FC2ブログ

「軍艦島」監督も期待されている

アラフォージソブさんにこれからも期待すること・・・


何気の

160628

萌え袖。



さてさて。

観客動員数が見込める監督としても軍艦島の期待が高いという記事です。

[ムービー@リポト]「千万監督XTOP5」... 2017年、映画界★の帰還
2016-06-27
news

[TVレポート=キム・ジヒョン記者]今年の上半期、忠武路(チュンムロ)(=映画界)は、様々な話題作を輩出したが、千万映画を誕生させることはありませんでした。 ナ・ホンジン監督の「哭声」とパク・チャヌク監督「お嬢さん」が世間の話題を集めたが、いわゆる「大当たり」の成績表にはつながらなかった。

これは、二つの映画が持つジャンル的特性のせいで十分に予見することができることだった。 しかし、来年の映画界は全年齢層をカバーする素材を選んだ千万監督が帰還する。「ベテラン」のリュ・スンワンと「シルミド」のカン・ウソク監督が観客と会う準備中だ。

◆軍艦島-リュ・スンワン X ファン・ジョンミン・ソン・ジュンギ・ソ・ジソプ

リュ・スンワン監督の次期作は「軍艦島」だ。 日本植民地時代、軍艦島に強制徴用され、あらゆる労働に苦しめられた朝鮮人たちの脱出記を描いた映画だ。

ファン・ジョンミンは日本に送ってあげるという言葉にだまされて軍艦島に来た京城ホテル楽団長イ・ガンオク役を、ソ・ジソプは鍾路一帯を掌握した京城最高のファイターであるチェ・チルソン役を引き受けた。 ソン・ジュンギは、独立運動の主要人物を救出するために軍艦島に潜入する独立軍パク・ムヨン役に扮する。 ここでイ・ジョンヒョンが紅一点役を務める予定。

news

リュ・スンワン監督は、最近制作会社を介して最初の感想を伝えた。彼は「初めての撮影が水が流れるようにとても順調に進んで気分がいい。険しい撮影になるが、これからもうまくやっていくことができるだろうという感じがする」と気持ち良いスタートを切ったことを知らせた。

「ベテラン」でスター監督隊列に上ったリュ・スンワンは、様々な色彩を持った演出家という点で期待を増している。ここに興行保証小切手ファン・ジョンミンと全盛期を迎えたソン・ジュンギ、安心して見ることができるソ・ジソプが意気投合した作品だからより一層期待を集める。


◆7年の夜 - チュ・チャンミン X リュ・スンリョン・チャン・ドンゴン

映画「光海、王になった男」で映画界に時代劇ブームを起こしたチュ・チャンミン監督はスリラー映画に戻ってくる。同名の小説を原作にした映画「7年の夜」のメガホンを取った。最近6ヶ月の撮影を終えて、最終作業に突入した。

ある日の夜、セリョン号で偶発的な殺人を犯したヒョンスと被害者の父親であるヨンジェの間に絡まった7年前からの話を盛り込んだ作品だ。リュ・スンリョンがヒョンス役をチャン・ドンゴンがヨンジェ役を引き受けた。二人の父の熾烈な気力の戦いが観戦ポイントだ。

リュ・スンリョン、チャン・ドンゴンは、前作の両方で低調な成績を記録した。 「桃李花歌」と「泣く男」は、それぞれ30、60万台の観客を集めるとどまり、興行に失敗した。チュ・チャンミン監督と手を組んだ二人は、新しい千万観客映画の誕生を待っている。

記事元=TVREPORT

やはり期待値も高いようで・・・


記事のもう一方の監督作品、「王になった男」、これはストーリーも面白かったし、イ・ビョンホンさんの一人二役の妙というのか、「やはりビョン様はすごい」って改めて感じました。(だが、落ちんのだね、うえこと(>ε<))
暴君と言われる王(ビョン様)。
命を狙われていることを恐れ、自分と瓜二つの道化師の男を影武者に立てて宮廷を離れ身を潜めるのですが、その間、影武者の男(ビョン様二役)が王として出す王命や振る舞いが、あまりに俗っぽくて人情的で側近や妃に戸惑いと驚きを与えます。
及び腰だった影武者が徐々に馴染んでくる様、少しずつ変わり始める宮廷の雰囲気・・・
楽しいだけでなく、訴え掛けられることも大きかった作品です。


・・・他の監督の作品の話、長し。

軍艦島、軍艦島っと。

釜山港にセットも設営準備がされ、着々とロケも進んでいるようですね。
以前のエントリー(22日釜山で撮影)とは日程にズレがあったかもしれませんが、)釜山での撮影が2日間予定であれば、もう終わったかな。
軍艦島
軍艦島
軍艦島
ソゲルさんからお借りしました<(_ _)>

セット設営の写真、一枚目の釣りをしている人のお蔭で、ジソブさんがやっているのは「撮影」なんだと思えたりして(^ー^;)
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11629: by かじゅ on 2016/06/28 at 17:49:36

萌え袖…

名言です( ^ω^ )

11632: by ひまり on 2016/06/29 at 15:57:20 (コメント編集)

ほんとだ、萌え袖だ!
もう、ローラか石原さとみかソ・ジソブかって感じですね(意味不明)。

「王になった男」、よかったですよね!
王と道化師の二役を演じたイ・ビョンホンさん、ほんとに見事でした。
表情とか身のこなし、声の調子などで、見た目はそっくりの別人を演じ分けていて。
気持ちが変化していくところも、とても自然に演じていて。
でも、ビョン様にはおちない(笑)、私もです。ふふふ。

それはともかく、影武者となった道化師が、操り人形から“王”になっていく過程や、宮中の人々が心を動かされていく様子…、コメディ的な部分もたくさんありながら、示唆に富んだ内容で印象的でした。
そういえば、チョ内官役のチャン・グァンさんって、「トガニ」で校長役だった人ですよね。
演技の幅の広い方だなーと思ったのを覚えています。

あ、この記事は「王になった男」の話ではなくて、同じ監督が撮る「7年の夜」の話でした(笑)。
「7年の夜」も見たい映画のひとつです。
話題になった小説の映画化なんですよね(日本語に翻訳されたら読みたいとずっと思っているのに、今のところ翻訳版は出ていないんです)。
主演のひとりのリュ・スンリョンさんは、「王になった男」やドラマ「風の絵師」に出ていた方ですよね?
演技のうまい、重厚な役者さんで、ちょっと注目してます。

釜山港、この風景が映画ではどんなふうになるのでしょう。
しばらくは、撮影に関するニュースや各国での反応などのニュースが中心でしょうから、ちょっと複雑な気分になるときもありそうですね。
「軍艦島」、どんな作品になるのかな。

12422:Re: タイトルなし by うえこと on 2016/11/30 at 05:15:31 (コメント編集)

かじゅさん

こんにちは^^
かじゅさんも萌えた袖口、いや、萌えたクチですか?( *^艸^)

☆-ヽ(*´∀`)八(´∀`*)ノイエーイ

12429:Re: タイトルなし by うえこと on 2016/12/01 at 13:40:45 (コメント編集)

ひまりさん

こんにちは^^
いえいえ、わかりますとも(笑)萌え袖女子か萌え袖ジソブさんかってところです。

「王になった男」良かったです、ねっ!!
吹き替え版で観たので、もう一度今度は字幕付きで観てみたいって思っています。
出てました、出てました、「トガニ」のキモチ悪い校長(笑)
リュ・スンリョンさん、どことなく陰のある風貌でいらして、時代物も似合いますね。(じつは私、「個人の趣向」で、ゲイの役をやられていたリュ・スンリョンさんがいまだに強烈で^^;)

小説「7年の夜」の日本語翻訳版はまだのようですね。

「軍艦島」どんな作品になるのか気掛かりですが、待つしかないですね。観ることができるといいなぁ・・・。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR