FC2ブログ

‘いま、会い’コ・チャンソク、親友ケミ発散!

ソ・ジソプが推薦したコ・チャンソク、映画‘いま、会いにゆきます’で親友ケミ発散!
2018.03.09
news
▲写真:ソ・ジソプXコ・チャンソク親しいケミ/映画「今会いに行きます」スチールカット


ソ・ジソプXソン・イェジンの初めての恋人役共演で話題を集めた映画<今会いに行きます>(イ・ジャンフン監督)がソ・ジソブとコ・チャンソクの親しいケミで愉快な楽しみを加える予定である。

<いま、会いにゆきます>は、この世を去った「スア」(ソン・イェジン)が記憶を失ったまま「ウジン」(ソ・ジソプ)の前に現れることから始まる話を描いた映画だ。

<映画は映画だ>に続き<いま、会いにゆきます>で二度めになる共演を果たすソ・ジソプとコ・チャンソクがかけがえのない生涯の友人「ウジン」と「ホング」役を演じ意外の同い年の友人ケミを発散して劇に活気を吹き入れる。

まず、高校生の頃から「スア」に片思いしてきた「ウジン」役を引き受けたソ・ジソプは「スア」に向けた自分の心をしっかりと表現出来ない不器用な姿で純粋な魅力を見せてくれる。言葉さえまともに掛けられない「ウジン」に歯痒い思いをする友達「ホング」役は、代替不可能な存在感のコ・チャンソクが引き受け「ウジン」と「スア」を結び付けるために粗雑なアドバイスをする姿に笑いを誘って、二人の愛に決定的な支援を与える恋愛コーチの姿で力強い魅力を伝えている。

また、歳月が流れて「スア」を送った」ウジン」と息子「ジホ」のそばで変わらない援軍になってくれる「ホング」は「スア」の空席を満たしてくれる家族のような友人の姿で適材適所心地よい笑いを引き起こす。表面上はどうのこうのバタつくが目つきだけで「ウジン」の心がわかる「ホング」の固い友情と「ホング」を信じて頼る「ウジン」の深い信頼は<今会いに行きます>の見逃せない観覧ポイントで観客を虜にするだろうと期待される。

一方、この世を去った後、再び戻ってきた妻との出会いという新鮮な設定にソ・ジソプ、ソン・イェジンの感性ケミを加え映画界をしっとりと満たしてくれる映画<いま、会いにゆきます>は、来る3月14日ホワイトデーに公開される。
記事元=THE STAR

大丈夫、大丈夫。ファントムのチェ・ダニエルさんとより‘同級生’に違和感ない(笑)
あ、ダニエルさんとも、ファンにだけ与えられる気合いという魔法で全く違和感なく観ましたけれどもね。

近年、ジソブさん自身作品選びに関して絞っているジャンルがあるドラマ、その時々で選ぶ映画、と違いがありますが、そういった意味でも、色んなキャラクターが見られるのでドラマよりも映画が俄然楽しみなんです。

‘いま、会い’でどんな‘ウジン’に出会えるのか、このお友達、太り過ぎたフジモンとの関係も鑑賞の楽しみのひとつになりそうです。

ちょいちょいカメオ出演ネタ、挟むニダ。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
15211:いいですねぇ^ - ^ by まゆ on 2018/03/11 at 06:52:35 (コメント編集)

おはようございます^ - ^
息子の野球⚾️の試合で5時起きです。

太り過ぎたフジモン。笑う(^∇^)
チャンソクさん、いいですね。
ほんとジソブさんの同級生、違和感なく。
パン屋のおじさんがよく似合ってる。

うえことさんの初恋さんが主演した「新感染」に出演してたドンソクさんも恰幅が良くて存在感ありましたよね。
力づくで新幹線のドアを閉めていたシーン、あの太い腕にカッコいいとも思いましたもん。

ヒョジンさんはどんな役柄を演じるのでしょうか。
日本版「いま、会い」見たことあるのだけどヒョジンさんがやるような登場人物いたかなぁ?と思いました。
こちらも原作にはないキャラクターなのかもしれないですね。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR