FC2ブログ

よもやのシーズン2???

※記事を書いた記者さんの希望的観測な記事です。
それをエントリーにするというのもどうなん、って感じですがこの手があったか!って(笑)。


今さらなんですが、うえことのグログは韓国で放送前、映画なら公開前からでも記事をお借りするので内容に触れます。
(例外は、ただひとつ。ワタクシが観るまで予習したくないとき。)
何度目かの日本放送も衛星劇場で控えていますし、知りたくない方は最後、結末言っちゃってますので、要注意してくださいね。
・・・って新しくそういう方が見に来てくださるような言い方して・・・ごめんなさい、ちょっといい気になってました。
((^┰^))ゞ てへっ


[ ‘シーズン2’私心を呼び出す]「私の後ろにテリウス」、アクション・メローなるソ・ジソプXチョン・インソンコンビ
2019.07.19
<編集者>シーズン制は放送関係者でよく見られるシステムになった。人気のあるドラマの場合、放映終了するやいなや、次のシーズンに向けて要求が殺到したりもする。これにそのまま流すには惜しい堅実なキャラクターとファン層を保有しているドラマを再度呼び起こし、シーズン2の可能性を探ってみる。
news
写真= MBC放送画面キャプチャー

MBCが昨年放送した「私の後ろにテリウス」は消えた伝説のブラック要員キム・ボン(ソ・ジソプ)と運命のようにスパイ戦争に飛び込んだ隣の家の女性コ・エリン(チョン・インソン)の怪しい同行を描いたスパイドラマだ。

ベビーシッターになった国家情報院要員という素材が興味を誘った。裏切りと陰謀が飛び交う情報戦が主な内容だったが、隣の家の女性コ・エリンの双子を世話するベビーシッターの役割をするブラック要員キム・ボンの反転魅力がドラマに愉快さを吹き込んだ。放送中、水木ドラマ1位を維持し、有終の美をおさめた。また、ソ・ジソプは、この作品で2018 MBC演技大賞を受賞する快挙を収めた。

■シーズン2プラス要因:かつてなかった国家情報院要員キム・ボンの魅力

新しい事件があれば、スパイ劇の魅力をいくらでも生かすことができる。キム・ボンンとコ・エリンを脅かしていた国家情報院内裏切り者は消えたが、新たな事件を介して話を接続して進行させることができる。
news
写真= MBC放送画面キャプチャー

展開の別の軸を担当していたキム・ボンとコ・エリンも実を結んだが、コ・エリンが放送話中、国家情報院常勤の従業員になることで終わりを結んだ。傷を癒し、さらに成長したコ・エリンの新しい活躍を見る可能性も開かれた。

コ・エリンの双子との完璧なケミストリーで見る人々を楽しませただけに、家族になった彼らがどのような姿を見せるかも期待に値する。

■シーズン2マイナス要因:ベビーシッターキム・ボンの細々したエピソード行方不明

整って、緊迫感あふれる展開を盛り込んだ本格的なスパイ物ではなかった。キム・ボンがブラック要員とベビーシッターの二重生活をして出てくる素朴ではつらつとしたエピソードが好評の原因であった。しかしキム・ボンの復帰とコ・エリンの国家情報院の進出は、この利点が表れ難い設定だ。

また、コ・エリンがキム・ボンの正体を推測して、彼らの間に絡まった深い縁があらわれる過程で生じる興味もあった。様々な話がからまったしっかりした話があっただけに、豊かな展開のための新しい設定の悩みも必要である。
チャン・スジョン記者jsj8580@viewers.co.kr

記事元=Viewers


ドラマ終了直後にも視聴者からシーズン2待望論が出たという記事がありました。
実際にドラマの終わりも、指輪を室長から用意されて、偽装夫婦でNYに行けというミッションが出たところでしたしね。

子育て中なのにスパイに就職ってどうなんだって気もする・・・なんてことを考えたら「わたテリ」は鑑賞できないですね(笑)

当時から、シーズン2は要らない派でした。
シーズン1に、先細りしない惹きつける土台があるのか考えたときに、かなりかなり二匹目のどじょうを狙うのは大変だと思う。
しかし、あり得るかも!とハッとしました。
今、とっても解せない来年の「わた恋」プロモーションイベントが、一番しっくりくるのは、こうでもないとね・・・って思いです。
スポンサーサイト

「2019 K-WORLD FESTA」お祝いコメント【動画あり】

ソ・ジソプ・シン・ミナ・ピ・ウ・ドファン、「2019ケイワールドフェスタ」★お祝いリレー
2019. 07.16
news
ソ・ジソプ、シン・ミナ、ピ、ウ・ドファン

[テレビデイリー キム・ジョンウン記者]俳優ソ・ジソプ、シン・ミナ、ピ、ウ・ドファンが「2019ケイワールドフェスタ」の開催を祝った。

「2019ケイワールドフェスタ(2019 K-WORLD FESTA)」が8月15日から24日まで10日間、ソウル松坡区オリンピック公園で開催されるにあたり、俳優ソ・ジソプ、シン・ミナ、ピ、ウ・ドファンがこれを祝うためにお祝いメッセージを送った。

公開された映像の中の四人は「良いニュースがある。8月15日から24日までオリンピック公園で『2019ケイワールドフェスタ』が行われる」と明らかにし、「皆さんからの多くの期待と関心をお願いする」と伝えた。

この他の俳優キム・ヒョンジュ、ホン・ジョンヒョン、カン・ホンソク、カン・ハンナ、キム・ジウォン、イ・グァンス、チェ・ダニエル、オ・ヨンソ、チェ・グィファ、チャン·ジンヒ、キム・ジンウ、パク・ハナ、チェ・ウシク、チョン・ユミ、キム・ボラなども一緒に「2019ケイワールドフェスタ」の開催を祝った。

「2019ケイワールドフェスタ」は、K-POPを中心に日々大きくなるKカルチャーをより多彩で深く楽しむことができる歴代級規模の韓流祭りだ。これの一環として、今年3回目を迎える下半期代表音楽授賞式「2019ソリバダベストケイミュージックアワード」をはじめ、K-OSTコンサート、K-ソウルコンサート、セレブテレビのライブショー、ミュージカルスーパーコンサートなどの特別な舞台も一緒に進行されると知られて期待感を集める。

また、「2019ケイワールドフェスタ」では、ファンが直接能動的に関与し、体験できる様々なイベントが用意される。これに国内ファンだけでなく、Kポップを愛して楽しむために韓国を訪れた外国人たちの足を誘導、既存のフェスティバルとは明らかに異なる「参加型フェスティバル」を披露する見通しだ。

韓流最大エージェンシーYJパートナーズが総括製作を引き受けた 「2019Kワールドフェスタ」の各種ニュースは、公式ホームページとSNSチャンネルを通じて確認することができる。

[TV Daily キム・ジョンウン記者news@tvdaily.co.kr/写真出処=「2019ケイワールドフェスタ」インスタグラム]
記事元=TV Daily


2019 K-WORLD FESTA祝電映像ソ・ジソプver

https://www.youtube.com/watch?v=HmPVGCRd0UI
K-WORLD FESTA케이월드 페스타様、お借りします<(_ _)>

こんにちは、俳優ソジソプです。来月8月15日から24日ソウルオリンピック公園で2019年ケイワ-ルド
フェスタが開催されます!今年も色んな公演とイベントが準備されているので大きな関心と参加をお願いします。ありがとうございます。

(日本語訳:K-World Festa_日本facebookよりお借りしました)


撮影場所がふと気になる(笑)昔の小さな事務所を思い出すような。
髪の毛が長いのは、浮遊期間だからか次回作は決まっていて役作りなのか。
おめでたいコメントなのに顔つきが芯からは笑っていないように思えるのは疲れているのか、シャツの色が悪いのか(>ε<)プッ。
とにかく、おひさしぶりんちょなジソブさん。

今や一大文化と言ってもいいと思えるK-POPの華々しいイベントのお知らせですが、対日本の緊張感がまた色々聞える最近ですので、日本から見に行きたいと思っている方たちも無事に観覧出来楽しめるんでしょうか。

逆に来年ジソブさんが日本に来る頃の日本の「感じ」もどうなっているんでしょうか。
そんなことを思いました。

その時の私たちの気持ちもどうなっているんでしょうか。
新しい作品をひとつくらい観ているでしょうか、今のままでしょうか。

2019.07.17 たわごとる

昨夜は、バタンキューで・・・
仕事終わりに母のところに行って、スーパーで買い物して、仕事でも結構歩くんだけど、交通手段を徒歩しか持っていないので、意識しないけどやはりくたびれてるんでしょうね^^;
長く寝ると途中で腰が痛くて目が覚めるんですが、起き出してパソコンを開く時もあれば、またうとうとして朝になる日も。


今日の仕事終わりは真っ直ぐ家に帰るつもりなので、ブログ書くのを楽しみに仕事がんばって来ることにします。るんるん。
(結構これ、いつも本気の励みです^^)


「わた恋」DVDイベントのFC一年会員先行予約は本日11:00からでございます。(~22日(月)18:00まで)
1年会員チケット先行受付ページ


とうとう政界からも注目を?・・・ってコメントを頂いてウケました。

うえことのところに来て下っても、広まらないのにね・・・
なじぇ?
主に思い起こすようにと書かれていた内容も難しくて分からなかったし(>ε<)

削除させてもらっても、残しても、政党の贔屓の意志表示となりそうで、うえこと、困っちゃう。
たぶん、コメント主様はもう来られることもないんじゃないかと・・・思うんですが。

51k、度を超すファンに警告文

ソ・ジソプ・オク・テギョンの所属事務所51k「プライバシーの侵害、噂に苦しんで...積極的に対応」
2019-07-12
news
ソ・ジソプ、オク・テギョン、ユン・チェソン/51k Instagramキャプチャ©ニュース1

ソ・ジソプ、オク・テギョン、ユン・チェソンの所属事務所フィフティーワンケイ(51k)がアーティストの保護に乗り出した。

フィフティーワンケイ側は12日に公式インスタグラムを通じて長文の告知文を掲載した。

フィフティーワンケイ側は「まず所属アーティストを大切に応援する気持ちで、多くの関心と愛を送ってくださるファンの皆さんに感謝する」と述べた。それとともに、プライバシーの侵害、デマ量産などの行為について警告した。

フィフティーワンケイ側は「現在も度を超えたアーティストの私生活と人格権を侵害して被害を及ぼす行為が根絶されていない。一部のファンの望ましくない行動のためにアーティストは深刻な精神的ストレスを受けている」と述べた。

また、「当社は、個人情報を不正に取得して無分別に連絡しようとしたり、悪意の濃い誹謗、侮辱を与える文章を継続的に掲載するネチズン(ネットユーザー)に対してもう座視しない」と付け加えた。

フィフティーワンケイ側は「アーティストプライバシーの侵害とデマ生産と流布は、サイバー名誉毀損罪と侮辱罪などを根拠にした即時告訴と告発、刑事罰が可能である」と強硬対応を予告した。

最後にフィフティーワンケイ側は「今後に発生するすべての行為について積極的に対応する予定」とし「継続的な監視と積極的な対応でアーティスト権益保護に最善を尽くしたい」と伝えた。

news
51k Instagramキャプチャ©ニュース1

記事元=news1

数日前にKstyleでテギョンさんの記事を読んで度を越したファンにテギョンさん、2PMメンバーが困っていることを知りました。
〈Kstyle記事〉
2PM テギョン、SNSでファンに助けを求める…脅迫メールを送った人物を公開「知っていたら教えてほしい」
2PM テギョン、インスタ開設で過激ファン退治?「もうやめて…君だってことは分かってる」

51kが嫌がらせファンに対して強硬な態度で臨むという警告文を出すってこれまでは無かったことですね。
テギョンさんの人気の凄さを物語っているようでもあるし、文面には、テギョンさんのことに限定されていないので、ジソブさんももしかしたらストレスを受けることが増えているのかな。度を越したファンがもしウンちゃんにまで及んでいるとしたら気が気ではないでしょう。

「わた恋」プロモイベの内容

今朝、エントリーが間に合いませんでした。
情報ありがとうございます、感謝。

「わた恋」プロモーションイベントの出演者はジソブさんオンリーではないようです。

ソ・ジソブ、ドラマ「私の恋したテリウス~A Love Mission~」プロモーションイベントが1月に埼玉・大阪で開催決定!
2019年07月10日
Kstyle
写真=(C)FIFTYONE.K

2018年MBC演技大賞8冠! 同時間帯視聴率1位を独走したソ・ジソブ主演ドラマ「私の恋したテリウス~A Love Mission~」のプロモーションイベントが埼玉、大阪での開催が決定した。

ソ・ジソブが超人的コメディセンスを披露し、ツンデレ・ギャップ萌え演技で幅広い層から人気を集めたドラマのプロモーションイベントで主演俳優のソ・ジソブをはじめ、超豪華ゲストによるドラマ関連トークや、ドラマ挿入歌の歌手によるミニライブも予定している。

ドラマ「私の恋したテリウス~A Love Mission~」の魅力をぜひ、会場で直接感じてみてはいかがだろうか。

Kstyle
写真=(C)FIFTYONE.K

■イベント概要
ドラマ「私の恋したテリウス~A Love Mission~」プロモーションイベント(仮)
<開催日程>
2020年1月23日(木)グランキューブ大阪 メインホール 開場ー18時 開演ー19時(予定)
2020年1月25日(土)大宮ソニックシティ 大ホール 開場ー17時 開演ー18時(予定)
<料金>
お一人様 12,000円(税込・全席指定)予定
※7月17日(水)11:00よりファンクラブ会員先行受付開始予定

■関連サイト
ソ・ジソブ日本公式ファンクラブサイト:http://www.ji-sub.net/

記事元=Kstyle


超豪華ゲストによるドラマ関連トーク、そしてOST歌手の方のミニライブもあるようですね。


なんで、FC教えてくれんの・・・かなぁ。


♪き~せつの変わり目を あなたの心で知るなんてぇ♪って歌が昔あったけど・・・
♪い~べんとの内容を FC以外の記事で知るなんてぇ~♪

だ。
≪前のページ≪ ホーム ≫次のページ≫

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
興味:韓国ドラマ・映画の鑑賞、カメラ、植物、切り絵
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、元B2ST、中村倫也君

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR