2018年公開日本リメイク映画 5本

[Oh!ムービー]‘ゴールデンスランバー’→‘人狼’スクリーンに吹く日本の原作風
2018.01.23

[OSEN=ジ・ミンギョン記者]2018年の映画館街には日本の作品を原作とする映画が大挙封切りを控えている。小説から映画、アニメーション、戯曲まで様々な有名日本の作品が国内映画界で再誕生となる。すでに作品性を認められた作品であるだけにストーリー上の楽しさと完成度の面ではある程度保証がされているわけだ。原作と再誕生した映画がどのよう同じで異なるのか比較してみるのも観客にはもう一つの楽しみになるようだ。

news
#ゴールデンスランバー
一番最初に封切られる作品は、カン・ドンウォン主演の映画「ゴールデンスランバー」だ。日本の作家伊坂幸太郎の同名小説を原作にした作品でカン・ドンウォンが先に原作に接して映画会社側に提案をしたことが分かった。
「ゴールデンスランバー」は光化門(クァンファムン)で行われた大統領候補暗殺事件の犯人として指摘された一人の男の逃走劇を描く。原作と似ていながらも、他のキャラクターが多数登場するところ、原作とはまた違った雰囲気を醸し出すとみられる。また、結末は原作とどのように異なるのか期待を集めている。来る2月14日に公開。
news

news
#リトルフォレスト
来る2月封切り予定である映画‘リトルフォレスト’も同名の日本の漫画を原作とする作品である。 主人公が田舎で美味しい料理を作って食べ、四季を送る内容を盛り込んだ原作は些細な面白さとヒーリングになるストーリーで国内でも大きな人気を集めた。
韓国に背景を移した‘リトルフォレスト’は試験、恋愛、就職…何ひとつ思い通りにならないヘウォン(キム・テリ)が全てのことを後にして、故郷に戻り、長年の友人であるジェハ(リュ・ジュンヨル)、ウンスク(ジン・キジュ)と特別な四季を過ごし、自分だけの生き方を探していく話を描く。‘リトルフォレスト’では原作とはまた違う大韓民国四季の美しい風景と食べ物を披露する予定だ。

news
#今、会いに行きます
市川拓司作家の同名ベストセラーを原作に、日本でも映画が作られて、国内の観客たちにも大きな指示を受けた‘今、会いに行きます’が韓国映画に生まれ変わった。特にソ・ジソプとソン・イェジンの出会いで大きな話題を集めた。
‘今、会いに行きます’は、1年後の雨の日再び戻ってくると言って信じられない約束を残してこの世を去った妻「スア」(ソン・イェジン)が記憶を失ったまま、夫「ウジン」(ソ・ジソプ)と息子の前に再び現れ、始まる物語を描いた映画。原作での濃い余韻と感動はもちろん、暖かい感性を加えて、観客をひきつける予定だ。

news
#人狼
キム・ジウン監督の新作映画「人狼」は、日本のアニメを原作にした作品である。沖浦啓之監督が作ったアニメ「人狼」は、1960年代の日本の架空の舞台を背景に、人間としての感情を一切排除して生きていく鎮圧部隊の青年の話を描いて80億ウォンを越える製作費、1千人の人員が投入された大作である。
カン・ドンウォン、チョン・ウソン、ハン・ヒョジュ、キム・ムヨル、ハン・イェリ、ホ・ジュノ、チェ・ミンホなどが出演するSFアクションスリラー‘人狼’は、近い将来韓国と北朝鮮が7年の準備期間を経る統一を宣言した中で、反統一武装テロ組織セクトとこれに対応するのための新しい警察組織特機隊は、統一政策に反対する強力な権力機関である公安部の間で展開される息をのむような暗闘と激突を描く。原作の強烈なビジュアルとストーリーがどのように再誕生されたのかすでに多くの映画ファンたちの期待感が高まっている。

news
#親の顔が見たい
強烈なタイトルが印象的な映画‘親の顔が見たい’は、日本同名の戯曲を原作にした作品。名門国際中学校の男子生徒が意識を失ったまま発見されると、同じクラスの生徒の親が学校に招集されて、広がる話を描いた‘親の顔が見たい’という学校暴力を素材とするほど重たいメッセージを伝えるものと思われる。ソル・ギョング、チョン・ウヒ、ムン・ソリ、コ・チャンソク、カン・シンイル、キム・ホンパなど名品演技派俳優たちの演技対決もまた一つの観戦ポイントになるようだ。/mk3244@osen.co.kr
[写真]の各映画のポスター、スチールイメージ

記事元=OSEN

ここ数日、少しざわざわしました。御見苦しいところも多々見せてお恥ずかしいです。まったく今回もうえことの不徳の致すところ、不快に感じられた方も多いでしょう、ごめんなさい。



さてさて、韓国映画は、日本作品のリメイクのブームのようです。日本作品リメイクの豊作というのかな(^ー^)
どれが楽しみ?あー、聞きますまい、聞きますまい。

ソン・イェジンさんさぁ、あんまり後頭部見つめないでほしいよね(>ε<)
やっぱり、原作読まないで、予習なしで楽しみに待つことにします。

ゴールデンスランバーも実は楽しみなんです。
以前、韓国版だけど原作を読んだヨソプが面白かったってSNSに投稿していたんです。
カン・ドンウォンさんはうえことにとってミステリアスな俳優さんで、興味あるのに今まで作品鑑賞に全く縁がありません。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
14852:管理人のみ閲覧できます by on 2018/01/25 at 19:55:05

このコメントは管理人のみ閲覧できます

14853: by しぃ on 2018/01/25 at 22:36:42 (コメント編集)

うえことさん、みなさんこんばんは♪

お久しぶりです。今年お初です。今更ですが今年もどうぞよろしくお願いいたします<(_ _*)>
映画、楽しみですね。私も原作本も元の映画も見ていません。このまま真っさらな状態でこの映画を見たいと思っています。
と言ってもきっとわが町では上映されないんだろうな〜 ( ̄^ ̄)
そうそう、余談ですがコン・ユさんの「新感染」上映されたんですがなんと吹替版のみ。信じられへ〜ん。コン・ユさんの声で見たいのに!てことで丁度帰省しないといけなかったので無理やり時間作ってそっちで見ました。見たは良いけどそのまま乗った帰りの新幹線、ちょっと怖かったです^^;

そしてうえことさん、ザワザワ、しんどかったですね。
ここはうえことさんのお庭ですから思うことを書いてくださって良いんです。
そして、一つの事柄に色んな意見、思いがあるのは当然。私はそんなコメントを読むのも楽しいし勉強になるなと思っています。
うえことさんがコメント欄をクローズにせず、また承認制にもしていないのはその色んな意見、思いを受け入れようと思ってくださってるからですよね。ありがたいことです。
だけど人を不愉快にさせたり傷つけることはNG、と言うのが大前提。そこは責任持ってコメントしないとね。はい、自分に言い聞かせてます^^

今年も色んなエントリーお待ちしていますよ。
そろそろ部長シリーズも見てみたい(≧∀≦)皆さんきっとお待ちなはず(*´艸`*)

あ、忘れてました。私からの今年初の愛を添えておきますわ♡←いらん?(笑)



14854:こんばんは^ - ^ by まゆ on 2018/01/26 at 00:15:32 (コメント編集)

うえことさん、みなさんこんばんは^ - ^

日本のリメイクもの続きますね。
ドラマのリメイクも「Mother」だったかな制作発表があったみたいで記事を見かけました。
私が観たいリメイク映画はもちろんあの方の❤️
日本上映が待ち遠しいですね。
バブリーダンスもいま韓国で流行ってるみたい。

ところでスンホンヒョンが中国の女優さんと破局したとか。
これってジソブさんの婚期がまた延びたと言う事でしょうか?
ちょっと嬉しかったりして(´∀`*)
いかん!ジソブさんの幸せを願わなければ。

14856: by 桃 on 2018/01/26 at 17:38:02

うえことさん、皆様、こんばんわ。

ゴルデンスランバー=黄金のまどろみ。至福の時。
いい言葉ですね~眠たくなって来た(笑)
伊坂幸太郎氏の本は、理解するまでに時間かかる(;^ω^)ワタシダケ?
随分前にDVD見たけど、かなりの有名どころが出てました。
浜田岳さんは、伊坂氏の映像化には全部出てる^^

[今、会いに行きます]
獅童さんと竹内結子さんは、
これがきっかけで結婚に至ったんやなかったかな~?
見て無いけど^^

(カン・ドンウォン)
韓国映画のアクションやサスペンスに嵌りだした頃に
見た事あるかも。


しぃさん。「新 感染」
昨日DVDで見ました^^
あれは乗りたくないよね~💦
あまりあの手は好きくないけど、最後は(:_;)ナミダ
あっ、余計な事言ったらいけませんm(__)mオクチチャック


どこにでも居るんですね、クレーマーおばさん(笑)
うえことさん、お疲れ様でした。




14857:管理人のみ閲覧できます by on 2018/01/26 at 19:08:26

このコメントは管理人のみ閲覧できます

14864:Re: ありがと! by うえこと on 2018/01/28 at 04:40:13 (コメント編集)

14852:非公開(****a)さん

こんにちは^^

あのスチール写真を最初に見た時から思っていました。疑ってるの?って、そして穴が開いたら大変だからやめてって(笑)

様々なファンがいるので(私のように出すものは出さないでおいてブログで愚痴るような褒められないファンも居る)、そのニーズにすべて応えることは不可能ですけど、ラブコメの影響で新しいファンの方も増え始めて、ジソブさんが若い頃から長く見続けて来られているファンの方もいらっしゃって、ファン層に広がりが出ているのか出ていないのかわかりませんけれども、いずれにしても増やす事と保つ事両方を考えないと、本当に年に一回の彦星様と会えなくなるのではと思ってしまいます。
あ、増やす事と保つ事、あちらの方も頼みます( ̄≠ ̄)クチチャック♪
あ、あちらはナチュラルが一番、保つ事だけ考えて♡

色々ありがとうございます、こちらこそ、よろしくお願いします<(_ _)>

14865:Re: タイトルなし by うえこと on 2018/01/28 at 05:44:52 (コメント編集)

しぃさん

こんにちは^^
あら、しぃさんも原作も映画もまだでいらっしゃいましたか、ジソブさんに関係なく御覧になっているかなーと勝手にイメージしていました^^

元夫、元カレ、いや初恋の人の「新感染 ファイナルエクスプレス」御覧になりましたね。(ね、って何。それ以上に出だしの無駄口は何・・・ライフワークです)
タイミングよく帰省先で御覧になられて、新幹線で戻られる・・・おひざ元で吹替え+4Dで御覧になるより怖そうですね(笑)私も鑑賞後映画館を出て、すれ違う人に襲い掛かられたらどうしようとか、帰る時に乗ったバスが異様に怖かったりして、そういう自分どうなのと思いながらもその余韻の引きずり方に、すごい映画観たなーと思いました^^インパクト大でした。
「今、会いに行きます」は、しぃさんの最寄映画館で上映されるといいですね。字幕+4Dで。(4Dの必要が?)

場が少々ざわついて(毎度毎度の戦犯は私ですが^^;)御心配かけました。こんなあちきに愛想を尽かさずにいてくださりありがとうございます。
年頭の愛もしかといただきました゜゜+。(′∇`)。+゜゜ジソブさんの残りと分かっているけど(笑)

14866:Re: こんばんは^ - ^ by うえこと on 2018/01/28 at 06:32:00 (コメント編集)

まゆさん

こんにちは^^

ドラマの方も日本リメイク作品が楽しめるんですね。「Mother」は日本のドラマを観ていないんですが、違いを楽しむという視聴の仕方もありますね^^日本作品のWikipediaであらすじ、Kstyleで韓国版のあらすじを少し見てみたのですが、やはりというのか、少しドラマチックになっていますね^^かつて主人公を捨てた母親が、韓国版は女優ですって。(ムヒョクのお母さん役の女優さんですね)

バブリーダンスって、女子高生のキレッキレのですか?ファッション、ヘアスタイル、懐かしいですよ、あれ。
韓国版の動画探してみました、あのダンスですね!(笑)私が見た動画はファッションはもちろん、曲もダンシングヒーローの韓国語バージョンでした。ネチズンにはバブル時代のファッションの面白さも伝わっているのかな?思い起こせば私も当時あのようなロン毛で、肩パットが2㎝位のジャケット着ていました(;´艸`)冬はババシャツに取り付けられるスナップ式の肩パットまでしてました、そういえば。ペプラムのデザインの洋服とか流行しましたね(笑)働いていたのは小さな会社でしたけど、今思うとやはりバブルでしたね、待遇が。社長は平野ノラさんのような携帯電話でしたし _| ̄|○∠))) バンバン

実は宣伝説を密かに長く引きずっていましたが、スンホンさんはファンの元へ(ジソブさんの元へも)帰還してくださったんですね
\( ̄∇ ̄)/
ジソブさんが結婚しようと思った時がジソブさんの適齢期でしょうから、無いことを願って 演技生活に追い風になる出会いを私としては願うのみでしょうかね。演技生活を辞めてもいいと思うくらいの女性に出会って欲しいし、それを制止できる位ジソブさんが影響される女性であってほしい。ジソブさんが、人生を共に歩くために失いたくないと思える女性なら・・・
追い風じゃねぇじゃねぇかって(笑)
演技する貴方が好きって言われて真に受けて、知らず知らず馬車馬のように働く・・・それくらいあのソ・ジソブを操縦できる女性希望。(難しいぞ~^^;)
縁起でもない 気が早かったですね、なにぶんにもヒョンが先ですから((^┰^))ゞ

14868:Re: タイトルなし by うえこと on 2018/01/28 at 08:47:08 (コメント編集)

桃さん

こんにちは^^

お気持ちをありがたくいただきました。
しかし、クレーマーおばさん(笑)は、いけません・・・
ここは、寂しい言葉は無縁でいきましょうかね。

桃さん、伊坂作品にお詳しいんですね!『AX』読んでみたいんですよね~。

『今、会い』が公開当時は正直、キャストに魅力が感じられなくて観たい欲が湧かなかったのですが、リメイク鑑賞後に観比べるのもいいかもしれませんね^^

カン・ドンウォンさんですよ、見たい俳優さんなんですけど・・・なぜか縁がないところまでミステリアス^^
映画に精力的な俳優さんというイメージがあって、そこも惹かれます。

14869:Re: タイトルなし by うえこと on 2018/01/28 at 16:01:36 (コメント編集)

14857:非公開(な***)さん

こんにちは^^

うん、ありがとうございます♡

カン・ドンウォンさんの作品を3本も御覧になっているんですね!(幻の魚、3回釣りました、くらい私に自慢してくださいヾ(≧▽≦)ノ)動くドンウォンさん、堪能したいな(笑)ドンウォンさんもですが、ハン・ヒョジュさんも精力的に御活躍ですね。
(ひとり言ですが、嫁にはノーサンキュー)
『人狼』は『密偵』の監督さんなんですね・・・あ、『密偵』も公開直後に観たんです、時間的都合でエントリーにしそびれています。
ベトナム語で観た『軍艦島』より『密偵』の方が日本人が悪く描かれていたような気が、私はしたんですけどね・・・だから、『軍艦島』の一連のプロモーションが失敗だった気もして、ちょっと残念な思いがしました。また機会があったらエントリーにしますので、読んでくださいね<(_ _)>

ありがとうございます、お陰様で母娘、随分良くなりました<(_ _)>高齢なので治りも緩やかなようです(あ、母がです(笑))。かかりつけ医に言わせると午前中に眠そうだったりするのはインフルエンザの影響で弱っているのだそうです(前日まで、タミフルのあとの抗生剤、解熱剤を飲んでいたせいではないですか?とお尋ねしたのですが違うようです(┳_┳))A型をしていないので、まだまだ気が抜けません。
私は、時々おっさんになるくらいです^^;

こちらこそ、どんな時もありがとうございます^^

14870:リメイクではありませんが by asaki on 2018/01/29 at 04:26:15

 映画の話題でしたのでひと言。私が宣伝を見かけて面白そうだと思ったのが、”神と共に”。なんかスケールが大きそうで、面白そうでしたよ。韓国でもかなりの好評らしいです。トレーラー見られるので、皆さん、いかかですか?(決して回し者ではありません!私も見たいけど、劇場公開される場所に住んでいないので。。。)見たいなー、いつか(笑)。

14873:Re: リメイクではありませんが by うえこと on 2018/01/29 at 09:24:54 (コメント編集)

asakiさん

こんにちは^^

韓国映画『神と一緒に』ティザー予告
https://www.youtube.com/watch?v=CpbiPwU14t8

ありがとうございます、面白そうですね、キャストもいいですよね。
asakiさんの“関係者説”も拭い去っていませんよヾ(≧▽≦)ノウソウソ

かつてジソブさん、同世代の仲間と一緒に出来る作品もいい、というようなことを仰った時期もありましたし、共演してみたい俳優にハ・ジョンウさんの名を挙げたこともあったゆえ、ジソブさんがこの数本の太いキャストの柱の中にいることを想像してしまいました。
もっと、観たくなりました(≧ω≦)

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR