FC2ブログ

KANUDA JAPAN「ミサ余談」他(ミサのリメイク)

情報を頂きながら、遅くなってしまいました。
ありがとうございます<(_ _)>
KANUDA JAPAN Facebookに、「ごめん、愛してる(ミサ)」の余談が掲載されているそうです。
以下、8月1日付 投稿よりお借りしました。

■当時大ブレイクし、'ミサ廃人'と呼ばれる人々が続出。ドラマが終盤を迎えた頃、視聴者掲示板にはおおよそ50万件のコメントが寄せられ、最終回を目前に控え、ファンの間で視聴率30%突破させようとする動きがあったほど。放送終了後ファンの間では謹弔リボンを付ける行為が相次ぎ、ディレクターズカット版DVDのリリースを求めて署名運動まで起こった。
■ドラマ放映中に最終回のネタバレが公開された。エンディングを報じたマスコミは非難を受け、ホームページにお詫び文を掲載した。シナリオ作家はエンディングを書き直すべきか迷っていると言っていたが、結局内容が変更されることはなく、全ての内容を知った上で最終回を視聴するハメになった。
■チャ・ムヒョクの「ご飯食べる?俺と死ぬ?」というセリフはあらゆる場面で引用された。
■オーストラリアといえばシドニーだけを思い浮かぶ韓国人にメルボルンを知らせたドラマ。これはオーストラリア観光庁の支援の受けた結果である。
■ミサ廃人の署名運動が実を結び、2005年ディレクターズカット版DVDがリリースされた。1部作は画質(ハイビジョン)や音質ともに改善され、シナリオ作家、ディレクター及び主演俳優のインタビュー、メイキング映像、NG映像などが追加された。しかし、もともとディレクターズカット版をリリースする計画がなく、未公開シーンを片付けてしまっていたため、長さはテレビ版より数十秒短くなった。
■2005年8月、百想芸術大賞(韓国日刊スポーツ主催の総合芸術賞)テレビドラマ部門を受賞。テレビ局は受賞を記念し、ディレクターズカット版1~16話を再放送した。
■2005年台湾、2006年日本のテレビ東京で放映され、
中国、インドネシア、UAEなどアラブ各地からも放映された。
■"ごめん、○○○である"というふうに取り上げられることもある(パロディにされる)
■チャ・ムヒョク(おじさんと呼ばれる)とソン・ウンチェの歳はわずか2つ違い。

出所:韓国のサイト「ナムウィッキ(NAMUWIKI)」


====================

上記(미안하다 사랑한다/ごめん、愛してる(ミサ))ナムウィキに行ってみました。
misa


その前に【ウィキとは】なんぞえ
ウィキ(ハワイ語: Wiki)あるいはウィキウィキ(ハワイ語: WikiWiki)とは、ウェブブラウザを利用してWebサーバ上のハイパーテキスト文書を書き換えるシステムの一種である。それらシステムに使われるソフトウェア自体や、システムを利用して作成された文書群全体を指してウィキと呼ぶこともある。
ウィキウィキ(Wiki Wiki)はハワイ語で「速い」を意味し、ウィキのページの作成更新の迅速なことを表し、ウォード・カニンガムがホノルル国際空港内を走るウィキウィキシャトルバスからとって「Wiki Wiki Web(英語版)」と命名したことに始まる。
ウィキペディアより

“ウィキ”って、Web上で文章の作成、更新ができるという方法の呼び名だったんですね。
ナムウィキは、韓国のウィキ。ウィキペディアとは違うようです<(_ _)>


で、本題。
KANUDA JAPANさん掲載の『余談』と同じくらい目に止まった事柄がいくつかありました。
その中のひとつが
2013年トルコでドラマでリメイクされており、2014年に中国で映画にリメイクされた。 (トルコ版、知らなかった)

《2013年 トルコ版ドラマ》
総20部作。 2012年トルコでリメーク版権を購入して、2013年にトルコFOX TVで放映された。
チャムヒョクは「コルクトアリ(Korkut Ali)」で、ソンウンチェは「セイルラン(Ceylan)」などの名前がローカライズされており、オーストラリアのメルボルンはドイツ シュトゥットガルトに変わった。 1話の最初、日本の女性観光客に日本人のふりをしたチャムヒョク設定はここでもそのまま出てくるが、イタリアの女性観光客にイタリア人だと欺いて車に乗せてしまう。

ドラマ「Biraşkhikayesi(タイトルは「愛の物語」だそう)」 第一話

https://www.youtube.com/watch?v=7bD02EAO2_Y
途中までしか見てませんが、どのシーンか何となくわかります。
( (( ;゚Д゚))ひ、ひ、ひげが・・・)


《2014年 中国版映画》
以前、 'ごめん、愛してる'が中国で映画化、冬公開予定というエントリーをしていて、実は出来上がりが気になっていました。
映画「对不起、我爱你」
当時監督は"基本的に原作の核心に忠実でありながら、若干の変化を与えた"と述べられていました。

https://www.youtube.com/watch?v=Q4_6TNBFPbU
見る限り、原型留めておらず、まさかの別物・・・(っぽい)
(>ε<)プッ

あと、そういえば・・・と印象深かったのが
ソン・ウンチェ役のイム・スジョンが最初で最後に出演した主演ドラマ作品。
役柄を払拭する御苦労がやはりお有りだったでしょうね、と想像しました。
彼女のインタビューを見ると、今後のドラマに出演することは、おそらくないかも... ともありました。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11783:管理人のみ閲覧できます by on 2016/08/08 at 07:20:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11784: by まゆ on 2016/08/08 at 22:01:50

うえことさん、みなさんこんばんは⭐︎

「ごめん愛してる」リメイクされてるとは知りませんでした。
「ごめん愛してる」は私が初めて見たジソブさん作品です。
韓ドラ見始めてすぐだったなぁ。
ドラマの名前は知ってたけどまだジソブさんの事は知らなくて‥。
この人いいなぁと思い次に見た「カインとアベル」でおちました❤️

そして、ついにファンクラブに入りました
(≧∇≦)
若かりしころ何人かの芸能人のファンになり学生の時は下敷きに切り抜きを挟んだりしてたけどファンクラブに入るなんて始めてです^ - ^(この歳で(≧∇≦))
日々頑張ってるご褒美って事で。

11801:管理人のみ閲覧できます by on 2016/08/10 at 17:12:55

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11805:管理人のみ閲覧できます by on 2016/08/10 at 19:26:12

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11858:管理人のみ閲覧できます by on 2016/08/15 at 14:01:08

このコメントは管理人のみ閲覧できます

12636:Re: うわっ‼ by うえこと on 2016/12/28 at 05:34:13 (コメント編集)

11783:非公開(な***)さん

こんにちは^^
視聴もあと4話で、ムヒョクとお別れ、という時にこのコメントをいただいていました^^
“ぎゅっと抱きしめてあげたいの連続”も加速しますね。
決して自分も満たされてはいないのに、満たす事より注ぐことを考えるムヒョクに惚れちまいました(笑)((^┰^))ゞ
ウンチェに対してだけではなくお姉さんとガルチの行く末を案じるムヒョク、切なかったです。
結末を知らずに観たのですがあの最終回思っても見なかった最後で衝撃でした。

私は他に観てない作品も多くて『モデル』はまだまだ後になりそうです、出演分量は「王の運命」くらいですか?(王の運命スケール(笑))
『映画は映画だ』を最初に観ていたら非公開さん即落ちでしたか(*/□\*)、わかる(笑)、反則のオンパレードですものね、あっさりマットに沈められても仕方ありません(プロレスか)どうせならベッドに沈められ・・・( ̄≠ ̄)クチチャック♪

非公開さんの質問がきっかけで、【主のたわごと】アンケートエントリーができました、ありがとうございました(/* ̄3 ̄)/チュ

12638:Re: タイトルなし by うえこと on 2016/12/28 at 14:06:11 (コメント編集)

まゆさん

こんにちは^^
トルコでもリメイクされていたとは!アジアの端っこまで人気が行き渡っていたんですね^^
テレビ局にインタビューを受けたドラマ冒頭の部分もちゃんとありました、どれくらい韓国版に忠実に作られているんでしょう、興味湧きました。でも全編見るのはちょっと・・・(笑)

まゆさん、私もなんですけど、韓国ドラマと出会ったこと、万歳\( ̄∇ ̄)/ですね。
ジソブさんと出会えるなんてご褒美大きすぎヾ(≧▽≦)ノ
ファンクラブの6ヶ月会員さんもあっという間でしたね、更新イエーイ
ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノ あ、私まだでした。

「すべては韓国ドラマからはじまった」
まゆさんのキャッチコピーを作ってみました。進呈いたします、どっかで聞いたような、とか仰らずいただいちゃってヾ(≧▽≦)ノ

懐かしいですねぇ、私も下敷きに入れていました。仕入れ先は平凡、明星。あ、近代映画も。
その傍らフエルトでマスコット作ったり、机に木工ボンドで文字を書いて乾かしたりもしてた少女がこんなになりました、とさ。

12639:Re: 坊主!?(別エントリーより移動) by うえこと on 2016/12/29 at 11:59:44 (コメント編集)

11801:非公開(****i)さん

こんにちは^^
非公開さんが仰るジソブさんが坊主になったらしい隠し撮りチックな写真は私もSNSで見ました^^
横の方がいらっしゃるのは仕方ないとしても、その方が本当に無防備な座り方をしていらして・・・
ライバルの(えっ?(`Д´≡`Д´)??いつから)プライドとしてお借りしませんでした(笑)
ジソブさんの最新の姿(当時)でしたけれどもね・・・情報ありがとうございました<(_ _)>

12640:Re: 申し訳ございません by うえこと on 2016/12/29 at 12:07:57 (コメント編集)

11805:非公開(****i)さん

こんにちは^^
いいえ、いいえ、ジソブさんアンケートのエントリーに限りまとまっていた方がいいかなという私の勝手ですので、お気になさらず。
こちらに、先コメントを移動させていただきました、ごめんなさい。

12641:Re: こんにちは by うえこと on 2016/12/29 at 12:26:38 (コメント編集)

11858:非公開(*****i)さん

こんにちは^^
ジソブさんアンケートは、コメントをくださった方のあるひと言がきっかけです^^
色んな方のお話が伺えておかげで楽しかったです。

新大久保の韓流ショップ巡り、楽しそうですね。時間の経つのを忘れそうですね、いつかは巡ってみたいです(^ー^)

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR