジアの国で堅固な人気を謳歌している代表的韓流スターだ。SBSドラマ‘ガラスの靴’は、ベトナムで200万人以上が視聴するほど高い人気を享受し、日本でもKBS2ドラマ‘ごめん、愛してる’以降、韓流ファンの支持を受けた。特に着実にアジアファンミーティングツアーなどアジアファンとの出会いを続けていくことが、時間が経っても相変わらずの人気の秘訣の一つに挙げられている。

news
台湾のファンと会った俳優ソ・ジソプ。写真|51k提供

先月‘私の後ろにテリウス’放映終了直後には、2泊3日の日程で、台湾台北を訪れプロモーションイベントに参加し、観客との出会い、地元メディアのインタビューなどを行うなど、多くの関心を立証した。加えて、来年初めには日本のファンミーティング日程を確定し、日本のファンとの出会いを続けていく。

ソ・ジソプ側の関係者は“2月20〜21日に東京でファンミーティングを行い、23日には神戸でファンミーティングを行う予定”とし“他のファンミーティング開催国についても、現在協議中”と伝えた。続いて“ソ・ジソプは来年初め、アジアツアーを問題なくうまくできるように準備中である”と付け加えた。

このようにソ・ジソプは休憩中にも各国のファンとの特別な時間を準備している。これに対して関係者は“日本のファンはスターに対する忠誠度が高い。ソ・ジソプは着実に日本のファンとの時間を持ち、ファンの支持にさらに強さを与えている。以前に比べて韓流俳優の人気がそれほどでもない日本だが、まだソ・ジソプのファンは強固さを見せている”と述べた。

ソ・ジソプのアジア人気は‘私の後ろにテリウス’の輸出結果としても立証された。‘私の後ろにテリウス’は、日本、台湾、アメリカなどに今年輸出された韓国ドラマの中で最も高い価格で輸出された。中国の韓流禁止令など危機の中でも相変わらずソ・ジソプのパワーを証明することができた。
記事元=スポーツソウル

訳の危うさは否めないのですが・・・
終盤の関係者のコメントが少し気になりました(>_<)
“日本のファンはスターに対する忠誠度が高い。ソ・ジソプは着実に日本のファンとの時間を持ち、ファンの支持にさらに強さを与えている。以前に比べて韓流俳優の人気がそれほどでもない日本だが、まだソ・ジソプのファンは強固さを見せている”

そこを褒める記事じゃないから当たり前だけど(笑)忠誠心、誉められている気がしない

何度も読んで、反芻しました。(牛(ソ)さんのファンだけに( *^艸^)プッ)

今年の俳優21年目ファンミは感謝の意味も含めて日本だけに設定されたのかもしれない。
スターと接点が増えると、忘れられなくなるということは当然あると思う。
だけど、ジソブさんファンが特別なんだろうか。
どこ調べだい?(笑)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR