FC2ブログ

全州国際映画祭と「全州シネマファンド」造成

51kとジソブさんが、完成した映画の投資のみではなく、国内の中・低予算長編映画の製作の支援をする基金に携わることになった、というお話。

全州国際映画祭1億ウォン規模「全州シネマファンド」造成
2017.03.23
news
(財)全州(チョンジュ)国際映画祭(執行委員長イ・チュンジク)は、第9回全州プロジェクトマーケットが計1億ウォン規模の'全州シネマファンド(JCF)'を造成したと23日明らかにした。

'全州シネマファンド'は創意的で新しい劇映画、ドキュメンタリープロジェクトの企画開発を支援する基金でフィフティーワンケイ(以下51k)と俳優のソ・ジソプが基金の造成に参加した。

計1億ウォン規模の全州シネマファンドは毎年10本前後のプロジェクトを選定して1000万ウォンの企画開発金と製作に必要な多様な支援が行われる。

全州国際映画祭と全州シネマファンドの造成を一緒にすることになった'51k'とソ・ジソプはこれまで'ハイライズ'、'カフェ・ソサエティ'など、多様性映画の輸入投資に参加して良い作品を映画ファンに紹介している。

今回は良質の文化コンテンツを生産することに意味を置いて全州シネマファンドに加わることにした。

全州シネマファンドの最も大きな特徴は二つだ。 ひとつは映画産業の主体と'ファーストルック・オプション'(=映画監督や製作会社の企画を特定の配給会社が優先的に見ることができる)を条件にファンドを造成する点だ。

これを通じて中・低予算長編映画の製作と投資を積極的に導き出す戦略だ。 したがって、ファンドの造成に参加した製作・投資会社は選定されたプロジェクトを製作と投資の目的として、まず検討することになる。

二番目の特徴は全州国際映画祭が製作・投資する'全州シネマプロジェクト(JCP)'と連携して製作の可能性を一層高めるという点だ。

全州シネマファンドに選定されたプロジェクトはJCP選定委員会の検討を経て、1本前後が全州シネマプロジェクトに選定され、1億ウォン前後の製作投資を受ける。

昨年、全州プロジェクトマーケットで紹介された'詩人の愛'(監督キム・ヤンヒ)が'JCP 2017'に選ばれ、第18回全州国際映画祭を通じて公開される先例を残したのと一緒に企画段階のプロジェクトが製作につながる足がかりを確保する見通しだ。

全州プロジェクトマーケット アン・ヒョンジュンチーム長は"全州シネマファンドの造成を通じて支援の規模と幅を拡大して低予算長編映画の製作可能性を高め、良い作品が誕生する中心的役割を果たすものと期待する"と話した。

ファンドの造成に参加した'51k'関係者は"創作者の才能を思いっきりひろげることができる機会を提供するという趣旨に全面的に共感して参加するようになった"、"制作環境が容易ではない環境で製作者たちにとっていい機会を与えることができることをうれしく思う"と伝えた。

今年の全州シネマファンドを通じて支援を受けるプロジェクトは今月27日にある'第18回全州国際映画祭上映作品の記者会見'の席で公開される。

選定されたプロジェクトは全州国際映画祭期間の5月3日に予定された'全州シネマファンド(JCF)、プロモーション'を通じて国内映画産業関係者らに紹介され、5月5日にある'JPMの授賞式'では'全州シネマプロジェクト2018'に選ばれた作品の発表と共に、表彰がある予定だ。

第9回全州プロジェクト・マーケットは5月3日から5日まで3日間、全州市古沙洞に位置したロニ観光ホテルで開催される。

全州シネマファンドに選定されたプロジェクトを紹介する'JCFプロモーション'と国内映画産業に関連する話題をおいて話を交わす'オープンフォーラム'など多彩な行事が行われる。
パク・ヘチョン記者

記事元=全民日報
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
13655:わくわくしますね by てぃてぃ on 2017/03/26 at 18:14:52 (コメント編集)

ファンミが終わってしまって、ジソロスの今日
(神戸のみ参加なので)
わくわくする記事をありがとうございます

映画に関するジソブさんの記事は、
ジソブさんの筋の通ったこだわりが感じられて胸が躍ります。

そのうち、
自分の好きな映画を上映する、こだわりの映画館を建てるのでは。
映画を制作するのでは。もしかしたら監督業かな。

と勝手に妄想して盛り上がってしまいました。

これから先のジソブさんがますます楽しみです

14206:Re: わくわくしますね by うえこと on 2017/06/29 at 10:04:34 (コメント編集)

てぃてぃさん

こんにちは^^
本来なら上映されないような海外映画を輸入し上映するにとどまらず、今度は国内映画全体の底上げを、ということでしょうか。低予算映画が必ずしも魅力に欠けるものではないことは「映画は映画だ」で実証されているのでこのニュースを説得力と一緒に読みました。
支援という形ももちろん意義深いですが、ジソブさん自らが動く(仰るように制作や監督での)活動も期待したいところですね^^
いつまでもスクリーンの中で演じ続けてくれることがもちろん一番みたい姿ですけどねヾ(≧▽≦)ノ

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR