FC2ブログ

SONY (KOREA)のお話

一企業の今日までの歩み、みたいな記事です。
長いのですが翻訳機にかけやすい韓国語で(どうして、翻訳機にかけやすい文とそうでない文があるんでしょうね・・・は、さておいといて)、ジソブさんがかつて神CMをしたSONY(KOREA)のこれまでの変遷をうえこと読み物として、面白く読みました。

SONY(KOREA)はどういう状況でジソブさんにCMのオファーを出していたか。
ジソブさんの神CM当時をリアルタイムで知らなくて、美瑛、プラハ、キューバ、済州島、の旅情的で雄大なCM(音楽も素敵でした)に企業側の余裕とかゆとりみたいなものを感じていました。
実は違っていて、キャノン、ニコンに押されたソニーの抜き差しならない最後の一手だったみたいで・・・少しですが記事にそういう所も出てきます。
よろしければ^^


[キャノン押しソニーコリアの競争力は] 10年間凝った技術・マーケティング・広告
1341号(2016.07.04)
市場占有率2007年2%→2015年34.9%...専門ブランドとしての地位も固め
news
去る2月3日、汝矣島ソニーコリアのオフィスで歓声が上がった。 2015年韓国カメラ市場成績表が出た日だった。 ソニーコリアは、レンズ交換式とレンズ一体型カメラ市場の両方で販売1位を占めた。 ソニーコリアの関係者は、「レンズ交換式の市場では、ソニー製品の販売台数は、全体の34.9%に達する」と「高度な製品群が布陣したレンズ交換式の市場で無名だったソニーが市場1位を占めたのは、イングランド・プレミアリーグでレスター・シティが優勝したことに劣らない事件」と説明した。

2月5日キャノンコリアはプレスリリースを回した。 2015年のレンズ交換式カメラ市場1位はシェア43.9%(売上高基準)を記録したキャノンという内容だった。 ソニー側は気にしない雰囲気だ。 ソニーは、2006年に、レンズ交換式カメラ事業を開始した後発走者だ。 2007年にソニーコリアの販売量ベースのシェアはわずか2%であった。10年ぶりに誰が1等であるかどうかをめぐり、キャノンと神経戦を繰り広げること自体が大変な発展との立場である。

2000年代初め韓国カメラ市場では、キャノンとニコンがトップの座をめぐり角逐戦を繰り広げた。 中低価格コンパクトカメラ市場の強者はオリンパスであった。 ソニーは、コンパクトカメラやビデオカメラ、中級用一体型カメラでそれなりの競争力があったが頭角を現すことができなかった。

市場に変化が生じたのは、2006年である。 ソニーがレンズ交換式市場に進出した。 2006年2月ミノルタを買収し、7月に新製品のアルファ100を発表した。 カメラ発売開始半年を控えソニーの従業員は、レンズ交換式カメラの市場調査を開始した。 これらは図書館でカメラ関連の本を借りて読んで、映画界写真塾を探して勉強を始めた。 新製品カタログが出ると長・短所を分析し、発売を準備した。 7月アルファ100発売イベントがソウルで開かれた。 しかしイベントの後、ソニーの社員は、​​頭を下げた。 参入障壁があまりにも高かった。 当時の営業・マーケティングを担当していたペ・ジフンソニー部長は「悪夢だった」と語った。 「カメラの性能を紹介し、“私たちのカメラは、3連写が可能です”とデモを見せました。 突然前で知らない方がカメラを頭の上にしました。 ニコンカメラの5連写デモンストレーションを見せられたんですね。 恥をたっぷりかきました。 競合製品がどの位の水準であるかということも知らないまま市場に参入したためでした。」

ソニーのアルファ100の2006年韓国の市場シェアは4%であった。 新製品の発売効果のおかげで、しばらく光沢があったが、すぐにメッキが剥げた。 シェアが急落した。 2007年4月のシェアは1.5%で墜落した。 ペ部長は「卵で岩打撃のような絶望感を感じた」とし「このまま行けば希望がないので、日本の本社に破格的なマーケティングを要請した」と述べた。

_____________
特別広告執行して勝負の賭け
--------------------------
ソニーコリアは日本本社に特別広告費20億ウォンを追加で要請した。 当時事業部立場から売上高を考慮したとき、あまりにも大きな額であった。 会社内規上難しいという答えがきた。 ソニーコリア実務陣は不足しているブランド力を覆す破格的なマーケティングが切実だった。 「このままであれば、ソニーは永遠の後発」という主張に本社は費用支援を決定した。 ソニーコリアは、2007年の広告費20億ウォンを戦略的に使用した。 年を超えた2008年1月のTVコマーシャルで使用された。 そして、4月には、2008年の予算20億ウォンを使って新しい電波広告を出した。 2007年と2008年の広告を2008年上半期にまとめて打った。 ペ部長は「膨大な投資をしただけに、今回の機会を絶対に逃してはならないという切迫した心情でしがみついた」と述べた。
news
カメラのブランドは、独自のイメージがある。キャノンは、大衆主義、ニコンはリアリズムを掲げた。ソニーコリアマーケティングチームは、「作家主義」を選択した。ソニーの関係者は、「市場が良いカメラに集中しているとき、私たちは写真、すなわち、撮る人を強調し自分の写真を作成することができるという点を強調した」と述べた。広告メインモデルは、ソ・ジソプに決めた。

ソ・ジソプは写真を楽しむ芸能人である。時間があれば一人カメラを持って出写に歩いた。ソ・ジソプフォトギャラリー毎日の訪問者は、一時50万人に達したほどだ。洗練と憂鬱を同時に見せてくれるルックスも重要だった。 「自分だけの写真世界を楽しむ孤独なカメラマン」という姿を見せるに適した人物だった。 2008年1月に始まった地上波広告は大きな話題を呼んだ。販売も再び増え始めた。

ソニーの顧客のための防御論理も作り続けていた。 カールツァイスレンズ広報もその一つだ。 ソニーには歴史と伝統がなかった。 キャノンにはカメラだけ持っていても写真家のように見えるバックライトがあった。 ソニーを持っていれば、“カメラを知らない人”扱いを受けた。 顧客は、カメラに満足しているが、写真コミュニティのメンバーと出写を行ってきた後無視されたという訴えがよく聞こえた。 これらのための防御ツールがドイツ産名品カールツァイスレンズだ。 「なぜソニーを持っているのか?」という質問に対する模範解答は、「キャノンとニコンを使ってみたが、カールツァイスを使ってみたくて。」だった。 ソニーコリアも「カメラは、本体よりもレンズが重要である」というマーケティングをして、弱いブランドの位置付けを防御した。

(ジソブさんの写真に書かれているのは、「ソニーのカメラの競争力の源泉は、・・・・・・」の箇条書きで、ジソブさんについてではありませんでした。)

________________
成功収めた「作家主義キャンペーン」
--------------------------------
2008年末ソニーのカメラチームは、安堵のため息をついた。 ソニーコリアが市場シェアの12%を記録して復活に成功した。 2009年中ソニーコリアは10%台の市場シェアを守り、キャノン・ニコン・ソニーの三綱構図を作り出した。

2010年にソニーコリアはもう一度勝負の賭けに出た。 ソニー初のミラーレスカメラであり、ヒット商品であるNEXシリーズを発表した。 ミラーレスは、既存のデジタル一眼レフカメラ(DSLR)でミラーと光学ビューファインダーを電子システムに簡素化した形のレンズ交換式カメラだ。 高性能だが、サイズが小さくて軽いという長所がある。 マーケティングの範囲をTVでオンラインと現場に広げた。
news

そのため、営業・マーケティングの従業員が顧客との接触を増やした。 ソニーコリアは新製品の発売イベントを地方の5つの都市で着実に進行した唯一の企業だ。 疎外感を感じていた地方の愛好家から熱い反応を受けた。 2010年からは、地方のセミナーを最初から定例行事として定め、1年に二回、地方を訪ねて、カメラのセミナーを行った。 消費者に直接会えば、彼らは何をしたいのかを正確に把握することができるからだ。 最近ソニーが地方セミナーの日程を発表すると、その地域のユーザーが最初に連絡してくるほどだ。

オンラインコミュニティ活動もソニーが鎮座することに大きな貢献をした。 ソニーコリアの従業員は、国内最大のオンライン写真コミュニティであるSLRクラブに加入して、ユーザーたちと付き合いを始めた。 SLRクラブの会員たちは「ソニーのカメラは初心者が誤って購入するブランド」として扱った。 ソニーコリアカメラ担当者は、SLRクラブの代表者とオペレータ、主要なオピニオンリーダーを訪ねて話を聞いた。 広報代理店を介してSLRクラブを管理していた他のブランドとは異なり、本社主要な従業員が連絡して人間的な交流を開始した。 SLRクラブ運営者が、ソニーの担当者に直接連絡を始めた。 製品についての意見、プロモーションアイテム、新商品の提案、マーケティングの提案など多様である。 ペ・ジフン部長は「SLRは、私たちに命綱のような存在」であったとし、「率直に意見を交わし受け、批判に対応してきた」と述べた。 結局、ソニーコリアは、2010年の市場シェアの16%を記録し、業界2位に上がる。

2011年韓国ミラーレス市場では、オリンパスのペンとサムスンのNXシリーズが人気だった。 ソニーは、競合製品より一段階高い性能の製品を継続して披露した。 そして、市場拡大のために、女性のマーケティングを大幅に強化した。 女性にも写真をよく理解して、高度なカメラを扱うことができるというコンセプトだ。 レンズ交換式カメラは、男性の専有物という常識を思い切って破壊した。 レンズ交換式の市場に女性の流入を引き出すために、2012年にソン・イェジン、2014年ソン・ヘギョ、2015年にイ・ハニを広告モデルに交渉した。 広告では「ソニーミラーレス=最高の人物写真=ビューティカメラ」という等式を集中的に広報した。 同時にソーシャルネットワークで戦線を拡大した。 他の人よりも一次元高いレベルの写真をブログやフェイスブック、カカオストーリー、インスタグラムに上げることができると大々的に報じた。 このような努力の結果、ソニーコリアは、2013年の市場占有率30%突破に成功した。

グラフ、2007年から2008年(A350)がジソブさんCMモデルの時のようです。 絵に描いたような右肩上がり( *^艸^)

_____________
「キレイカメラ」で女心積極的に攻略
--------------------------
ソニーコリアの独走背景には、競合他社の不振もある。 コンパクトカメラ市場の強者であったオリンパスは、高級化に失敗し、競争で押された。 サムスンは、技術力と営業網、しっかりとしたASを提供していたにもかかわらず、市場で無視された。 カメラの専門企業イメージを作ることに失敗したからだ。 サムスンも2006年レンズ交換式カメラを発表した。 しかし、2016年の今でもSLRクラブでは、サムスンを「家電企業」と呼ぶ。 業界関係者は、「サムスン代理店を訪ね、カメラ売場の従業員と1分だけ話をしてみると、この人がどれだけカメラを知らないのかわかる」と述べた。 キャノンとニコンはDSLR(=デジタル一眼レフ)に集中したあげくミラーレスカメラ市場投入期間を​​逃した。 これらが伸び悩む間にも、ミラーレス市場は急速に成長した。 2013年のレンズ交換式カメラの市場でミラーレスのシェアが初めて51%を超えた。 2014年には58%に成長した。 ミラーレス成長の果実は、そのままソニーが手にした。

最近ソニーコリアは、製品の性能をさらに強調している。 キャノンとニコンの​​最高級DSLRモデルに性能で十分競争できる技術力を確保した自信を持っている。 ハイアマチュアや専門家の間の反応も高い。 初心者用カメラという悪評も消えて久しい。 森本修ソニーコリア代表は、「2016年度にはA7シリーズ、A6300、RXシリーズなどのプレミアムカメラを中心に、質的成長を図り、専門のカメラブランドとしての地位を強固にする」と述べた。

記事元=中央時事マガジン エコノミスト

カメラも女性層がターゲットのようだけど(あ、好都合♡)、最近再び写真を始めたというジソブさんがまたCMをやってくれるといいなぁ゜゜+。(′∇`)。+゜゜
(4月13日付けの読売新聞夕刊によると、思い出として残しておきたいものが時々なくなってしまうので、写真に残しておこうと思ったんですって。主にモノクロで撮影しているそう。)
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11633:美瑛♡哲学の木 by ☆kaori on 2016/06/29 at 22:37:56 (コメント編集)

うえことさん、みなさん、こんにちは。

ソニー神CM、ジソブさんのお蔭で
美瑛の哲学の木、プラハ、キューバ、済州島、
雄大な旅のジソブさんも忘れられません♬

うえことさんが見られたキタキツネも★

ジソブさんがカメラを
再開されたというだけでも嬉しいです☆⌒

11634: by まゆ on 2016/06/30 at 00:00:31

うえことさん、みなさん、こんばんは^ - ^

ソニー神CM、いいですよね。
私のスマホの写真アルバムにも何枚かその時の写真が保存されてます。
うえことさんのブログを読んだあと「ソジソブの道」についてたDVDが何故か見たくなりいま見終わったとこです。
ドラマや映画のジソブさんもいいですがこのDVDのジソブさんがまたいいんですよね
「ガラスの靴」も31話まできました。
チュルンオッパの一途さがせつなくて‥。
また狭心症になりそうです(⌒-⌒; )








11635:管理人のみ閲覧できます by on 2016/06/30 at 07:02:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11636: by めぐみ on 2016/06/30 at 07:23:15

うえことさん、みなさんおはようございます。

そうそう!
「今ハマっているものは?」
という問いに

また写真を始めたいと思っています。
趣味でずっとカメラをやってたんですけど、しばらくやめていたんです。
思い出として残しておきたいものが、時々なくなってしまうことがあるので、
写真で残しておこうと。
主にモノクロで撮影していますね。
このカメラ(写真)は防水なので、水の中に落としても大丈夫ですし、丈夫で壊れにくいんです。
と、カメラ(どこのかはわかりません)も紹介していました。

おばさんには「モノクロ」が一番!

ジソブオッパ、いつでもモデルになりますよ~!!!!!

注)お断りはナシね(笑)

11638:さすが~🍀 by umi* on 2016/06/30 at 09:25:44 (コメント編集)

うえことさんならではの記事〜(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

キューバJisubさんなら白メシ3杯いけます~σ)>ω<*)テヘ

私の体重も右肩上がり〜( ̄∇ ̄*)ゞ


12430:Re: 美瑛♡哲学の木 by うえこと on 2016/12/01 at 13:56:37 (コメント編集)

☆kaoriさん

こんにちは^^
ソニー神CMの陰には切羽詰った企業側の事情があったのですね。それを感じさせない優美な景色、ジソブさんでした。

ジソブさんのカメラ再開、癒しの時間になるといいですね。

12431:Re: タイトルなし by うえこと on 2016/12/01 at 14:09:16 (コメント編集)

まゆさん

こんにちは^^
ソニーCMのジソブさんは神なので(笑)まゆさんのスマホにも神がいらっしゃるということですね。御利益ありそうですね。
私はここのコメント欄で教えていただいてキューバ編のバックで流れているギターの曲を購入しました。聴くだけでCMのジソブさんが浮かんできてキュンとします
゜゜+。(′∇`)。+゜゜

そうそう、「ソジソブの道」のジソブさんもかっこいいんですよね、これまた((^┰^))ゞ綴られている言葉の選び方も良いなと思いました。

「ガラスの靴」胸が苦しいんですね。この先私が鑑賞する時、色んな意味で平常心で観られるでしょうか^^;

12442:Re: ありがと! by うえこと on 2016/12/04 at 14:15:05 (コメント編集)

11635:非公開(****a)さん

こんにちは^^
あのCMに社運が掛っていたとは知りませんでしたが、今振り返っても力の入ったCMだとわかりますよね。
素敵なジソブさん、オールロケーション、ソニーさんの大英断に( ^^)Y☆Y(^^ ) 乾杯!おかげで私たちの心の中に後々まで残る財産が生まれました(笑)

こちらこそ、いつもありがとうございます<(_ _)>

えーえー、私も思いました。
クラッシュオブキングスのCMは韓国版使ってくれてもよかったのに・・・いや、使え。
(笑)

12443:Re: タイトルなし by うえこと on 2016/12/04 at 14:30:03 (コメント編集)

めぐみさん

こんにちは^^
写真を再開されたニュース、嬉しかったですね^^
夕刊の写真に載っていたジソブさんの防水カメラ、可愛かったですね。
センスの無い私、綺麗な写真が撮れるようになりたいと常々思っています。(過去、旅行した時の写真を人に見せたら、写真クルクル回しながらどっちの方向から見るんですか?と聞かれた苦い経験があります。綺麗いぜんにましな写真が撮りたいです^^;)

じゃぁ私は、めぐみさんをモデルにして撮影しているジソブさんを撮影することにします。
仕方ない(-_-;)、めぐみさんも顔半分入れときます^^

注)クレームはナシね(笑

12446:Re: さすが~🍀 by うえこと on 2016/12/04 at 14:59:46 (コメント編集)

umi*さん

こんにちは^^
ありがとうございます、また木に登ってしまいそう、ブヒブヒ。

うん、白メシ3杯いけますな。妄想という名のおかずも添えましょう。
世界一イケてる盗撮魔みたいなジソブさんで酔うことも出来るし(エアーどぶろく)
色んなことが歯止め効かなくなりそうな神CMです。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR