FC2ブログ

診断におまけがついた

整形外科に行って来ました。

レントゲンを撮って診てもらうと、痛みのある箇所の骨には
特に異変も無く、痛みもおそらく取れるでしょう、と。

一週間分のお薬、湿布薬が出ました。

だけど・・・
先生が「それ以外に・・・」みたいなことを仰いまして。

"腰椎分離症"と"後弯症"。

元々、パーツひとつで形成されている腰椎の骨が切れていて
パーツが二つになっている状態。
それにより腰椎と腰椎の隙間が広がる。(腰椎分離症)

そのために、普通、前(お腹側)方向に突き出し反ったようになっている
腰椎が後方向に盛り上がったようになっている。(後弯症)

人口の5~6%の人は、腰椎分離症だといわれているそうです。

おそらく、分離症を起こしたのは10代の頃で、これまで長く掛かって
このようになったのでしょう、と言うことでした。

普通、第5腰椎に発症することが多くて、そうでなければ第4腰椎。
うえことは、第1と第2腰椎。
珍しいらしいです、先生も「私も初めてです」と。

第1もだけど第2腰椎の方が状態がひどく、レントゲンを見ると
腰椎同士の間隔が、分離症ではない他の(正常な)腰椎同士の間隔から
更に1cm以上開いています。

「ヘルニアまでいかないけど、椎間板も痛んでいるはずです」

今の状態であれば、特に治療をする必要は無いそうなのですが、
(時間が長く経ち過ぎているから、治らないということらしい)
これから症状が進んで痛くなることは、少ないと思うけど何とも言えない、
ヘルニアになることは、人よりもなりやすい可能性はある、と。

ええーーーーΣ( ̄□ ̄;)こんな状態なのに・・・
今日が人生で初めての整形外科で、10代含めてこれまで、一切
痛みを感じたことがなかった・・・

それは有り得ることなんだそうです。

痛みだけでなく、原因の心当たりもないけど、もし、発症してすぐの
10代に気が付いて、処置をしていたら治っていたかどうか聞いてみたら、
今だから、治療法も分かってきたけれど、おそらくその頃なら
分離していますね、で終わっていたでしょうと。
30年前は、まだ色んなことが解明されていなかった病気のようです。

思わぬことが明らかになって驚きました・・・



帰って来てから、ネットで調べてみました。

原因は、以前は生来の骨の弱さで起こってくる、と考えられていたけど、
スポーツ医学の進歩で、現在では疲労骨折と考えられている。

胎児や新生児に分離症がみられず、生下時より歩行したことのない人たち
には分離が見られないという臨床報告や、分離症の経過をCT像で見ると、
骨折の治癒過程で骨癒合するものと、骨癒合が得られないものとがあり、
臨床経過も疲労骨折であることを示している。
スポーツ選手では、発症率が10~30%に上昇することも、疲労骨折の裏付け。

原因は、腰部に捻れによる負担が加わったことが考えられているが、
明確には不明。
発症は小学低学年~中学時代前半頃に起こるようだけど、
中学、高校時代になり腰痛が続くということで病院に行って分かる、と
いうことがほとんど。

現在は、治療方法も確立されているので、早期に見つけることが出来れば
それだけ、早期治癒ができる。
治療を放置していると、大人になり慢性腰痛の原因になることもある。

症状は、年齢によって異なる。
20歳以下
運動中の腰痛が主症状。骨折すぐの時は、安静時でも腰痛がある時がある。

20~60歳
腰痛や下肢痛の原因となることは少ない。
この年齢層で、腰痛や下肢痛がある場合、レントゲンで分離症が見つかっても、
他の疾患の可能性。

60歳以上
下肢痛や臀部痛の原因となることがある。


・・・だそうです。


んー、長年、骨折を持っていたということになるのね

この運動オンチのワタクシが、何をしてそうなったんだろう・・・。
まぁ・・・子供の時は、何気に無理をしがちですものね。

母は、「中学校3年間の卓球部の時じゃない?」って。
当然のことながら、卓球をされている方がみんなそうなるという
ことではないけれど

・・・かなぁ?

原因はさておき、骨折した時期には、まだこれといった治療法が
なかったんだし、これまで痛みがなかったことは、本当にラッキー。

お医者様らしき方のHP(TOPにいけないので不明)を見たら、
「症状がなくても、小学生の時に数年間レントゲン写真でも撮れば・・・」
と、おそらく疫学的な見地から仰っているのですが、その記事を見て、
このくらいの年齢のお子さんを持っているお母様方も参考にされると
いいのではないかなぁ・・・と思ったうえことでした。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR