FC2ブログ

独立するスターが増えたというお話

1人企画会社設立するスター増えた理由は?

ㆍ活動は、自由·利益は倍に

俳優ハ·ジウォン(35)は、今年上半期に10年間所属していた芸能マネージメント会社ウェルメイドスターエムを離れて一人1人企画会社、太陽と月エンターテイメントを立てた。長年苦楽を共にしていた会社を出てきた、それなりに難しい決断だった。俳優ソ·ジソク(32)もエスアンドケイエンターテイメントを設立して、 "自分一人"での活動をしている。 MBC <太陽を抱いた月>などに出演した俳優チョン·イル(26)も、マネジメントの森を出億台年俸ラブコールを振り切って1人企画会社一日エンターテイメントの共同代表になった。

最近スターたちの'1人企画会社 '設立が増えている。規模が大きく、安定した運営をする会社が脚光を浴びる就職市場とは全く違う状況である。何から何まで自分で決めなければならずミスや判断ミスに起因する責任を自分負わなければならない。しかし、地位を固めたスターたちは、絶えず1人企画会社に挑戦する。

◆業界初のペ·ヨンジュン続いてイ·ビョンホン·ソ·ジソプ·キム·テヒなど多数
◆利点が多いが運営による損害等は、自ら甘受しなければ
◆チュ·ジンモ、アン·ジェモ、チョン·ジェヨンなど大型企画会社にUターンすることも

l_2013082102000811100217512
最近の芸能人たちの間で'1人企画会社 '設立が流行のように広がっている。上から時計回りに▲ハ·ジウォン▲ソン·スンホン▲キム·テヒ▲ソ·ジソブ▲チェ·ジウ▲キム·スンウ

業界初の1人企画会社と考えられるのは、キーイーストです。 2004年俳優ペ·ヨンジュン(41)が自身のマネージャーであったヤン·クンファン副社長と一緒に立てたBOFが前身であるキーイーストは、設立10年後に所属俳優30人余りのドラマ制作までする中~大型企画会社へと成長した。同時期にイ·ビョンホン(43)が、当時マネージャーだったソン·ソクウ代表とBHエンターテイメントを設立した。

以来、歌手ピのジェイチューン、俳優ソン·スンホンのストームエスカンパニー、俳優チャン·ドンゴンのエイエムエンターテイメントなど当時1人企画会社ブームが起こった。女優たちも1人企画会社設立の流れに参加してチェ·ジウ、コ·ヒョンジョン、チャン·ソヒ、キム·テヒなどが1人企画会社で活動している。

放送界でもこのような流れは、流行になった。コメディアン ユ·ジェソク(41)が自身の名を冠したJSエンターテイメントを立てて活動していて、ノ·ホンチョル·ヒョンドン·チョン·ソンヒなども自分で設立した会社で活動している。これらの活動の計画から会社の会計まで対応の全体的な部分を取りまとめる。

スターが1人企画会社を念頭に置く理由は、最初に自由な活動が可能である点である。大型企画会社に所属している場合は、自分の意志とは関係なく、作品を選択するか、事業に参加する。しかし、1人企画会社は、スターと彼の心を最もよく知っている人が一緒に運営し会社運営にスターの意向が反映される。

実際のソン·スンホン、ソ·ジソプ、キム·スンウなどが自分と親しい芸能界関係者と一緒に会社を立て、リュ·シウォン·キム·テヒ·コ·ヒョンジョンなどは、家族を会社運営に参加させて家族経営の会社の形で運営している。俳優キム·スンウとキム·ナムジュの場合、夫婦であっても、それぞれの1人企画会社を別に立て、両社が連携している。

ソ·ジソプの所属会社51Kのキム·ジョンヒ代表は "俳優の心を最もよく理解している会社の形で1人の会社が適していると考えた"と理由を明らかにした。収益分配でも主導的な役割を果たすことができる。会社の分け前が大きい大型企画社に比べて1人企画会社は、スターがマスターであるため、より大きなリターンも可能である。 BHの場合、初期投資を2年後に返済するなど常勝疾走した。

キム·スンウの所属事務所イオイルイルサム・カンパニー·テヨン共同代表は "収入を含めて、本人が必要な部分に焦点を当てることができるのが1人企画会社の最大の利点"と述べた。

しかし、一人であるため、難しい点も多い。まず、アドバイスの通路が減少する点が大きい。スターたちは早くからそれぞれの分野に集中してきたため、事業的な思考に慣れていない。このとき、周囲の人々の話だけで運営を決定した場合、大きな失敗につながる場合がある。

韓流スターの1人企画会社関係者は "1人企画会社は、思ったよりも動作に比べて労働力がかかり、計画が立っていない場合は運営のミスをスター自らが耐えなければならない場合が多い"とし、 "実際の俳優チュ·ジンモも、最終的に1人企画会社を畳むしかなかった "と付け加えた。俳優アン·ジェモとチョン·ジェヨンも1人企画会社を清算して再大型企画会社と契約した。

イ·テヨン代表は "1人企画会社は、業界に対する多くの準備なしで生半可に飛び掛かるのは大変な企業"としながら "もちろん、失敗の確率を減らすために運営は慎重に慎重を期するしかない。設立前に明確な方向性を設定することが最も重要だ "と助言した。

記事元

やる、やらない、の仕事の選択を(これは出来るならやりたくない仕事だな…というもの
も含めて)自分の意志で選ぶことが出来るから、そういうところは"1人企画会社"が、
ジソブさんに合っているような気がなんとなくします。

責任はすべて自分、と以前インタビューでも語っていました、そんな風に覚悟はあっても、
自分が会社のイチオシ商品ですから、張り詰めたものはいつも心にあるでしょうね。

後輩を育てるとか、事業展開をしていくとかではない今のままの51Kを永く見続けたいな。
商品はやはり、ソ・ジソブを見続けたいや^^
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
2752:一国一城の主 by まこ on 2013/08/22 at 01:07:20 (コメント編集)

偉大だと思います。
かっこいいとも思います。
でも、全てが自分の肩にかかってきて、責任とかそういったことも、想像がつかないくらい。。。です。
ジソブさんが、仕事をしやすい環境であってほしいです。
私も、今のままが好きです。

3633:Re: 一国一城の主 by うえこと on 2013/09/29 at 08:22:54 (コメント編集)


まこさん

アンニョン^^
記事によると自由と収入が増えるように書かれています。ジソブさんもこれまでのインタビューでそんなことも語っていましたね。自由を背負う気苦労もプレッシャーももちろんあるでしょうが、ジソブさんにはこの状態が「合っているんだろうなぁ」ということだけは漠然とわかる気がします。
51精神のジソブさんだから、苦労よりも喜びが1%でも多いと良しとして静かに精進し続けていくんでしょうね^^

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR