FC2ブログ

ドラマ出演料についての記事

昨日に引き続き、お金に絡むお話・・・まったく無粋でごめんなすって。

一回当たり出演料1億ウォンの男たち
[日刊スポーツ] 2018.12.05

news

今年放送されたり、撮影中のドラマに出演する俳優たちの中で最も高い年棒は誰だろうか。

芸能界多数の関係者によると、ドラマ一回当たり1億ウォン以上の出演料を受け取った人は、イ・ビョンホン・チャン・ドンゴン・ソ・ジソブ・ヒョンビン・ソン・ジュンギ・イ·スンギ・イ・ジョンソクであることが判明した。この中でも、ソン・ジュンギ・イ・ジョンソクが最も高い出演料を受け取っていることが分かった。

イ・ビョンホン・ソ・ジソプ・ヒョンビンは‘ミスターサンシャイン’ ‘私の後ろにテリウス’‘アルハンブラ宮殿の秘密’に出演し、高い出演料を受け取った。特に彼らは非地上波初出演と低迷した地上波の視聴率上昇に寄与して1億ウォンという高い出演料が決して無駄ではなかったことを立証した。イ・ビョンホンは‘ミスターサンシャイン’で最高視聴率18.1%を記録、ソ・ジソプはMBC演技大賞有力な対象候補者として見られている。ヒョンビンもわずか2回だけで7%の視聴率を越して好き嫌いが分かれる素材にも関わらず視聴者を引き寄せた。

来年5月放送予定の‘アスダル年代記’撮影中のソン・ジュンギ・チャン・ドンゴンも出演料1億ウォンをはるかに越えた。ソン・ジュンギは、業界最高の待遇を受けたことが確認された。 ‘太陽の末裔’の後の復帰作に集中した視線が相当したからである。すでに前作から出演料1億ウォンを超えたイ・ジョンソクも‘ロマンスは別冊付録’に、‘バガボンド’撮影中のイ・スンギも一回当たり1億台半ばの出演料を受け取る。

彼らは皆、信じられる演技と名声、韓流の影響まで加わって一回当たり1億ウォン以上の出演料をもらった。イ・ビョンホンが出演した‘ミスターサンシャイン’は、ネットフリックスで同時公開されたし、ソ・ジソプの韓流への影響力も‘私の後ろにテリウス’を日本・台湾・米国に高い値で販売させた。

あるドラマ製作会社の企画PDは“俳優に数千万ウォンの出演料を払っても、海外に高く売ることができるのであれば、当然製作会社は果敢に支払う方を選ぶ”と説明した。また、間接広告も無視できない市場価値である。この俳優に広告がどれだけ付くかが年棒をより引き上げる要因となる。

記事元=日刊スポーツ

学生役で一度作品を観たことがあるイ・ジョンソクさん、名前が挙がっている中では一段とお若い印象がしましてお調べいたしましたところ、29歳。
すごいなぁ。

1億ウォンדわたテリ”16回・・・フムフム。

最後まで無粋で申し訳ありません。


昨日のビル投資の記事に関して、メディアの記者の方が経済紙に載る不動産記事に対して、もうやめないか、的な記事も今朝(昨日は見なかったと思うので)上がってきていました。
遅くなってもエントリーにします。

うえこと、整形外科の日。行ってきます。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR