FC2ブログ

金スマ 渡辺和子さん

御覧になられた方も多いでしょうか、10月30日の「金スマ SP」。

“置かれた場所で咲きなさい” 著者、渡辺和子さん(88才)の特集でした。

現・ノートルダム清心学園理事長
二・二六事件 陸軍最高幹部の父親が46発の銃弾を受けて暗殺される現場を、渡辺さんは9才の時に、わずか1mの距離で見ていました。
その後、修道女となった渡辺さん、マザーテレサが来日した際の通訳を務められました。
かつては50歳で発症したうつ病とも闘いながら、50年以上教育の現場に身を置いていらっしゃいます。

リアルタイム放送中にお友達から教えてもらったのですが、その時は観ることが出来なくて、翌日動画を探してみました。

1時間強ある動画ですので大変ですが、お勧めです。お時間の許す時によろしければ<(_ _)>
中居正広の金曜日のスマたちへ 2015年10月30日
https://www.youtube.com/watch?v=LD2vPDNciUg
投稿主様、お借りします<(_ _)>
(貼っていいのかどうかわからなくて、今回はURLだけ・・・)


素敵なたくさんの言葉、忘れたくなくてまとめてみました。
********************
『タンポポはたしかに バラになれない
でもバラも タンポポにはなれない』


人はみんな一人一人違うものを頂いている。タンポポはタンポポでいい。バラはバラでいい。「置かれた場所で 咲いていること」

********************
『許すことで 相手の支配から逃れられる』

「許す」っていう事は「負ける事」じゃない。許さないとその人の事が気に掛かる。相手の支配下にあるということ。

***********
『どんな不幸を吸っても 吐く息は感謝でありますように
全ては恵みの呼吸ですから』
(作:河野進(牧師・詩人))

人生にポッカリと空いた穴からこれまで見えなかったものが見えてくる。思わぬ不幸や失敗から大切なものに気付くことがある

***********
『苦しい峠でも 必ず下り坂になる』

人はどんな険しい峠でも 越える力を持っている。

***********
『2%の余地』

人間関係、人は98%しか信じてはいけない、2%は許すためにある。友達も夫婦も100%信頼するから許せなくなる。
2%のゆとりがあれば、間違いを許せる。100%信頼した出会いはかえって壊れやすい。

***********
『この世に雑用という用はない』

(新米修道女として100人分のお皿の配膳中にシスターから、黙々と並べているのなら祈りながら並べなさいと言われた。)
時間の使い方はそのまま命の使い方。用を雑に行った時に雑用は生まれる。

***********
授業で取り上げたある中学生の自殺。以前から自殺の兆候が有ったため先生たちは何度も命の大切さをこの中学生に話していたが伝わらなかった。

『命は大切だと何回教えられるよりも「あなたが大切だと誰かに言ってもらえるだけで、生きていける」』

***********
渡辺さんが守れなかった聖書の教え、「汝の敵を愛せよ」
修道院に入り二十年余が経った頃、二・二六事件を取り扱うテレビ番組に出演することになり、テレビ局に行ってみると父を殺した側の軍人も一人いた。
(動画はここで終わっていますが)

『許すことができないなら、せめてその人の不幸を願わないこと』

***********

渡辺さんが影響を受けたマザー・テレサの教えもとても深いです。

【心にゆとりを持つ極意】
来日時、何処へ行ってもマスコミのシャッター、フラッシュの嵐。疲れが見えても嫌な顔一つせず常に笑顔で対応するマザーテレサ。
『神様とひとつお約束がしてあるの。フラッシュが焚かれるたびに 笑顔で応じますから、魂を一つ お救い下さい』
願掛けをしていたから常に笑顔でいられた。
====================
【本当の愛とは】
薬も人も不足しているのに、どうして死にゆく人に薬を与えるのですか?治る見込みのある人に与えた方がいいのではないですか?という質問に
『薬が役に立つかどうかは問題ではありません』
====================


そうか、自分が思いもよらない場所に不意に置かれても"自分らしく咲こう"としてみよう。
辛いと思っても、だからこそ発見できることもあって、いつか下り坂もやってくると信じて。
人間関係に悩んだり、許せない人がいても許す余地を持つ努力。
与えられた嫌な仕事も"雑用"にしない。
笑顔でいることが難しければ、好きな願掛けをしてみるのもいいか。

50年生きてくると、望まない場所に置かれたことがこれまでに何度かあった。
あと何回くらい植え替えられてその都度色んな場所に根を張らなきゃいけない時がくるんだろう
もっと不本意な場所はこれからが本番かもしれない・・・くぅー。
失敗しながら、涙を流しながら"自分なりに"咲けるでしょうか(^ー^)
いじけて根腐れしそうになったらどうしよう(笑)
苦しい境遇にぶち当たった時は、その場所を今与えられた意味を考えてみようと思います。

どうしても咲けない日もある、そんな日は、下に根を張ろう。次に大きく咲くために・・・
渡辺さんはそう仰っています。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
9253:管理人のみ閲覧できます by on 2015/11/02 at 14:01:48

このコメントは管理人のみ閲覧できます

9254:管理人のみ閲覧できます by on 2015/11/02 at 20:58:45

このコメントは管理人のみ閲覧できます

9917:天皇制廃止を前提条件とする九条廃止について by 春九千 on 2015/12/14 at 16:21:32 (コメント編集)

渡辺和子氏が出演した10月30日放送のテレビ番組「中居正広の金曜日のスマたちへ」を見ました。
渡辺和子氏って、二・二六事件のときに父親を目の前で殺されて、二・二六事件で蹶起した兵士たちを憎しみ続けていたらしいですね。
ところで、二・二六事件については前から疑問に思ってることがあるんです。
二・二六事件って、クーデターに偽装した粛清のではないか?
そう思う理由は、事件の一報を聞いた時に発した裕仁の一言。
とうとうやったか
これは、予期しない出来事が発生した時に発する言葉ではない。
これは、発生する時期までは分からないが、発生すること自体は知っていた事態が、発生した時に発する言葉です。
裕仁はクーデター計画を知ってた。
そう考えられると思う。
ということは、裕仁は殺害されるターゲットも承知の上だったのではないかな?
なんでも、裕仁は殺された重臣を指して「股肱の臣」とかのたまってたそうだが、どの口がゆ~とんのやら♪(プゲラ)( ,_ノ` )y━・~~~
おまけに、異例なことに、二・二六事件に限っては、裕仁はクーデター鎮圧の陣頭指揮を執るんですよね♪
クーデターの発生を予期していたうえに、異例のクーデター鎮圧の陣頭指揮…
クサい
ひょっとして、二・二六事件を裏で糸を引いてたのって裕仁だったんじゃないか?
つまり、裕仁がクーデターを偽装して臣下を粛清したのが二・二六事件だったんじゃないかな?
だから、
渡辺和子氏の本当の親の敵は裕仁なんじゃないかな?

渡辺和子様
ご協力いただけませんでしょうか?
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7659/smt/statements/smt20150831.pdf

参照:
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/7659/sjp/statements/sjp20140226b.html

m9(゚∀゚)Идиот!> номенклату́ра
נומנקלטורה עמלק
Ceterum autem censeo, Nomenklaturam esse delendam.

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR