CINE21②

<いま、会いにゆきます>ソ・ジソプ - 初恋のように
2018-03-06
CINE21

ソ・ジソプとの「好みトーク」は、少しずつ予想を外れた。会社の人と一緒に芸術映画を輸入している、彼が一番好きな映画は<50回目のファーストキス>。最初は面白い映画だと思いましたが振り返ってみると悲しく、また見ると、中にドラマがあって、時々取り出してみる。VHSが普遍的だった時代には、<ナインハーフ>のミッキー・ロークに憧れて、彼の出演作をすべて集め、盛んに推理小説を好むときは、精神のハクチョク(片方)だけ読んでホテルに移っていたという。だから、彼がたまに軽いロマンスドラマに出演したり<軍艦島>が終わるやいなや韓国映画界では種が滅びたメロー映画<今会いに行きます>を選んだのがそれほど意外なことではないだろう。

- 同名の原作の日本映画<いま、会いにゆきます>(2004)の巧がそうであったように、ウジンは万事に粗雑で、健康ではない、他の人が手助けしなければならない男だ。ソ・ジソプという俳優が、従来持っているイメージとはちょっと違う。

=特別に病気である設定に合わせて身体を作らなかった。自分自身に余裕がある状態で演技をする方が観る観客も楽そうだと思った。また、人々はそう感じないだろうが、私は私を知っている。撮影しながら、むしろウジンと私は似ている部分が多いと考えた。

- 製作発表会で言った、 “私はスア(ソン・イェジン)とジホ(キムジファン)が一番素晴らしいゴールを入れられるように素晴らしいパスをする人で、私がゴールを入れようとするといけない”という気持ちで演技をした。感情屈曲がかなりあって演技的に欲張ることができるキャラクターだったが助力者の役割をしなければと思った理由は何なのか。

=映画を最後まで観た後、観客に強く残るキャラクターは母と息子の関係だと思った。もしウジンが何かを狙ってした場合は、映画の感じがたくさん変わるようだった。後ろからスアとジホの感情線がつながるように支えられれば、結果的にウジンにもその影響が来るだろうし。

- お父さん役の演技は初めてだ。お父さんになるために必要なことは何であるか。

=子供が息子であれば、体力がなければならない。(笑)子役俳優と会うやいなや「パパと呼んで」と言って近づいたが、体に何かをするのが好きだったよ。特に足首つかんでやると喜び、後はとても大変だった。(笑)そのようにスキンシップを頻繁にするとちょっと大変ではあったが、気持ちも良く演技にも役立つ。子供が私に近寄ってくるのも自然で、私が子供に触れることも自然で、自然の子供の父親のように見えるのだ。

- 劇中32歳だが、死んだ妻が記憶を失った状態に戻った後は、まるで淡い初恋をするように演技しなければならなかった。これまでのフィルモグラフィーでこのように初恋の感性を盛り込んだ穏やかな恋愛ものはなかったようだ。

=手を握って初めてのデートをして、最初のキスをする場面を撮るのに、昔の事も思い出して、実際のウジンのようにドキドキした。初恋が高1の時だった。その時は手を一度握るのもとても悩んでじらした。(笑)そのように初恋に対しやり方がウジンのキャラクターと似ていて共感しながら撮った。

- 個人的に中年に入った韓国人の俳優たちは、いわゆる「男の映画」を好むという印象を受ける。しかし、あなたのフィルモグラフィーを見ると、意外な選択をした場合も多かった。 <主君の太陽」(2013)、<オーマイヴィーナス>(2015)などの軽いロマンスドラマに出演して、<いま、会いにゆきます>のような恋愛映画も撮る。

=どうしても映画の場合、重複したキャラクターは、続けてしない傾向があり、いくつかの強い作品の後にはメローをするというやり方で作品を選ぶようだ。ドラマは見る人が楽しく愉快に見ることができる作品を好む。事実、海外では、映画よりドラマが波及力が大きい。私のためにすることもありますが、後輩たちが続けてずっといくためには、認知度のある先輩俳優たちがドラマを着実にして韓国ドラマを知らせなければならない。そんな良い影響を与えながら、その道が続いたらと思うのだ。

- 芸術映画の輸入の仕事を並行しているなど、俳優のほか、好きなことを地道にしている。

=一緒に働く人にスプーンだけのせたんだ。その方たちが良い作品を持っていると、その中から私が興味のあるものを選択する。事実、これは単にお金があって趣味としていることは絶対にない。お金を得なければならない。それでこそ、次のステップに進むことができ、より良い映画をもたらすことができる。事実、機会があれば、会社の方々と海外フィルムマーケットにも行ってみたい。今までは、その期間に日程が重なったりしたが、マーケットから直接映画を見て選ぶことができればよさそうだ。

記事元=CINE21

===============
のハクチョクの意味がどうしてもわかりません。分かる方、ぜひ教えてください<(_ _)>
少し前のセンテンスから書きますね。
정신의 학쪽만 읽다가 ・・・
相変わらず拙い訳なので、他の部分の御指摘も心からお待ちしています


おー、ありがとうございます!
학쪽
한쪽では?ということですね!

===============

ウジンは健康ではないんですね・・・

パパと呼んでと近づいたジソブさん(笑)子役の男の子と戯れるジソブさん、この場面はオフショットも見たいなぁ。

初恋の彼女を、結果じらすことになったのね(-_-;)





いいんだけど、やっぱりしゃくれてましぇんか?

イェジンさんのインタビューがこの後あるんですが、後日(ざっと内容見てからどうするか決めます^^)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
15206:こんばんは^ - ^ by まゆ on 2018/03/09 at 21:30:55 (コメント編集)

みなさん、こんばんは^ - ^
今日は福岡かなり冷えました。
うえことさんの梅の花の写真に春を感じていたのにちょっと後退りしたような‥。

うえことさん
和訳して下さりありがとうございます^ - ^
びっくりしました!読んでる限りかなり原作に忠実なようです。
獅童くん演じた巧くん。
なんか世話をやきたくなる人物だったんです。
ジソブさんがその役をやる事になった時にどんな風になるんだろうと思ったんです。
ウジンジソブさんにも母性本能をくすぐられるんでしょうかね(//∇//)

話変わりますがジソブさんのファッション、あれって韓国で流行ってるのでしょうか?
なが〜い丈の服。ダボつき気味なパンツ。微妙(^-^;

15207:管理人のみ閲覧できます by on 2018/03/10 at 02:29:25

このコメントは管理人のみ閲覧できます

15208:管理人のみ閲覧できます by on 2018/03/10 at 10:35:35

このコメントは管理人のみ閲覧できます

15209:いつもありがとうです by まー on 2018/03/10 at 18:01:47

アンニョン
パッチムの間違いでは。
ㄱではなくてㄴで…
そーすると
精神の片方だけ読んで…と訳されます。

いつも読み逃げしてます
コメントしてみました。

15210:いつもありがとうございます by ようこ on 2018/03/10 at 20:37:36 (コメント編集)

うえことさん、こんばんは。

自動翻訳では???という部分が多いので、訳していただいてとても助かりました。ありがとうございます。

「いま会い(韓国版)」の情報が増えるにつれ、日本版の予備知識は捨てて新たな映画として観た方がいいのでは?と思うようになりました。
父親の演技は期待大なのですが、スタジャン姿や、電話ボックスから走り出てくるシーンには一抹の不安が…映画を見始めたら気にならなくなることを願っています。

記事の写真は、確かに若干しゃくれているような。というか、顔が長くなってきてませんか?髪型のせいでしょうか。
このところのゆるい系ファッションもどうなんでしょう。

映画の日本公開も早く!と思っていましたが、少し先延ばしにしていただいてもいいかも。
髪が伸びてテリウス✨になってから、HugoBossでビシッと決めた姿での舞台挨拶を期待する今日この頃です。

ジソブさんを大好きな気持ちに変わりはありませんが、最近のビジュアルのお陰でジソロスは急激におさまってきました(笑)
※あくまでも私の個人的好みです💦御容赦下さい🙇‍

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR