FC2ブログ

21-22話、23-24話視聴率のお話

今週放送の水曜、木曜分まとめてのお話。

首都圏基準の数値は全国基準よりも高いのだけど、年齢層広く支持されたい思いがあって全国基準の記事を気にしています。


10月31日(水)21-22話視聴率記事

[NC視聴率】‘私の後ろにテリウス’ソ・ジソブ、チョン・インソン守ろうとして炎に消えるか…‘衝撃’
2018/11/01

news
▲‘私の後ろにテリウス’の視聴率が所定の位置を維持した。©写真= MBC‘私の後ろにテリウス’キャプチャ

[ニュースカルチャー イ·ソユン インターン記者] ‘私の後ろにテリウス’が水木ドラマ1位の座を守った。

1日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、31日に放送されたMBC水木ドラマ‘私の後ろにテリウス’(演出パク・サンフンパク・サンウ/脚本オ・ジヨン)は、全国世帯基準7.9%、9.7%を記録した。これは去る放送分が記録した7.9%、9.7%を維持した数値だ。瞬間最高視聴率は11.5%を記録した。

この日の放送でキム・ボン(ソ・ジソプ)は、自分を隠した罪でNISに捕えられたコ・エリン(チョン・インソン)を救うために直接姿を現した。まさにクォン·ヨンシル(ソ・イスク)の目を欺いてNISに逮捕された後、脱出を敢行することにしたもの。

いわゆる護送車爆破作戦(DEATH Protocol)は、約束された地点に到着すると、車両の床を開きマンホールに抜け出すだけのものだった。しかし、車両が約束地点まで到達どころか途中で止まってしまう突発状況が発生した。要員たちは、マンホールもない地点でキム・ボンを置いていち早く車から降りた瞬間キム・ボンが乗っ護送車が爆破した。

炎と煙に包まれた護送車はキム・ボンの死を暗示しており、よりない衝撃と恐怖を与えた。果たしてキム・ボンは護送車と一緒に灰になってしまったのか成り行きが注目される。

記事元=NewsCulture



11月1日(木) 23-24話 視聴率記事

[ビーズ視聴率]‘私の後ろにテリウス’、また自己最高更新...10.3%
2018-11-02
[ビーズエンターイ・ジュヒ記者]
news
(写真=MBC)

‘私の後ろにテリウス’が再び自己最高視聴率を記録した。

2日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、1日午後放送されたMBC水木ドラマ‘私の後ろにテリウス’は、全国世帯基準1部8.5%、2部10.3%を記録した。

これは前回放送分が記録した1部7.9%、第2部9.7%より小幅上昇した数値であり、過去24日に記録した自己最高記録10.0%を超えた記録であり、同時間帯1位だ。

この日の放送では、キム・ボン(ソ・ジソプ)が故郷に帰ったコ・エリン(チョン・インソン)の前に、奇跡的に現れる様子が描かれた。また、放送最後にシム・ウナ(キム・ヨジン)の家で、USBの秘密が公開されて視聴者たちを驚かせた。

一方、同時間帯に放送されたSBS‘胸部外科’は1部7.6%、第2部8.4%、KBS2‘死んでもいい’は1.7%を示した。

記事元=BIZENTER


水曜の生化学テロが仕掛けられた結末の解明もだけど、木曜の護送車爆発も薄々ボンちゃんの身の安全は想像できるけれども、護送車の方がうえことも気になったよ。

今回と言うわけでなく、正直そこまで?と思う誉め誉め記事もあって、その内容からすると視聴率の伸びは比例してないじゃん、と思うんですが(“わたテリ”のライバルは“わたテリ”ですから、うえこと的には)、コメディとサスペンス要素が共存するドラマの難しさでもあると思えて来ました。
Σ(; ̄ロ ̄)「あっ・・・」と思っても、どうせ大丈夫だろうという安心感がどうしてもあるのでね。
救出、脱出の方法でなるほどと思わせてくれない限りは、コメディ寄りの通過点のエピソードになってしまうのかな、と。

これを書きながら今ふと思ったんですが、護送車のボンちゃんを助けたのはもしかしてもしかして、こわいおばちゃんじゃなかろうかと。
それはない?(笑)

そうそう、エリンのボンちゃんを失った切なさ以上に、生還し現れたボンちゃんに抱き付いたジヨンを見るドウにキューンときました。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
16758:長くなってしまいました。度々失礼します。 by ゆりこ on 2018/11/02 at 15:57:08 (コメント編集)

すごく色んなことがあれこれ詰め込まれた4回でしたね👀


ラドウの切ない目線、確かにキュンとしました。彼は表情のレパートリーがまだ乏しい気はしますが、魅力がありますね。

個人的には、ジヨンがボンに手錠をかけるシーンのボンの微笑みが切なかったです😢ジヨンからしたらボンのことは嫌いになれたら楽だろうに、あんな優しく微笑まれたら辛いでしょう…

このドラマ、
ラドウ→ジヨン→ボン→エリンって皆、割と好きな人に対して分かりやすい態度を取っていますが、それぞれ相手を振り向かせようとするよりは相手の気持ちを尊重して見守るような愛情で、
それが美しくもあり、切なくもあるなぁと感じます😢
(しかしボンちゃんは命を助けられた後からか、躊躇いもなくエリンに愛情をしめすようになりましたね。不器用そうなのに中々やるなぁと思います😅)


それにしてもストーリーについてはツッコミどころ満載ですが、なんだかんだでハマってしまっています😅
今週は、車の爆発で「ボンが死んだ!」って断定してましたが、車の中に遺体があるかどうかは確認しなかったの?って所がかなり気になりましたが、w それでもエリンがボンを思い出しながら静かに泣くシーンではちょっともらい泣きしたりもしました。友人(より少し好意が強い相手なんでしょうか)を亡くした時の気持ちにはなんとなく共感するものもあったりし…


ところで、頭を撃たれたソンミの事実婚相手、もしかして未だ生きてましたか…?
あまり見慣れない俳優さんで自信ないのですが、くるみコロコロしてたボスの部屋に入ってきた男性と同一人物のように見えて🤔


あと、エリンに浜辺にコーヒーを持ってきてって言った学生さんは、たぶん主君の太陽で緑のバラを育ててた男の子ですね👦

16759:いよいよ大詰め by ようこ on 2018/11/02 at 20:53:49 (コメント編集)

うえことさん、みなさん、こんばんは。

黒幕のお顔も出ましたし、わたテリもいよいよ大詰めに入ってきました。

<ラブライン増えてきて>
ここに来てラブコメの”ラブ”部分が一気に加速してきましたけど
私としては、牛乳宅配バッグのやり取り的な心のつながりで最後まで行って欲しかった〜。
エリンもボンちゃんの密かなアピールにずっと鈍感だったのに、いきなり意識し始めちゃって...展開早すぎます。
エリンの家族も、ボンちゃんウェルカム状態ですっかり馴染んじゃって、
数ヶ月前に家族を亡くした一家とはとても思えません。

<コメディとサスペンス要素が共存するドラマ>
>Σ(; ̄ロ ̄)「あっ・・・」と思っても、どうせ大丈夫だろうという安心感がどうしてもあるのでね。
>救出、脱出の方法でなるほどと思わせてくれない限りは、コメディ寄りの通過点のエピソードになってしまうのかな、と。
そうなんですよね。予告でも何ごともなかったかのように次のエピソードを紹介しているし、
「この先どうなる?」より「どうやって解決する?」に期待をしているのですが...。
時限装置解除は良かったですよ。シナリオどうこうより、ボンちゃんの
メガネ型のカメラつけた姿と「ラ・ドウ!」と叫ぶ声に♡を掴まれましたから!

<ボンちゃん7変化>
ボンちゃんの仮装がますます話題になってきて、今回はとうとうアジュンマファッションに。
レオンは良かったと思うんですよ。あれはパロディセンスを感じました。
でも、今回は...???
海女の格好をしてあわび採りを手伝ってみたら、実はもぐりの達人だった!
みたいな展開ならまだ良かった気がします。

<23,24回のイチ押し!>
話題になっているのはボンとエリンの海辺の再会シーンばかりですけど、
私の中での一番はジヨンとボンの再会です。
ボンが生きていたことを知った時の驚きは、エリンとジヨンでは桁違いのはず。
画面で見ても、ジヨンの涙の演技に胸が熱くなりました。
ボンちゃんに抱きついたジヨンを見るラドウの切ない表情もとても良かった。
ラドウ...本当にかっこよくなっているし、ちょっと不器用さが感じられる演技もいい。

わたテリも残すところあと2週。
32回もある!と思っていましたけど、あっと言う間ですね。
視聴率は安定してますけど、このところの展開は私としては少し微妙だと思っていて
「わたテリ見て良かった!」と思わせる最高の展開で幕を下ろしてもらいたい
そう願っているところです。

ゆりこさんへ
ソンミの事実婚相手はお亡くなりになっていますね。
クルミくるくるおじさんの秘書は別人でした。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR