蘇る気持ち

おはようござりまする。

うえこと、ジソブさんの記事はNAVER で소지섭を検索したページをお気に入りに入れていて、いつもそこから探しているんですけれどもね。

今日だとこんな感じで。
naver

韓国語が分らないからさぁ(汗)、まず何より目を引くのはサムネイル(小さな写真の見本)。

写真はすごく惹かれたけど、ざっと読むと、女優さんがソ・ジソブを好みのタイプと言ったとか、昔の記事をなぜ今?というタイミングで掘り起こしたようなものとか、今を時めくアイドルのファッションがかつてのソ・ジソブを彷彿とさせるとか、リトルソ・ジソブとか、ネチズン(韓国のネットユーザー)の間で話題、とか御本人が『影薄男』じゃねぇか的な話題、(うえことのカテゴリーでは《すっとこどっこい》枠)も少なくないんです。

が、しかし。

そこそこの年数の勘と申しますか、《すっとこどっこい》枠の香りがそこはかとなく立ち込めるけど、一番上の写真は見過ごせなくて。
この小さなサムネイルを見るだけで、みぞおちあたりからじわじわ沸騰してくるような感覚(胸やけ)・・・

この場面の前後が思い出されて、ああ・・・
今、思うと、ドラマのタイトルがまず秀逸でしたねぇ。この一言に集約されている。
ウンチェがムヒョクの寝顔を携帯で撮り、それをムヒョクがウンチェの寝た後に削除する。
ウンチェに電話にで言う「ミアナダ サラハンダ」のミアナダとサラハンダの間。
そういう、二人の感情を想像させる映像のされ方が好き。ウンチェに対してだけでなく、いろんな事を考えてたムヒョクでしたよね
予習しない派で観て良かったとつくづく思ったのが、最後の最後。かなりの衝撃を受けました。ウンチェの述懐のナレーションも良かった。

長くなりそうなのでやめましょう。


で、先ほどのページそのものを翻訳機にかけると、こうなるんですが。
naver0623_j

ふふふ。


でも、やっぱり読んでみました。



‘ごめん、愛してる’イム・スジョン-ソ・ジソプ、再び見たいドラマ...‘依然として語られている名作’
2018.06.22

[キム・ヒジュ記者]イム・スジョン、ソ・ジソブ主演の‘ごめん、愛してる’が新たに話題だ。

最近あるオンラインコミュニティには‘ミサの中ソ・ジソプとイム・スジョン’というタイトルの文と写真が掲載された。

公開された写真は、‘ごめん、愛してる’のスチールカットで明るく笑っているソ・ジソプとイム・スジョンの姿が収められている。

10年ははるかに超えた姿だが、今の変わらない彼らの外見がネチズンたちの視線を集めている。
news
ごめん、愛してるスチールカット/オンラインコミュニティ

KBS‘ごめん、愛してる’は、2004年に放映されたドラマで、いまだに多くのファンたちに愛されている作品である。特にこのドラマは海外養子をモチーフに製作され、大きな人気を得た。

子供の頃、オーストラリアに養子縁組された後、ストリートチルドレンに育ったムヒョク(ソ・ジソプ)がウンチェ(イム・スジョン)に会って、死も恐れない激しい恋をする話を綴ったこの作品は放映当時‘ミサ廃人’という新造語を生み出し、シンドロームを起こした。

出典:トップスターニュース(http://www.topstarnews.net)

記事元=topstarnews


先に書いたこと、決して“ごめん、愛してる”愛が強いと言いたかったわけでもなく。
この記事のように今も絶大な支持が作品に陰りをもたらさないと思う時、そのことでジソブさんを縛りつけた負も、あるインタビューを読んだ後から浮かぶようになりました。
極端な言い方をすれば、俳優生活の足かせにもなったのではないかしら、と。
そういう意味でも、“ごめん、愛してる”を語ると、もうひとつ切なくなるのでした。

あ、ちなみにブログタイトルの「蘇る」は蘇志燮さんの蘇とはかけていませんよ。
スポンサーサイト

“わたテリ”キャスト続々^^

[公式]「テリウス」ソ・ジソブ、国家情報院の3人にソ・イスク・オム・ヒョソプ・ソンジュ キャスティング
2018-06-21
news

MBC水木ミニシリーズ‘私の後ろにテリウス’にソ・イスク、オム・ヒョソプとソンジュが出演する。

MBCは2018年下半期をひきつける最高の期待作である‘私の後ろにテリウス’(演出パク・サンフン、脚本オ・ジヨン)に最高の演技能力を誇る中堅俳優ソ・イスク、オム・ヒョソプと注目されている‘新星’ソンジュがキャスティング確定したと発表した。

三人の人物は、ソ・ジソプが担当する国家情報院前の秘密要員‘キム・ボン’の国家情報院の同僚として、やはり国家情報院要員であるユ・ジヨン(イム・セミ)と一緒に、陰謀に巻き込まれたキム・ボンの後を追いながらも、それぞれ異なる立場でキム・ボンと会いぶつかるキャラクターを演じる予定だ。

オム・ヒョソプが引き受ける‘シム・オチョル’は、国家情報院長に愛国心と忠誠心、仲間意識で固く団結したリーダーである。キム・ボンが巻き込まれた陰謀を解決していく過程でも決定的な役割をすることになるキャラクターだ。

ソ・イスクが担う‘クォン・ヨンシル’は、国家情報院のナンバー2である国家情報院次長として、冷たく冷静な性質で国家情報院のすべての実権を掌握しようとする野心に満ちキャラクターだ。 キム・ボンが巻き込まれた陰謀にも隠された何かを持っている人物である。

ソンジュが演じる‘ラドウ’は、天才ハッカーである国家情報院の電算要員として、その気になれば、どのコンピュータ、通信、電子機器もすべて隅々までのぞき見ることができる能力を持っているが、ひねくれた若者だ。 イム・セミが演じるユ・ジヨンを先輩によく従いながら、時間が経つにつれて段々個人的な感情が生じてキム・ボンが巻き込まれた陰謀に接近していく重要な役割をすることになる人物である。

‘私の後ろにテリウス’は、先にソ・ジソプ - チョン・インソン - ソン・ホジュン - イム・セミ主演4人衆決定に続いて、強力なおばさん軍団キム・ヨジン - チョン・シア - カン・ギヨンのキャスティング、国家情報院のメンバーでソ・イスク - オム・ヒョソプ - ソンジュまで出演を確定した。

‘私の後ろにテリウス’は‘ショッピング王ルイ’を通じて新しい色味のロマンチックコメディを披露し注目されたオ・ジヨン作家と2017年‘三つの色ファンタジー - 生動性恋愛’演出で新鮮な話題をさらってきたパク・サンフンPDが会って意気投合する。
キム・ソンウォン記者
記事元=スポーツ朝鮮


カインとアベルのあの人だ、ジミンちゃんのお兄さんを執拗に追った人よね。

さておき

一応(一応って何だ)、ソ・イスクさん、調べてみたら168cm。
1967年生まれ。

これ以上は申しますまい。



脇を固める俳優さんで、ちょっとづつ期待度上がってきているよ、うえこと。



情報頂いていてエントリーが間に合わなかったのですが・・・(ありがとうございます)
上記事にあった強力おばさん軍団(笑)

‘私の後ろにテリウス’キム・ヨジン・チョン・シア・カン・ギヨン合流‘強大おばさん部隊’
スポーツ朝鮮=イ・ユナ記者
2018.06.20
news

[スポーツ朝鮮 イ・ユナ記者]俳優キム・ヨジン、チョン・シア、カン・ギヨンがMBC‘私の後ろにテリウス’に出演する

2018年下半期をひきつける最高の期待作である‘私の後ろにテリウス’(演出パク・サンフン、脚本オ・ジヨン)側は主演キム・ボン(ソ・ジソプ)とコ・エリン(チョン・インソン)と一緒に‘キングキャッスルアパート’に住んで、十分サポートする強大な軍団にキム・ヨジン、チョン・シア、カン・ギヨンが合流すると発表した。

彼らは実際‘私の後ろにテリウス’で重要に登場する国家情報院(NIS)に匹敵する情報力と行動力を持ったキングキャッスルアパート内のおばさん会KIS(Kingcastle Information System)のメンバーとして活躍する予定だ。

キム・ヨジンが引き受けた ‘シム・ウナ’はKISの首長(?)として、チョン・インソン演じるコ・エリンを心強くサポートする一番上の姉であり、KISのおばさんを指揮するカリスマ性のある役で、最高の国家情報院ブラック要員出身キム・ボン(ソ・ジソプ)もたじろがせるリーダーシップでドラマに笑いの海をもたらす見通しだ。

チョン・シアが引き受けた‘ボン・ソンミ’もKISメンバーとして、自分の外見が最高だと思ってコ・エリン(チョン・インソン)を嫉妬しながらも、隣人として役立つ、憎めないキャラクターを消化する予定。

カン・ギヨンが引き受けた‘キム・サンリョル’は、職場に通う妻を内助する専業主婦「育児パパ」と、おばさん軍団KIS唯一の男性であるがおばさんに劣らないおしゃべりフォースを誇る紅一点で活躍する予定だ。

MBC側はこれに先立ち、伝説の国家情報院ブラック要員‘キム・ボン’役にソ・ジソプが、いきなり夫を失ったが、偶然隣に住むようになったキム・ボンと巨大陰謀を暴いて呼吸を合わせる止められないおばさんコ・エリン役に俳優チョン・インソンのキャスティングが、また、これらと呼吸を合わせる主演俳優たちにソン・ホジュンとイム・セミの合流も決定されたと述べている。 ここでキム・ヨジン - チョン・シア - カン・ギヨンの3人が加わり、最高の演技呼吸が期待され、より一層関心を集めている。

‘私の後ろにテリウス’は‘ショッピング王ルイ’を通じて新しい色味のロマンチックコメディを披露し注目されたオ・ジヨン作家と2017年‘三つの色ファンタジー - 生動性恋愛’演出で新鮮な話題をさらったパク・サンフンPDが会って意気投合する。

記事元=スポーツ朝鮮


強大おばさん軍団

今、一番入りたい軍団です。

雑誌 ARENA HOMME + 7月号

シャツにちょっぴりジジイ入ってますな。

“ビジュアルが写真集”ソ・ジソプ、男ファッション誌のカバー‘オールAカット威厳’
2018-06-19

news

[スポーツ朝鮮 イ・ユナ記者]今年、映画<今会いに行きます>で再び‘メロー職人’に登板した俳優ソ・ジソプが男性ファッション誌の7月号の顔になった。サムソナイトと行われた今回のグラビアで、ソ・ジソプは特有の憂いのこもったまなざしとポーズで「やはりさすが」という感嘆をかもし出したという。

ただじっと立っているだけで、特別なオーラのおかげで、すべてのカットが‘Aカット’だった。都市の人の涼しさとメロー職人の柔らかさを行き来しながらスタッフたちの拍手を受けた。撮影中に突然降り注ぐ雨にもかかわらず‘カッコよさ’を固守したソ・ジソプだけの雰囲気が漂う感覚的な写真は7月号で見ることができる。(写真=アリーナオムプラス)

記事元=スポーツ朝鮮

都会の一室で座っている人と、山小屋で椅子に座りつい眠ってしまう人と、いやん♡同一人物なんだけど、うえことは山小屋の‘Zカット(笑)’で。
( *^艸^)

でさ、もしかして


ジソブさんって


雨男かな(笑)


余談
ふと、一徳トランクも思い出す。
(思い出すな)

“わたテリ”メインキャスト

“諜報ロマンス”ソ・ジソプ、チョン・インソン、ソン・ホジュン、イム・セミ、‘私の後ろにテリウス’出演[総合]
2018.06.19

[OSEN=チャン・ジンリ記者] ソ・ジソプ、チョン・インソン、ソン・ホジュン、イム・セミが‘私の後ろにテリウス’出演を確定した。

ソ・ジソプ、チョン・インソン、ソン・ホジュン、イム・セミはMBC水木ドラマ‘私の後ろにテリウス’を通じて演技呼吸を合わせる。

‘私の後ろにテリウス’は止められないおばさんコ・エリンと謎の隣人男性キム・ボンのドタバタ胸きゅん諜報ロマンチックコメディドラマで、‘ショッピング王ルイ’のオ・ジヨン作家と‘三つの色ファンタジー - 生動性恋愛’のパク・サンフンPDが意気投合した。

news

ソ・ジソプは伝説の国家情報院ブラック要員のキム・ボンを演じる。‘主君の太陽’、‘オーマイビーナス’などのドラマで最高のロマンチックコメディの演技を披露してきたソ・ジソプは‘私の後ろにテリウス’で‘ロコキング’の帰還を知らせる。

チョン・インソンは突然夫を失い、偶然隣に住むようになったキム・ボンと巨大陰謀を暴くことになる止められないおばさんコ・エリン役を引き受けた。‘ウラチャチャワイキキ’で優れた演技力でテレビ視聴者のお墨付きをもったチョン・インソンは‘私の後ろにテリウス’でソ・ジソプと演技呼吸を合わせて新しいロコクイーンに位置づけられるものと期待を集めている。

ソン・ホジュンは元詐欺師であり、マルチレベルの事業を繰り広げていた悪名高い事業家ジン・ヨンテ役で生涯初の悪役に挑戦する。ドラマ‘告白夫婦’、芸能‘三食ごはん’などでまろやかで純粋なイメージで愛されてきた。ソン・ホジュンはずるくて恥知らずな悪役で破格変身を披露する予定であり関心を集中させる。

イム・セミは現職国家情報院要員ユ・ジヨン役を務める。ユ・ジヨンは伝説の国家情報院ブラック要員キム・ボンと活躍した人物。キム・ボンがこの陰謀に巻き込まれる状況を切なく眺め、こっそり片思いする哀切なキャラクターでもある。「
‘ トゥー・カップス’、‘アバウトタイム’などで活躍したイム・セミは‘私の後ろにテリウス’で懸命な歩みを続けていく。

なお、‘私の後ろにテリウス’は現在放送中の‘こっちに来て抱いて’の後続‘時間’の次、9月放送される./mari@osen.co.kr

[写真] OSEN DB

記事元=OSEN

固まって来たようですね^^

ロマンティックコメディでジソブさんと出会ってファンになられた方には申し訳ないのだけど、ドシリアスのジソブさんで出会った身としましては、こういうヤツもいるということでお聞き流しいただきたいと思うのですが・・・
やはりうえこととしましては、「“あの目”を見たい」と思う気持ちがあって。
観る人がしあわせになるような作品を、というジソブさんのドラマの作品選びのポリシーにイチャモンつける気はさらさらないけれど、しかも一定期間、苦しみ抜いた結果に出した答えであろうから。

ロコキングの地位が確立したきっかけであっても、過去二作品はうえことにとりどこか暖簾に腕押し的なつかみどころ、とらえどころのないジソブさんでしかないんです。
ツンデレは確かに好物ですが、これもシリアスのツンデレの方が数百倍キュンとくる。
スタート前時点で、“わたテリ”が一番キャストではとらえどころがない感じがしているけれど、その分逆に期待値を越えて欲しいと期待している部分があります。

キャストの中で、長老に近い最近のポジションもうえことには物足りないんです。共演の方のキャリアや力量云々では決してなくて、ジソブさんが自らそうしている力関係とも思わないけれども、そういう意味でも重鎮が揃いにくいジャンルだとも思うわけです。
何ていうかね、渡り合ってほしいの、バチバチと。ふふふ。

MBC公式instagramより

大きな地震が続いています。
何と申しあげればいいのかわかりません。

ありきたりの毎日が有り難いことを痛感しています。

ジソブさんのニュースを、それどころではないという思いの方もいらっしゃることを思いながら、通常通りでいきまする。


[公式]俳優チョン・インソン、「私の後ろにテリウス」キャスティング確定!ソ・ジソプと「諜報ロコ」披露
非常に期待されるマスト視聴ドラマ💕9月放送予定

MBC公式instagram(withmbc)のコメントですから確実ですね。

情報ありがとうございました。
≪前のページ≪ ホーム ≫次のページ≫

プロフィール

うえこと

Author:うえこと
職業:主婦。
趣味:韓国ドラマ・映画の鑑賞。切り絵。
贔屓:ソ・ジソブさん、コン・ユさん、B2ST。
近況:ここを更新したことを気付いてもらえるか密かに楽しみにしている。

ブログ内で使用させていただいている画像等の著作・肖像権等は、それぞれその所有者様、メディア様、サイト様にあります。個人で楽しむことのみを目的としお借りしています。

リンク

検索フォーム

カレンダー


Tree-Recent

最新コメント

Categories

openclose

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

最新トラックバック

QRコード

QR