FC2ブログ

「軍艦島」“日本”の反応を扱った記事

ソン・ジュンギ・ソ・ジソプ‘軍艦島’製作の便りに‘居直り’日本の反応..“完璧な捏造” “歴史歪曲” “ゴミ”
2016年03月31日
news
リュ・スンワン監督の新作‘軍艦島’日本ネチズンの反応<写真=ヤフージャパン>

【ニュスピム=チョン・サンホ記者]ファン・ジョンミンとソ・ジソプ、ソン・ジュンギ、イ・ジョンヒョンが出演するリュ・スンワン監督の新作‘軍艦島’製作の便りに日本ネチズンたちが沸き立っている。

来年に封切りする‘軍艦島’は、日本植民地時代、軍艦島と呼ばれる端島に強制的に閉じ込められ、ひどい生活を続けた朝鮮人400人の脱出記だ。

日本の立場から‘軍艦島’はソ・ジソプ、ソン・ジュンギなど、現地でも人気が高い韓流スターが出演することで嬉しい作品。ただし、日帝が朝鮮人を強制徴用して軍艦島に閉じ込め酷使させた事実を盛り込んだ限り、彼らにとっては不快でしかない。

実際にヤフージャパンなどのオンラインには、‘軍艦島’製作の便りと一緒に“事実ではない” “明白な歴史歪曲” “ゴミ” などの批判が高まっている。一部では、“日本が犯した蛮行を覆うことになるのか” など良心ある告白も上がってくるが、その数は大幅に少ない状況である。

一方、日本は軍艦島を昨年7月にユネスコ世界遺産に指定することに結局成功、中国や韓国などから猛烈な非難を浴びている。

記事元=NEWSPIM

エイプリールフールの記事だったらよかったのにと思いますが、現実。
検索すると写真のようなサイトも実際に複数あり、こちらも事実。
色々悲しくて心もざわつこうというものですが、これからは撮影開始、進行具合、完成、封切りそういうジソブさんの頑張りの記事を目にするのと同じように向き合うことになる記事でもあるのかもしれません。

『次回作の映画では少しヘビーな役を演じる予定です。』
先のKstyleのインタビュー記事で(うえことが知る限り)初めてジソブさんが言及していました。

日本のメディアに向けてヘビーと語ってくれたことには意味が含まれていると、うえことそう取りたい。
でも、実際にはわからない^^;
演じるだけで十分大変な題材だと思うから、ヘビーと語った時のジソブさんの視野がどこまでをさしていたのか。
とにかく内外からのノイズに過敏にならずに、ジソブさんの本分である演技が無事に完了するのを待ちたいです。
願わくば、完成作が歴史に詳しい公平で冷静な人から見て、精度も高ければ嬉しいな。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
11233:管理人のみ閲覧できます by on 2016/04/01 at 09:06:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11234:管理人のみ閲覧できます by on 2016/04/01 at 10:40:08

このコメントは管理人のみ閲覧できます

11236:手作りハム教室の次にこの記事ですか(汗) by asaki on 2016/04/01 at 17:14:40

 うえことさん、振り幅大きいですねー。。。

 テーマがテーマだけに、これからもいろいろな言われ方をするかもしれません。けれどもジソブさんファンとして、しっかり作品と向き合いたいと思います。ジソブさんの演技を心から楽しみにしていますしね。重い内容だからこそ、どうか作品のクオリティーとして、素晴らしいものが出来上がりますようにと祈っています。ジソブさんが怪我なく、彼の思うように演じられますように。。。

11238:エイプリルフールに… by ほっこり on 2016/04/01 at 17:29:33 (コメント編集)

うえことさん こんばんは

まずはクラクラするジソブさんの写真で、うっかり騙されそうになり、ニヤニヤして いたら、今度は軍艦島の重い記事…なんと悩ましい1日になりました!

難しい問題を抱えた映画って事は、わかってます。でも…監督が きっと中身の濃い、素晴らしい映画を作ってくれると信じてます…信じたいです!
そして何よりも…ジソブさんがどんな役を演じるのか、見てみたいのが本音です! (きっと素敵だと思うなぁ〜❣️)
内外で どんな報道をされようと、しっかりと見極める目と心を 持っていようと思います。暑い夏に向かっての撮影開始…無事に進みますように遠くから祈ってます❗️

11242: by okuchan on 2016/04/02 at 02:17:37

軍艦島の撮影を私も心から応援しています。

よき監督とよき共演者と一緒に本格的な映画に出演できることは俳優ソ・ジソブにとっては逃すことができないチャンスですよね。

これからも日本から様々な雑音が入ってくるかもしれないですが、自分の選択を信じて思い切り演技してほしいですね。

日本の植民地時代、たとえどんな悲惨なできごとが描かれても、現実は映像では描けないくらいもっともっと悲惨だったと思います。

今の日本では残念ながら反日というレッテルが張られるかもしれないですが、私たちは加害の国の人間としてできるだけ限り事実から眼をそらさず、この映画を見ることで多くの日本人が歴史の真実を知るきっかけになってほしいなと思っています。

映画はフィクションですがその背景の歴史は事実なんですよね。

そのためにも、うえことさんがおっしゃってるように「完成作が歴史に詳しい公平で冷静な人から見て、精度も高ければ嬉しいな」!

ジソブさんがどんな演技を見せてくれるのかとってもとっても楽しみですね。

日本からのバッシングが強くならないことを願いながら、その時には私たちファンがジソブさんにエールを送りましょうね。

11627:Re: ありがと! by うえこと on 2016/06/28 at 17:06:09 (コメント編集)

11233:非公開(****a)さん

こんにちは^^
韓国の人は軍艦島をこう見ているっていうことを知るのもこういう機会に必要なことかもしれないですね、うんうん。

難しいことは考えずに小汚いジソブさんを待つとしますか(^ー^)
専門学生の時に色彩学の先生から、描いたものを見てよく小汚いって言われていました^^;
小汚いジソブさんの美しさを考えると、私の描いたものもかなり美しかったのかもしれませんねヾ(≧▽≦)ノ(恐ろしくポジティブ)

11628:Re: タイトルなし by うえこと on 2016/06/28 at 17:13:36 (コメント編集)

11234:非公開(コ***)さん

こんにちは^^
そうですね、思慮深いと言われるジソブさんですから、冷静に色んな判断をした上での出演ということでしょうね。私もそう感じています。

そうですか・・・浅草寺=宗教かぁ。
「まじめか!!」とカンブチキンでツッコんで飲み明かしたいです。
ええ、二人っきりで(///∇///)

11631:Re: 手作りハム教室の次にこの記事ですか(汗) by うえこと on 2016/06/28 at 19:37:18 (コメント編集)

asakiさん

こんにちは^^
振り幅大きくてちぎれ落ちるタイプ(笑)

堂々と言えることでもありませんが私など、軍艦島が同じ九州にありながらほとんど知識もなくて、作品完成を待つ間に少しでも知識が増やせるように考えてみたいと思っています。
ジソブさんがこの作品に出演を決めたことに頷ける以上のメッセージが感じられる映画「軍艦島」になるといいなと思います。

どう、また振れてる?(笑)

11656:Re: エイプリルフールに… by うえこと on 2016/07/06 at 02:06:48 (コメント編集)

ほっこりさん

こんにちは^^
映画「軍艦島」の話題で当事国の後から生まれた者同士がこうして触発し合うことを望んで作られる映画ではないでしょうからねぇ。これまでお付き合いのなかった(えぇ、うえことの一方的なお付き合いのことです、プッ)監督・他キャストの方はさておいても、少なくても数年間付き合ってみた(えぇ、うえことの一方的なお付き合いのことです、プッ)ジソブさんに関してはそういうことは本意とされていないと思うので、こういう記事や記事の中の声があることは現実だけど、映画の作られた意味と別の次元のこととして捉えたいですね。

こういう話題が出てくると私自身のモヤモヤとしたものは何かがよく見えてくる気がします。
完成が待たれます。ジソブさんから何か語られる日がもっと待たれます。

11691:Re: タイトルなし by うえこと on 2016/07/22 at 04:23:44 (コメント編集)

okuchanさん

こんにちは^^
暑さの中、撮影は順調でしょうかね^^

ジソブさんが本格的に映画に出演、このニュースだけで心躍るものがあります。
ただこの作品に関しては、第一報にやや動揺したことも事実で、あれこれ考えたことが一掃される完成作を願い心待ちにする現在です。
出演に至った理由は、そうなんですよね、俳優の欲を大いに刺激されたと考えても想像の範囲で頷ける材料も納得できるだけの人材も揃っています。過去の歴史を扱った作品であることも、演じたい、プロフィールに残したい作品群の中のひとつに感じたとしてもそれなりの年齢に達した韓国の俳優さんとして自然なことかなとまで思うんですね。
じゃぁ私は何に複雑な思いをしているのかって考えたら、映画の舞台となる国にいる私からの目線は誠に勝手ながら、個人的感情が介在しないでいてくれたら・・・ってことだろうと思ったんです(実際は感情にも突き動かされての職業だと思う部分もあるんですけど)。
日本のファンがちらつかなかったことも無いでしょうし、あらゆることを考え推察済みだと根拠のない確信もしています。
よほどこの時期を逃したくなかったんじゃないだろうかと私も最近思えてきて、決断の邪魔にならなかったのなら幸いだなと思っています。
「お返しは演技で」
今回もきっとそうでしょう^^
マジシャンの時からすると夢のようです。
ファン以外の、映画が制作されるということに過敏なこのような日本の一部世論も想定内でしょう、双方の現実に目を向けながら応援していければいいですね、うん。
過去の先人の苦しみを演じジソブさんも新しい体験をされているかもしれませんね、今後の俳優人生の糧となる作品との出会いであってくれますようにとも思います。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR