FC2ブログ

強さの本質。

今日のお昼すぎにたまたま見たテレビで
禅宗の御住職がされていたお話。

コーナーは終わる寸前だったようで
最後の方しか聞くことができなくて
しかもうろ覚えですが・・・


強さには
「折れない」強さ

「柳のようにしなる」強さ
がある、と。


しなるから弱いのか、というと
そうではない

そんなこともお話されていたと思います。


最初から最後まで見ることができなくて残念。
考えさせられる言葉でした(*'ー'*)

強いから受け流せて笑っていられる
そして強いから、自分の糧にできる

そうなんだろうな。

そういう人は傍から見ていて美しいです。


お友達のAさんに、以前
柳の様な人だと言ったことがあります。

色々なことがあっても
折れてないぞと鼓舞するわけでもない
静かに「しなる柳」

偶然ですが、彼女も禅を時々嗜みます。

久しぶりに彼女にメールでもしてみよう。

色んな人との出会いの中で
あやかりたい、感化されたいと思う人の
一人です。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
5126: by さくら on 2014/01/23 at 21:37:00 (コメント編集)

『強い人』になりたいです私。笑って受け流す強さ。このストレス社会には必要だと思います。受け流すって簡単に言っちゃうけど、結構難しいんですよね。強い人って多分ですけど、一旦 全てを受け止めて、じゃあ どうしようか?って、いろんな角度から物事を観て、考える。ということを、無意識のうちにやっているんだと思います。弱い人は いろんな角度から物事を観るということがなかなか出来ない。私のことなんですけどね^^自分の意見を固持しちゃったり、『どうせ』とか『やっぱり私はダメなんじゃん』とか『なんで私ばっかり...』等々、負の連鎖に陥る、陥る!^^
まずは脳を訓練しないと!
あ、これ あくまでも私の意見ですので悪しからず。

5128: by Rei on 2014/01/23 at 23:22:49

今日の良いお話を聞かせて頂き、
イソップ童話の オリーブとアシ のお話を思い出しました。
風が吹けばすぐなびいてしまうアシを、全くなびかないオリーブはバカにしていたけれど、強風が吹くと柔軟なアシはなびいて嵐をやり過ごし、オリーブは根元からポッキリ折れてしまった。

時には自分の意思を主張する強さも大事だけれど、それだけでは強風が吹いた時にポッキリ折れちゃう事もあるんですよね。意地を通せば自分が窮屈になる。

アシや柳のように、しなる強さ、風に吹かれるままなびき、強風が過ぎるのを待つ柔軟な強さも持ち合わせていれば、この世の中どこでも上手くやっていけそう。
私にはそのあんばいがなかなか難しい〜^^; 年々カチコチになってるような…
アシや柳を見習って心を柔らかく〜広く〜しなって〜なびく〜(←自分のモノにできるようにイメトレです^ ^)結構イメトレって自分を変えるのに良いんです。
良いお話ありがとうございますm(_ _)m

5340: by プリン on 2014/02/07 at 14:52:50

強さの本質
題名に心惹かれてコメントしたいと思いつつ今日になってしまいました。
1月22日はちょうど近畿統一受験日最後の合格発表の日でした。
悲喜こもごもの合格発表。3年間一緒に走ってきたお母様方も感情が炸裂する特異な場でした。
残念で泣きじゃくっている子、怒りの表情で塾のせいだという親御さん。大声で合格を喜ぶ人たち。
その中で、仲良くさせていただいていた息子の友人も残念だったのです。
でもその子のお母様は凛と自分の息子の顔を見つめて「お疲れ様。よく頑張ったね」と言って柔らかく微笑みました。
さらにびっくりしたことに息子さんもゆっくり笑顔になったではありませんか。熱望していた第一志望校にもかかわらず。
穏やかで、関西の中学受験のお母様方の中では目立たない地味な方だったのですが、その瞬間彼女の本当の強さに心打たれました。美しいと思いました。
彼女も彼女の息子さんも絶対に大丈夫!と確信しました。
合格した他の誰よりも!

私も禅は嗜みませんが、昔京都の龍安寺に行った時知った言葉が今でも心の糧です。
「吾唯足知」(漢字違ってたらすみません)
われただたるをしる
彼女のように美しい言葉だと思います。
少しうえことさんのおっしゃる柳の強さに似ていると思いました。

人は絶体絶命の時こそ本性がでると思っていますが、自分もそうなった時に柳のように強くしなる事ができるよう、日々感謝して精進していかねばと思いました。
優しく、賢く、強くしなる柳になれますように。

とりとめもなくすみません。
うえことさん、素敵なお話しありがとうございましたm(__)m……

7088:Re: タイトルなし by うえこと_ on 2014/11/28 at 10:22:14 (コメント編集)

さくらさん

こんにちは^^
好きな詩人茨木のり子さんは弱いところも必要だと言ってます。詩の一部ですが
大人になってもどぎまぎしたっていいんだな
ぎこちない挨拶 醜く赤くなる
失語症 なめらかでないしぐさ
子どもの悪態にさえ傷ついてしまう
頼りない生牡蠣のような感受性
それらを鍛える必要は少しもなかったのだな
年老いても咲きたての薔薇 柔らかく
外にむかってひらかれるのこそ難しい
(~汲む~ より)

この詩にもとても励まされるんです。
弱いところを無くすことより弱さが頑なにならない努力ならできそうな気がします。ひいてはそれがしなることに通じるのかもしれませんね。
柳に例えたお友達Aさんもコンプレックスの塊だといつも仰います。

自信たっぷりでここまで来ていない(本人談)ジソブさんを強いと感じるのは、弱い部分と共存しながらしなっているからかもしれません。

7100:Re: タイトルなし by うえこと_ on 2014/11/30 at 17:13:49 (コメント編集)

Reiさん

こんにちは^^
こちらこそ、良いお話を聞かせて頂きありがとうございます。
良書やたおやかな方との出会いを無駄にしないようにありたいものです。

大人になって教えられることや感動がこれだけあることを思うと、幼少期からの童話の読み聞かせは大切ですね、改めて感じました。私はその機会がない人生になりましたが、もし子供がいたらたくさんたくさん読んで聞かせてあげたかったなぁ(^ー^)
話が逸れましたね。あ、話が逸れたついでに…私にもしわが子がいたら赤ちゃんの時にしたかったことが読み聞かせの他にもう一つあるんです。ベビーサインを試してみたかったなぁ、と(;´艸`)

話を元に戻し。
そうですか、イメージトレーニングがいいのですか!?よーし。
「あなた~お帰りなさい♡済州島お疲れさま」
(+_+;)\(-_-;)イメトレ違いでした。

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR