FC2ブログ

響く

俳優の大杉漣さんが急逝されたニュースはとてもびっくりしました。

バラエティーでの気さくな感じと優しいお父さん役のイメージが強いけど、北野映画の常連だったそうで、言われてみると、怖いおじさんの役も似合っただろうなと思う・・・そういう意味では、イメージにとらわれない俳優さんでした。
昨夜の生番組ではたけしさんも涙ぐんでいらっしゃるようで見間違いでなければ溢れるものを拭ってらっしゃいました。

大杉さんは、最期の時まで一緒だった俳優の松重豊さんの事を、2008年にこう語っていたそうです。
「友人ではあるんだけど、いいライバルというんじゃいないですけど刺激しあえる。付き合ってくれるとお酒なんかも最後まできちっと付き合ってくれて。なんか最後の別れの時までその瞬間までちゃんといてくれるやつ。本当にいいやつなんですよ」
livedoor NEWS

悲しいニュースのなかにあって不謹慎だけど、信頼する方される方どちらも羨ましいお話だなぁと思って。
「最後の別れ」はそんなに深刻なことを想像してでの事ではなかったのかもしれないけど・・・。


大杉さん、最後の現場でのお写真が載っていましたよ、と教えていただきました。ありがとうございます。
大杉漣さん 俳優最後の日に密着、最後の笑顔とその様子
news
Yahooニュース
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
15176:ありがとう、漣さん by asaki on 2018/02/26 at 15:25:09

この方の悲報は、個人的にとても驚き、心にズシンと来ました。
確実に記憶に強く残る演技をされる俳優さんでしたから。
私の頭の中の漣さんは、ホームレス役で、背中にいろいろなもの(生活用品)を背負っていて、でもそれが哀れに見えなくて、自由を謳歌している役でした。いろいろな役柄を拝見したのに、イメージはずっとあの役。
そして見始めた遺作、面白いです(涙)。
脇役の方々はドラマでも映画でも、お話に深みを与えるお仕事ですね。
漣さん、ありがとうございました。
私はあなたが大好きでしたよ!

15189:管理人のみ閲覧できます by on 2018/03/04 at 13:10:36

このコメントは管理人のみ閲覧できます

16562:Re: ありがとう、漣さん by うえこと on 2018/09/01 at 05:08:36 (コメント編集)

asakiさん

こんにちは^^
お別れの会の葬儀所に、(確かファンレターがきっかけでそれから)毎年大杉連さんから年賀状を貰っていたという一般のファンの方が参列されていました。イメージ通りに気さくな方だったんだなとお人柄がしのばれるようでした。
若者の自主製作映画にもお声が掛かれば参加されていたそうですね。プロってこういうことではないかと感じました。
“森ちぃ”佐野洋子さんの『死ぬ気まんまん』ではないけど、自分がこの世から居なくなっても世の中は何も変わらず動いていくんだけど、誰かの心に爪痕を残して惜しまれるって良い生き方だなと思いました。
大杉さんなら大往生であっても早かったと多くの人から悔やまれたんではないか、そんな気がします。

16585:Re: タイトルなし by うえこと on 2018/09/06 at 12:38:35 (コメント編集)

15189:非公開(ひみつの****)さん

こんにちは^^
情報ありがとうございました、よいお写真ですね!(バッチリURLで検索させていただきました^^成功です)

本当に友達が多い人は「友達が・・・」「大親友が・・・」などと不必要に発言しないものだと高倉健さんの意外過ぎる交友のエピソードを知って以来その感を強くしていますが、大杉連さんと松重豊さんもしかり、役でバッティングしそうな俳優さん同士が良きライバルでもありそれ以上に信頼関係にあるという本当に多くを語らずが多くを物語る気がしました。

肩書きではなく、気軽に使いやすく心地良い、バックもそれが大事でしょう(笑)

台風はお仕事、御出張などに影響なかったですか。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR