FC2ブログ

共同投資映画「ビートルズ:ハードデイズナイト」

こちらも情報をありがとうございました<(_ _)>

ジソブさん、ビートルズもお好きなのかな^^

<ビートルズ:ハードデイズナイト>史上最も優れたジュークボックス映画
2016年5月4Kリマスタリング公開!
(4K=映画館で投影している35ミリフィルム品質をデジタルで置き換えると4K)
2016.02.29
[データニュース]29日から英国の伝説的バンド、ビートルズの音源オンラインストリーミングサービスが開始されるというニュースが伝えられた中で、ジュークボックス映画のレジェンドと呼ばれる映画<ビートルズ:ハードデイズナイト>が2016年5月大韓民国劇場街にやってくる。 (輸入/配給/提供:찬란(challan)ㅣ共同提供:51k、ソ・ジソプ)
news
<ビートルズ>写真提供 - ルミネ

死ぬまでに見たい映画!“ジュークボックス映画の<市民ケーン> - ビレッジボイス”
ビートルズが出演した初めての映画!ビートルズの最もいきいきしてさわやかな瞬間を4Kで会う!
29日からビートルズの音源、国内のオンラインストリーミングサービスを開始!

(市民ケーン=現在に至るまで世界映画史上のベストワンと言われている1941年アメリカ映画)

2016年、ポップのレジェンドビートルズの最もいきいきしてさわやかな瞬間に会う。 5月の国内封切りを確定した映画「ビートルズ:ハードデイズナイト>は、ビートルズのメンバー、ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターが直接「ビートルズ」を演じた作品で、1964年に初めて上映された後、1千2百万ドルを超える大きな利益の興行を記録し、アカデミー脚本賞と主題歌賞にノミネートされた。
ファンを避けて逃げぶらぶらして愚かな質問を投げて、音楽をするビートルズのある長い一日を追うこの映画は、米国の日刊紙ビレッジボイスが陽気な口調で「ジュークボックス映画の<市民ケーン>」と絶賛した作品で有名である。映画は、ポップ音楽映画の形式を永遠に変えてミュージックビデオ, ミュージックドキュメンタリースタイルの原型を創造した。以来、数多くの映画が<ビートルズ:ハードデイズナイト>を変奏してオマージュし、作品をなんと25回も見た映画評論家ロジャーエバートは"<愛は雨に乗って>と匹敵する作品」と語った。これらの映画史的価値だけでなく、映画には、“A Hard Day's Night”、“I Should Have Known Better”、“If I Fell'”“Can not Buy Me Love”など、実際のビートルの名曲が挿入されて、観客の耳を楽しませてくれるだろう。これと共に、これまでCDやLPのみ聞くことができたビートルズの音楽の国内音源サービスが29日から開始されるというニュースまで続いて2016年5月、様々な媒体を介して、幅広い年齢層がビートルズの伝説に触れることができると期待される。
news
<ビートルズ>写真提供 - ルミネ

今まで国内に一度も公開されたことがなかった映画<ビートルズ:ハードデイズナイト>は、リチャードレスター監督の承認を受けて、デジタル解像度復元を終えた4Kリマスタリングバージョンであり、サウンドトラックはビートルズのプロデューサーだったジョージ・マーティンの息子ジャイルズ・マーティンがリミックスとリマスタリングした。過去2014年の夏、米国ではビートルズ誕生50周年を迎え、50以上の都市で再公開して熱い反応を得た。

いまだに破られていない記録として残っている20曲のビルボードシングルチャート1位曲保有記録とタイム誌が選んだ<20世紀で最も影響力のある人物100位>リスト選定など、21世紀にも相変わらず影響を及ぼしている時代の文化的アイコンビートルズ。その伝説の開始を実像とフィクションが入り混じった気の利いたスタイルと名曲に込めた、映画史​​上最も優れたジュークボックス映画<ビートルズ:ハードデイズナイト>は、2016年5月に公開する。

記事元=datanews

日本では、これまでにも何度か公開になっていたようですが(1983、2001年)、近々の公開予定は今のところ無いようです。

記事後半にもありますが、イギリスでの公開50周年の時に、日本では初ブルーレイ化され販売されています(2014年8月 4Kデジタルリストア)。このブルーレイ化の記念として一日限定で北海道、東京、神奈川、愛知、大阪、福岡の全国6劇場で特別に上映されました。参照=映画.com
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR