FC2ブログ

視聴終了:九尾狐伝~愛と哀しみの母~

独断と偏見入りざっくり感想。。。

***************************
主な出演
ハン・ウンジョンさん (九尾狐(クミホ)、クサンテク)
キム・ユジョンちゃん (クサンテクの娘ヨニ)
チャン・ヒョンソンさん (ユン・ドゥス)
ソ・シネちゃん (ユン・ドゥスの娘ユン・チョオク)
***************************
dorama
迫力の4人。

全16話

山で九尾狐を見てしまった男。
(チャン・ウンピョさん)
dorama
九尾狐から殺されかけるが、見たことを誰にも言わないことを条件に
命を取り留める。

その後、男は九尾狐が人間の姿になった美しいクサンテクと出会い
結婚、ヨニという娘をもうけ幸せに暮らしていた。

九尾狐は10年真面目な人間と暮らせば人間になれる。

その10年目が明日、という前日の夜、男はクサンテクにかつて九尾狐に
出会った話をしてしまう。(んー、よりによって(>_<)・・・)

クサンテクは、人里を離れ生活することを決心し、母の本当の姿も、
自分自身も半分人間半分狐、10歳になったら狐の姿になるということも、
まだ何も知らず追いかけてきたヨニとともに住屋を出て山に向かう。

ここからが、この親子の苦難と危険の始まりです。

家に間借りをさせてくれるまでに親切な両班(ヤンバン)のユン・ドゥス
に出会うのですが、ユンには娘チョオクのためにヨニが必要だった。

娘の病気を占い師に見てもらったところ、「同じ生年月日に生まれた
同い年の子どもを生け贄にすれば病気が治る」。
その同じ年の子どもがヨニだったのです。

それを知ったユンの夫人も一緒になって、ヨニを執拗に狙います。


時代もの、特撮もの、でありながらどちらにも属さないような、違った
感覚のするドラマでした。

グロテスクなシーンもありますが、怖くも気持ち悪くもなく、タイトルに
あるように、九尾狐の人間以上の母親としての深い愛情の方が印象に残る
親子愛のドラマだと思いました。

最後はどうなるんだろう、と最終回まで先が予想できなかったけど
結末も良かったと思います。

そして、狐に変身するシーンなど、撮影の様子がとても気になる
ドラマでした。


クサンテクとヨニが狐に姿を変える様子。
怒りや危険、敵に立ち向かう時、膨大な力を発散したい時に
目が光り、牙が・・・
dorama
九尾狐は尻尾が生え、やがて最後はこんな姿に。
dorama


ドラマと関係ない話。
九尾狐役のハン・ウンジョンさん、「大韓民国の弁護士」や「フルハウス」、
「シンデレラマン」など、ちょくちょく見かける女優さんですが、
最初の頃は、 ハ・ジウォンさん(「茶母(タモ)」「ファン・ジニ」など)
dprama
と混同していました。名前も心なしか似てる・・・ような^^;
もう、今はちゃんと区別できます (>ε<)プッ

今まで見たドラマでは、好きな人を主演女優に取られ報われない、とか、
限りなく主役に近い脇役みたいなことが多かったけど、今回は堂々の主役。
美しい妖怪という設定もあってか似合っていたし、子供を思う母親役も
とても良かったです。

あと、また内容に関係ないこと^^;
dorama
「おっ!弟よ」

「乾パン先生とこんぺいとう」のテイン(コン・ユさん)の異母弟
ソ・ジュニョンさんも出ていました。
本当の姿を知った後からもクサンテクに想いを寄せます。エゴの塊の人間
が多く登場する中で、数少ない純粋で優しい青年でした。


(追記:画像は画像サイト、動画の一場面からお借りしました。)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR