FC2ブログ

制作報告会の中身が少しわかる記事

大きな地震、大雨
お見舞い申し上げます。


写真は既出のものばかりですが、記事で制作報告会の中身が少しわかります。


[ムービーS]ファン・ジョンミン・ソン・ジュンギ・ソ・ジソプ・イ・ジョンヒョン、‘軍艦島’のための配慮
2017年06月16日
news
▲映画‘軍艦島’ポスター。提供|CJエンターテインメント

[スポーティービスタ=イ・ホヨンインターン記者] ‘軍艦島’のために団結した俳優たちの努力は、大作の誕生を予感させた。

15日午前、ソウル市龍山区国立中央博物館劇場用では映画‘軍艦島’(監督リュ・スンワン)の制作報告会が行われた。イベントを通じて公開された俳優ファン・ジョンミン、ソ・ジソプ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンの作品のための配慮と努力は些細だが、繊細だ。
news
▲ファン・ジョンミンスチール。提供| CJエンターテイメント

#「ツンデレ」ファン・ジョンミン

ファン・ジョンミンはぶつぶつ文句を言ったが周りを取りまとめた。この日ファン・ジョンミンはリュ監督の映画制作を最後まで引き止めていた事実を明らかにした。彼は「私は最後まで反対した。「この作品はやめよう、とても大変だ」と言ったことを思い出す。撮影セットが大きすぎて威圧的に感じた。6ヶ月程度、そこでの生活なので、自宅のようだった、撮影現場にお客さんが来るとき、私は直接30分間案内してあげた」と述べた。

「不当取引」と「ベテラン」に続き、リュ・スンワン監督と三度目呼吸を合わせることになったファン・ジョンミンは「リュ・スンワン監督のペルソナではないか」というMCパク・キョンリムの質問に「目だけ見ても通じるようだ。だから、もうやめようとする」と冗談を言った。続いて「このような大作を生み出すリュ監督の勇気に拍手を送りたい」という激励の一言も忘れずに付け加えた。

news
▲ソン・ジュンギスチール。提供| CJエンターテイメント

#ソン・ジュンギが渡したタバコ一服

ソン・ジュンギは広く取りまとめた。彼の性格についてリュ監督は「愚直である。監督と会うときはある程度飾るのに、まったく飾りがない」と説明した。

リュ監督は「この映画がなぜ必要かどうかについて話できるのがとてもありがたいよ。高いところでの撮影が多かったが、俳優たちは上がっていると行ったり来たりが大変だ。ある出演者がとても我慢できず誰が見てもタバコを一服が恋しい状況だった。その時ソン・ジュンギがタバコに火をつけてやっているのを見た。扮、照明、メイク、撮影スタッフ、組端役俳優たちが動けば、すべての面で配慮した。イメージ管理をするのではなく人を配慮するのが天性のようだ」と述べた。

news
▲イ・ジョンヒョン - ソ・ジソブスチール。提供| CJエンターテイメント

#速くなったソ・ジソプ

ソ・ジソプが変わった。リュ監督は現場で感じたソ・ジソプの感じについて「ソ・ジソプは、実際に口調も遅く歩も遅い。そのような人だがしばしば素早くしてほしいと要求した。そんなディレクションが大変だったはずなのにそぶりを見せないでよく付いてきてくれた」と説明した。

さらに「後には、自分が撮影したシーンをモニターしながら、すべての行動が速くなった自分の姿を他人の演技を見るように見た 」と付け加えた。


#イ・ジョンヒョンの ’来て’(※2009年 イジョンヒョンさんの歌)

イ・ジョンヒョンは、自分を出さず、撮影現場のビタミンの役割をした。リュ監督は「36.5kgまで減量したイ・ジョンヒョンをスクリーンで見ると、骨の部分が多く表れている。気の毒、本当に苦労が多かった」と述べた。

続いて「イ・ジョンヒョンは、現場が重くて辛いときに俳優、スタッフたちの雰囲気とコンディションを「アップ」させてくれた。実は本人も大変だったはずなのに、それこそ現場の花になってくれた。一度飲み会の時、本人の扇子を持って来ては ‘来て’ダンスを踊ってくれた。本当に10〜15日程度はイ・ジョンヒョンさんのステージのおかげで楽しかったようだ」と述べた。

なお、‘軍艦島’は日本植民地時代、日本の軍艦島に強制徴用された後、命をかけて脱出しようとする朝鮮人たちの話を描いた作品である。 7月封切り予定だ。

記事元=SPOTV

コメンタリー予告で「世界遺産?ありえねぇー!」っぽく熱い様子だったファンジョンミンさんは意外なことに‘軍艦島’制作に反対していた・・・
(^-ェ-^).oO (なぜ押し切らない・・・)

まだ見ぬジソブさんはうえこと、早口だし、歩くのも早いと思っていたけど・・・
監督に映るジソブさんが往々にしてそうだという事かしら、チェ・チルソンというキャラクターとすれば遅い、という事かしら^^ちょっと新鮮な事実でした。

制作発表会の席上、動画でみんなが大ウケしていたのは、イ・ジョンヒョンさんのこの件でした。


==========
日本に知人も好きな監督も居ることだし、制作には日本に対して大意がない。
映画の全貌は公開になってないけど、ここに至るまでの発言を振り返ると、監督の言葉には説得力がない、とうえことは思うんです。どれだけ歴史に忠実なのか、その語気も時々で変化しているとも感じます。

島を見て脱出のストーリーが「浮かんだ」
構想が実現する地位、実積、ネームバリューがある。あれだけの巨大なセットで半年撮影できる環境調達も可能。
本当に日本を意識していないなら、架空の島、時代ではいけなかったのかな。

そうじゃなかったから、より大々的な一大プロジェクトの様相をみせることになったと思う方が自然かもしれないです、いや自然です。政治とタイアップ?みたいな気すらし愉快ではありませんね。

記事を見て改めて、豪華な顔ぶれであることを認識し直します。
違う題材で観たかったとつくづく。




_gu00
でっかい歯間ブラシ
(よく取れそう)

ソゲルさんからお借りしました<(_ _)>
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
14171: by しぃ on 2017/06/22 at 14:55:52 (コメント編集)

こんにちは♪
「架空の島、時代ではいけなかったのかな」
うえことさんのこの言葉に深くうなずきます。
多分日本のジソブファンは皆さん同じ気持ちではないでしょうか。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR